ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

あなたは大丈夫?若者に急上昇!現代病と言われるスマホ老眼とは?

49cad23354bef871147702f5880a45c6_s

 今、20、30歳代の若者や子どもたちが老眼症状をうったえているというショッキングな話題があります。名づけて「スマホ老眼」。

スマホやパソコン、タブレット、ゲーム機などを長時間見続けることが原因で、新たな現代病になっています。

スポンサーリンク

老眼とは

 そもそも老眼は「手元のものが見えにくい」「視点を移動したとき、すぐにピントが合わない」など、一般に40歳頃から出始める症状です。

人がものを見るとき、ピントを合わせる機能は「水晶体(すいしょうたい)」と「毛様体(もうようたい)」が関連しています。

 水晶体は、カメラのレンズに当たり、毛様体は水晶体の厚さを調整する役目をしています。

近くを見たり遠くを見たりするとき、毛様体は筋肉を伸縮させ、水晶体の厚みを変えて屈折力の大きさを調整しています。

  • 近くをみるとき

    水晶体が厚くなる=筋肉が緊張している

  • 遠くをみるとき

    水晶体が薄くなる=筋肉がリラックスして伸びている

ところが、加齢に伴い、水晶体は硬くなり、毛様体は衰えてピント調節ができなくなっていきます。老眼は加齢による機能低下で、防ぎようがありません。

スマホ老眼とは

 スマホを使う若者が「手元が見えにくくなった」とうったえるとき、症状は一時的なことが多いようです。

これをスマホ老眼といいますが、医学的には「調節緊張」と呼び、老眼と同じようにピント調節ができなくなる状態をいいます。これは、目の筋肉疲労が限界に達することで起こります。

 毛様体は、緊張が続くと疲れてしまいます。

すると筋力は衰えていき、水晶体を厚くすることができなくなってしまいます。これではピントが合わなくなるのも当然です。

パソコンでも同様の症状は起こりますが、特にスマホの場合、画面と目の距離が近い上に文字が小さいため、よりなりやすいといえます。

スポンサーリンク

この症状は特に夕方になると症状がでるため、「夕方老眼」とも言われています。

スマホの強い光も目に負担

 パソコンやスマホから放出されるブルーライト。

実は、この強い光も目に良くないといわれています。ブルーライトは波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことで、可視光線の中で最も波長が短く、散乱しやすい性質を持っています。

 これがまぶしさやチラつきの原因になり、目はピント合わせをするのに大変苦労します。

また、ブルーライトは他の光よりエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉を酷使し、目の疲労はさらにアップします。

さらに、ブルーライトは、身体にも大きな負担をかけるといわれており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。



スマホ老眼の改善策

 スマホ老眼は一種の眼精疲労です。

改善策として一番良い方法は、スマホを使わずに、目を十分に休ませてあげることです。ただし、もはや手放せないのであれば、日頃から目を労わって、以下のことを意識するようにしましょう。

  1. 目とスマホを約30~40㎝離す
  2. 画面をみるときはうつむかず、目の高さで見る
  3. 意識的にまばたきを増やす
  4. 時々目を閉じ、目を開けたら5メートル以上遠くを見る
  5. 画面の明るさを少しだけ暗めに設定する(暗くし過ぎてはいけない)
  6. 就寝前には蒸タオルを目の上に乗せて、目の筋肉をほぐす
  7. パソコン用メガネや目薬を利用する

 スマホの長時間使用は、目への影響だけでなく、心身のバランスを崩し、仕事や学習効率の低下につながる可能性もあります。

スマホ老眼は、ケアすれば改善します。症状が進まないように対策をとって、スマホと上手に付き合っていきましょう。

スマホ・パソコンの見過ぎでショボショボしたら【ディディトリニティー】

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
あなたは大丈夫?若者に急上昇!現代病と言われるスマホ老眼とは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事