ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

冬になりやすい手荒れの原因は?正しいケアの仕方!

b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s

 寒くて乾燥する冬がやってきても、洗濯、食器洗い、トイレ掃除、お風呂掃除などの家事で水仕事をする回数が減るわけではありません。

手がカサカサしたり、ひどくなるとひび割れたりと、冬は一番手が荒れる季節です。

一度手が荒れてしまうとなかなか治り難いので、悩みの種にもなります。

スポンサーリンク

手が荒れる原因は何か

 皮膚は、外部からの刺激物や有害物質を防ぐために皮脂膜で覆われています。

手を使っていると皮脂が減少して、皮膚の水分を十分に保てなくなり、皮脂膜ができにくくなります。

皮脂膜ができにくくなると、手を守るバリア機能が低下して、手や指に炎症が起き、手が荒れてくるのです。

冬は気温が低下するので、皮脂の分泌量が減りますが、さらに水仕事をすると、この皮脂膜がはがされます。

お湯や洗剤はさらに皮脂膜を洗い流しやすくしますので、手荒れの原因になります。このほかにも、紫外線によって皮膚組織が損傷を受けても手荒れの原因になります。

手荒れの症状

 手荒れの初期は、乾燥のために手の甲や指先がカサカサしてきます。

カサカサが悪化してくると痒くなったり、湿疹が出たりし始めますが、乾燥や血行不良などが続くと、手や指の表面に亀裂が入って、ひび割れやあかぎれになります。

ひび割れは、多くの場合に指の関節部分に起きます。関節部分は皮膚が伸びたり縮んだりする回数が多いので、皮膚が弱っていたり乾燥していたりすると割れやすくなるのです。

スポンサーリンク

ひび割れになると、痛みをともないますし、大変に治りにくいので時間がかかります。

正しいケアの仕方は?

 手荒れが起きないように、日常で気をつけているのが一番ですが、手荒れが出てしまったときにはそれ以上悪化しないように、掻いたりせずに手入れをしっかりとする必要があります。

冷えや乾燥を防ぐ

 暖房器具を使うときには加湿器も一緒にじょうずに使うと、手荒れなどの肌の乾燥を防げます。

寒さで血行が悪くなると、手の皮膚の再生機能も落ちますから、こまめに保湿用ハンドクリームを塗ってスキンケアをするのも重要です。

外出時も手袋をして、手の血行を護ります。

就寝時にも保湿用ハンドクリームを塗った後、皮膚にやさしい手袋をして寝るようにすると、ひび割れになってしまったときには効果があります。

水仕事の見直し

 熱いお湯を使わずに、ぬるま湯を使うようにしましょう。

水仕事のときには、皮膚にやさしい手袋をして手を護ってあげます。

水仕事で使う洗剤は、手の皮膚にやさしいものを選んで薄めにして使い、水仕事の後はよく洗剤を洗い流して、しっかり手の水分を拭き取るようにします。

同じように、入浴時のシャンプーやリンスも皮膚にやさしいものにし、手をしっかりと拭きます。

食事の見直し

冬は、タンパク質コラーゲンビタミンを多く含んだ食事を摂るようにすると、手などの肌荒れに効果的だといわれています。

特に冬になると、ハンドクリームは必需品です。

カサカサして痒くなると、つい掻いてしまいがちですが、掻くと皮膚を傷めて炎症を起こします。

ハンドクリームを活用して、潤いのある手を保ちましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
冬になりやすい手荒れの原因は?正しいケアの仕方!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事