ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

疲れた体にお風呂マッサージ!温めるのは逆効果?冷やしたほうが良いの?

73973ba605092026edd21eaca68bf9f5_s

 筋肉痛などの痛み、足のむくみ、腰のはり、毎日の生活で感じる体の不調は慢性化すると大きなけがに繋がる事もあり、日々のケアが欠かせません。

一日の終わりにお風呂に入ってゆっくりすることはリラックスには最適ですが、体のケアという意味では実はあまり効果がありません。

効果がないどころかあたためることでより悪化してしまうケースもあるんです。1日の疲れを癒すお風呂。

体の疲れもとれて健康にも良いと思っている方も多いと思いますが、本当に効果ありますか?

スポンサーリンク

痛みを感じるのは患部が炎症しているから

 実は疲れた患部をあたためるのは逆効果。疲れた患部は「冷やす事」が正しい対処法なんです。

痛みを感じる部分に手をあててみると熱を持っていることがわかると思います。

これは患部が炎症を起こしているからに他ならないのですが、炎症を起こしているのは例えば骨が擦れて摩擦で熱を帯びていたり、筋肉が切れて炎症を起こしているわけです。

 ではなぜお風呂でマッサージするのが良いと思う人が多いのでしょうか?

実はあたためる事で神経がマヒして痛みを感じにくくなるからなんです。

痛みを感じてた部分が痛みを感じなくなる、となれば治ったような気になるのもうなづけるというものです。

しかし実際には治ったわけではなくて、ただ痛みに鈍くなっただけなんですね。

スポンサーリンク

人間は熱に弱い生き物

 人間は熱には非常に弱い生き物です。風邪をひいて倒れたときを思い浮かべて見てください。

頭がボーっとして感覚が鈍くなりませんか?ご飯も味がわからなくなるし、体を上手く動かせなくなります。

また夏になると、熱中症で人が亡くなったなんてニュースを毎年見ると思いますが、それぐらい熱は恐ろしいものなんですね。

高熱を下げるとき、あるいは熱中症の対策で首元をひやしたりするのと同じで、患部が熱をもっているときには、それを取り払ってあげることが必要なんです。

冷却には保冷剤より氷を

 患部を冷やす例で一番目にするのはスポーツ選手、特に野球選手のヒーローインタビューです。

よくピッチャーが登板後に肩に何か大きな物体をくっつけているのを見たことがあると思いますが、あれは氷を使ってけがをしないようクールダウンさせてるわけですね。

あんなに大きな氷を用意する必要はもちろんありませんが、シップや保冷剤、アイスノンは冷やすどころか害になる場合があるのでオススメしません。

体の部位にあわせて必ず氷を使うようにすると良いです。氷のうの作り方は簡単で、ビニール袋(出来れば2重)に氷を入れて、少しだけ水を加え、息を吸い込んで空気を抜きます。

後は漏れないように口をしっかり縛ってタオルや手ぬぐいでくるんで患部に当てるだけ。時間は最低でも20分くらい必要です。

氷は段々と熱で溶けていくので体にも害はありませんし、長すぎると良くないということもありません。

自分で作るのが面倒であれば、氷のうみたいなのを買って(数百円で購入できます)代用することも出来ます。

これからはお風呂でマッサージの代わりに、ぜひ冷却を試してみてくださいね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
疲れた体にお風呂マッサージ!温めるのは逆効果?冷やしたほうが良いの?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事