ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

インテリアとしても人気のサボテン!育てやすい種類と育て方!

826d85f40b9f32a7abc3311698afeffd_s

 トゲトゲがどこかユーモラスで個性的なサボテンは、インテリアの一部として身近な存在になっています。

最近では「サボテンを見ていると癒される」と、若い女性の間で話題になっています。

スポンサーリンク

サボテンとは

 サボテンは多肉植物の仲間ですが、サボテン科全体でかなりの数になるため、「サボテン」と別枠で呼ばれます。

サボテン科植物は、森林性サボテンのリプサリス類を例外として南北アメリカ大陸と周辺の島が原産地の植物です。

その種類は約1300種〜2000種といわれ、園芸品種を含めると7000種以上あります。サボテンのトゲは葉が変化したもので、乾燥した環境で生きていくために進化した形です。

サボテンの種類は生育環境によって大きく別れ、柱形、丸いドーム形、うちわ形など様々な形があります。

 サボテンの中の約90%は水分。水分は繊維の中に入っています。

サボテンは乾燥に強いというイメージがあるため、ついつい水やりを忘れ、気がついたときには枯れていた、という経験を持つ人も多いようです。

サボテンの育て方

サボテンを育てるポイントは水やりと日当たりです。

1.置き場所

 基本的には屋外で育てます。

  • 日当たりがよく、風通しの良いところ。
  • 直接雨に当たらないところ。
  • 夏は直射日光を避け、涼しい半日蔭に。
  • 冬は霜が当たらない、日当たりの良いところ。

 室内で育てるときは、一日に最低でも3~4時間は日光に当てましょう。

5~6月は直射日光を避け、カーテン越しの光にします。暗いところに長時間置くと、ひょろひょろとした姿になります。

ほとんどのサボテンは寒さに強く、凍結させない限り枯れませんが、最低温度が10度以下になる季節は室外から室内に取り込み、日光のあたる窓際に置きましょう。

2.水やり

  • 春と秋 成長期です。乾いたらたっぷりやります。朝の午前8時ぐらいまでに鉢底から流れ出るくらいに水をかけましょう。
  • 梅雨 湿っていると腐るので、「断水」します。(水をやらない)
  • 夏 表土が乾いてから3日後に、夕方に葉水(霧吹きで水やり)程度をやります。
  • 冬 月2回くらいを目安に、温かい午前中にやります。凍結の心配がある場合は必要ありません。

3.植替え

 1年に1回を目安に、春か秋に植替えを行い、肥料をあげましょう。

1年過ぎると鉢の中で根が伸びきってその後の成長が止まってしまいます。一回り大きな鉢に植替えると良いでしょう。

育てやすいサボテン

雪晃(ブラジリカクタス属)

◇ブラジリカクタス◇雪晃◇3寸鉢◇

◇ブラジリカクタス◇雪晃◇3寸鉢◇
価格:648円(税込、送料別)

 球形で白い毛のような細かいトゲが愛らしい、花を観賞するハナサボテンです。

スポンサーリンク

春になると赤や黄色い花が咲きます。開花期間は約2週間。乾燥には強く、湿気には弱いので乾かし気味に管理します。

白桃扇(オプンチア属)

◇オプンチア◇白桃扇◇2.5寸鉢◇

◇オプンチア◇白桃扇◇2.5寸鉢◇
価格:378円(税込、送料別)

 小型のウチワサボテンで、新芽が2つ出てくるとうさぎの様に見えることから、バニーカクタスの愛称で呼ばれています。

強光でなくても育つため、室内に安心して置くことができます。水のあげ過ぎに注意。

般若(アストロフィツム属)

サボテン:碧るりらんぽー玉

サボテン:碧るりらんぽー玉
価格:6,480円(税込、送料別)

 五角や八角の整った球体で、個性的な形がインテリアのアクセントになります。

肌に細かい星点がついて綺麗です。あまり大きくなりません。比較的高温を好み、夏場の暑さにも強いです。冬期は暖かい場所で管理します。

短毛丸(エキノブシス属)

短毛丸

短毛丸
価格:1,800円(税込、送料別)

 南米アルゼンチンなどが原産地ですが、古くに日本に伝わったこともあり、日本の気候によく馴染んでいます。

寒さ・暑さに強く、成長は比較的早い方です。大きな花を咲かせます。

 サボテンの成長はゆっくりとしているため、長い間楽しむことができます。

サボテンの一つ一つに名前をつけて、毎日呼びかけてあげるとさらに元気に育つかもしれませんね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
インテリアとしても人気のサボテン!育てやすい種類と育て方!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事