ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

初心者でもわかりやすい盆栽の育て方!世界中からも注目されるアートとしても認知!

3c4df32ed4f58597dbd6284e881df0a9_s

 盆栽といえば、シルバー世代のそれも男性の趣味と思われがちですが、今や若い人や女性に人気です。

さらには海外では「bonsai」=「変化するアート」、「命あるアート」として定着しています。

今回は、初心者でもわかりやすいように盆栽の魅力・育て方をご紹介します。

スポンサーリンク

盆栽の魅力

a07c547a616debd1ce23b41c75032b93_s

 盆栽なら、たとえ広い庭がなくてもマンションのベランダでも、小さなスペースで育てることができます。

そこには、切り花や植木とは違う魅力があります。

 盆栽の良いところは、自然界に息づいている樹木の姿が鉢の中にあり、いつも鑑賞できることです。

水やりや枯れ葉の摘み取りなど、毎日お世話することで、わが子のように可愛くなってきます。

また、年数が経つにつれ自分好みの形に仕立てることができるので、いっそう愛着がわきます。

始めは誰でも初心者

adeb13e1c1e34f2f29be443bbcb2ec80_s

 ところで、今から盆栽を始めたいと思っている初心者には何から始めたらいいのでしょうか?

1.道具を揃えよう

 最低限必要な道具は、肥料、殺菌殺虫剤、ジョウロ、盆栽バサミ、ピンセットです。

  • 肥料

    発酵済み油かすの玉肥。水やりで養分が流れることがあるため、不足分を肥料でしっかりカバーすることが重要。肥料は3月~11月にかけて、1か月に1回程度交換する。冬場は必要なし。

  • 殺菌殺虫剤

    希釈不要のスプレータイプのもの。

  • ジョウロ

    ハス口の目が細かいもの。

  • 盆栽バサミ

    根切り用、枝切り用、葉切り用に使える汎用ハサミ。

  • ヘラ付きピンセット

    除草や虫を取るとき便利。ヘラはコテ代わりにもなる。

    スポンサーリンク

2.育てる木を選ぼう

628f6ce244a694109149cba900e8e41a_s

 初心者は、ある程度出来上がった木を選ぶと始めやすく、失敗も少ないようです。

値段は、1鉢1000円~5000円までを目安に、2~4鉢を揃えてみましょう。

種類は、松柏盆栽、花物盆栽、雑木盆栽、実物盆栽がありますが、まずは、育ててみたいと強く思った樹種を選ぶと良いでしょう。

 盆栽というと松を思い浮かべます。五葉松は盆栽の基礎が学べるうえに水切れにも強いので、初心者向けです。

また、華やかさが欲しいと思ったら、春から秋まで赤や白の花を楽しめる四季咲きの長寿梅がおすすめです。

その他、カエデやモミジは、季節によって表情が変わり、芽だしと紅葉が楽しめます。ヒメリンゴやカリンなどの実物盆栽は、緑の中に鮮やかな果実の色が映え、育てる楽しみが増します。

3.育て方に注意しよう

 初心者が悩むポイントは「水やり」。植物にとって一番大事なことは水と光です。置き場所にも注意が必要です。

水やり

 盆栽は鉢が小さい分、乾きが予想以上に早いものです。水やりは朝が一番。

光合成の盛んな午前中に水分が不足しないように、表面の土が白く乾燥していたら水をやります。基本は、「やるときはたっぷり、はちの排水口から流れ出るまで」。

できれば一晩汲み置いた水道水を使います。回数の目安としては、冬は数日に1回、春と秋は1日1回、夏は1日2~3回です。

置き場所

 日当たりと風通しのよい、なおかつ強風に当たらない屋外が基本です。西日は避けるようにします。

また、鉢を地べたやコンクリートの上に直接置くことはせず、木製の棚や箱の上に、風通しや水やりを考えて間を空けて置きます。

小さな鉢は風で落ちないように紐で縛っておくと安心です。

飾り方

 室内に飾るときは、床の間や棚などに置きます。水石や添景を用いて工夫すると楽しみも倍増します。

その際、冷暖房の風を避け、水切れにならないよう注意しましょう。期間は、冬場で2~3日、夏場は2日を限度にし、また屋外に戻します。

身近に植物があるととても癒されます。一日一回は必ず盆栽の顔を見て、木の状態をチェックしましょう。

水やりの時に、鉢に水がしみこみにくくなったら植え替えのタイミングです。それまでに道具類をさらに揃えていくといいですね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
初心者でもわかりやすい盆栽の育て方!世界中からも注目されるアートとしても認知!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事