ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

初めての一人暮らしの費用っていくら必要?費用を抑えるコツは?

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_m

 就職や進学によって1人暮らしを初めてする方が多くなるのが春先です。慣れている方は問題ないのですが初1人暮らしは費用や様々な面で不安が大きいものです。

そんな方々の為に少しでも不安を解消出来たらと思います。1人暮らしは若い方には憧れを抱く物です。しかし、憧れだけでは生活は成り立つ事はありませんのでどれくらいの費用がかかるか紹介していきます。

スポンサーリンク

住居費

 まず住むと言う行為が最重要ではないでしょうか。

生活の基礎・活動の拠点となるわけですから引っ越してくる前に住む場所を決めておかなければなりません。その為には不動産屋を巡る事になります。

1人暮らしですと1Kまたは1DKが中心となります。まずは家賃です。このシングル向けの家賃相場は東京では7.5万~13万円が相場となっています。

これは人気のある地域や交通の利便性で変動していきます。これは毎月かかる費用となりますが、部屋を借りる段階で不動産業者に支払う費用があります。

それは、敷金・礼金と言う費用です。

相場としては、敷金・礼金共に1カ月の家賃の所が多いです。これは業者によって変化しますので事前に確認が必要となります。

 初期費用としては家賃+敷金+礼金で3カ月分の家賃を支払う事になります。但し、敷金・礼金は価格交渉が行う事ができるので費用を抑える事が可能でもあります。1人暮らしにかかる費用として家賃は最大で約40万円となります。

スポンサーリンク

家具・家電費

 部屋は決まりましたが、基本的に家財道具は附属してはいません。ウィークリーやマンスリーマンション等では家財道具は附属していますが、通常のアパートやマンションでは附属していないので必要な家具は購入しなければなりません。

家電関係

 冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・テレビ等が必要になります。

家具関係

 寝具(布団またはベッド)・テーブル・カーテン・食器棚等が必要となります。

その他

 食器・ポット・炊飯器等の食に関する物

 場合によっては、照明器具が必要な場合も考えられます。この家財道具関係で1人暮らしにかかる初期費用は全て新品と考えて約30~40万円の費用が見込まれます。

その他・雑費

 家賃・生活必需品の1人暮らしにかかる費用の他にも様々な雑費などがかかってきます。

>生活する上で必要な光熱費・通信費・引っ越し費用等です。引っ越し費用は家財道具等がある場合は必要でしょうが、新品で賄う場合には手荷物程度で済む方もいらっしゃいます。引っ越し業者まで頼まなくてもと言う方はレンタカーで引っ越しを済ます事も可能です。

 光熱費は電気・水道・ガス代となりますがこちらは、毎月発生する金額ともあるので数万円を考慮しておいた方が良いでしょう。

 ざっと紹介してきましたが、1人暮らしにかかる費用は初期費用として約60万~80万円がいかかる事になります。これから1人暮らしを初めてする方はこの最低でもこの位の金額が必要と考えておいてください。

 地方によってはもっと安く済みます。一人暮らしを始めるとインテリアにもこだわりが出てくるのでお金がかかることもあるので余裕をもって生活するのもアリです。

 最近では、最低限のものしか持たないミニマリストの生活をしてみることで費用を安く収めることもできます。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
初めての一人暮らしの費用っていくら必要?費用を抑えるコツは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事