ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

長期間のおしゃぶりは赤ちゃんの歯並びを悪くする?いつからいつまでが最適?

d0227f6b27b774c6fd46ba7d084b2f10_m

 おしゃぶりがあると、赤ちゃんが泣いたときに便利だと言います。赤ちゃんの生理的で自然な行動をうまく利用した赤ちゃん用品なのかもしれませんし、最近は可愛いデザインのものも見られるようになっています。

ところが、歯科医と小児科医とではは、おしゃぶりに付いてはそれぞれに違う意見もあるので、保健衛生のパンフレットなどでは違う表現が使われることがある、と言われています。

スポンサーリンク

おしゃぶりに対する小児科医の意見

 赤ちゃんは、生まれる前でもお母さんのお腹の中で指しゃぶりしているようです。

生まれてからの指しゃぶりはとても自然のことですし、おしゃぶりも同じことと捉えているようです。いずれにせよ、言葉を話すようになるので、たいして問題にはしていません。

おしゃぶりに対する歯科医の意見

 2歳くらいまでにおしゃぶりを止めないと、歯の噛み合わせが悪くなるとしています。

2歳くらいまでで止めれば、それまでに生じていた噛み合わせの悪さも、自然に治っていくそうです。

長期間使い続けるおしゃぶりの、歯並び以外のデメリット

 おしゃぶりを長期間使い続けると歯並びが悪くなる以外にもデメリットがあります。

スポンサーリンク

お母さんとのふれあい

 赤ちゃんがどうして泣いているのかを、深く考えないでおしゃぶりを与えてしまうことがあるので、赤ちゃんの発達にとってとても大切なお母さんとのふれあいが、その分少なくなります。

また、赤ちゃんがおしゃぶりをして静かにしている間にお母さんの話しかけが減ってしまうと、その分言葉の発達も遅れる傾向があります。

赤ちゃんの精神発育に与える影響

 赤ちゃんには、何でも物を口に持っていく時期があります。それは、手と口の発育と同時に、赤ちゃんの物に対する認識力を高めて脳の発育も促すと言われています。口がおしゃぶりで塞がれていると、赤ちゃんにはその分チャンスも少なくなります。

おしゃぶりのメリット

お母さんのストレスが減る

 赤ちゃんが、吸う行為によってリラックスできるので、精神的に安定できるといいます。

赤ちゃんがリラックスし、おとなしくなることでやりたいこともでき、ストレスが軽減されます。

さいごに

 おしゃぶりは、赤ちゃんが1ヶ月から離乳食を食べる頃は、泣いている口を塞いで気をそらさせるのに効果があります。

私の場合には、いつも赤ちゃんの側から離れなかったペット犬がいたのですが、赤ちゃんにおしゃぶりをあげたら、その犬まで一緒におしゃぶりを始めたので両方からおしゃぶりを取り上げて、そのまま使わせることがありませんでした。

そのかわり、その赤ちゃんは眠るときに毛布の端っこをしゃぶるようになっていましたが、歯並びには影響が出ませんでした。どちらにしても、おしゃぶりは長くても赤ちゃんが3歳くらいまでです。3歳以上になってもおしゃぶりが必要な赤ちゃんは少ないようです。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
長期間のおしゃぶりは赤ちゃんの歯並びを悪くする?いつからいつまでが最適?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事