ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

スラックラインとは?初心者が始めるために必要な道具や設置の仕方!

4 最近日本で人気が高まりつつある新しいスポーツがスラックラインです。木と木の間にピンと張ったベルトの上を歩く、綱渡りのようなスポーツです。

1980年代の前半に、アメリカのクライマーたちが遊びとして取り入れたのが始まりです。2011年にはドイツのミュンヘンでワールドカップも開かれるほどの人気になっています。

ユラユラ揺れるラインの上でどうやってバランスを取って歩くのか、ハラハラドキドキがたまらないスポーツ、スラックラインについてご紹介します。

スポンサーリンク

スラックラインとはどんなスポーツ?

 木と木の間にベルトを張って、その上を歩くスポーツです。木を選ぶ時は、なるべく直径25cm以上ある太い木が良く、老木や若い木は避けた方がよいです。

ベルトはナイロン製もしくはポリエステル製で、幅2.5cmから5cmの柔らかい生地でできています。高さは、初心者は足首ぐらいの高さから始めます。慣れて来たら50cmぐらいの高さにします。

あまり高いところに張らないので、転落に伴う危険性は少ないです。小学生ぐらいから中高年まで、年齢に関係なく楽しめるのが魅力のスポーツです。

スラックラインの設置の仕方

スラックラインに使う道具を入手しよう

 スラックラインをするのに必要な道具は、

  • スラックラインキット (歩行用のベルトと、ベルトを巻き取るもの)
  • 木を保護するスポンジ・マット・布 など

木を保護するスポンジ類は家にあるもので代用できます。

 スラックラインのキットは、スラックラインのトップメーカー、ギボンがおすすめです。

 また、他にもドッペルギャンガーアウトドアで、商品名「バランスウォーカー」で発売されています。

スラックラインに使う道具は3500円位のものから、上級者向けの17000円位までのものが売られています。さほど高くないので、気軽に購入して楽しむことができます。

スポンサーリンク

スラックラインの魅力

 スラックラインの魅力は年齢にかかわらず楽しめることです。最初はベルトの上に立つことから始めます。やっと立てるようになったら、こんどはベルトの上を歩きます。

最初は難しいですが、練習を重ねれば誰でも上達します。楽しみながら上達していくのが魅力です。

ラインが揺れるのに合わせて体のバランスを取りながら歩くのは集中力やバランス感覚が必要です。落ちることもありますが、それはそれで楽しいものです。カロリーも消費するので、ダイエットにも適しています。

歩けるようになるとさらに、ジャンプをしたり、ポーズをしたり、いろいろな技に挑戦していきます。

スラックラインはどこでできるの?

 スラックラインが行える施設や団体があります。徐々にスラックラインを行える施設が増えてきています。

ゼロファイトアンドフイット

11
リンクホームページ

ワンコインで30分のトライができます。保護マットもあるのでビギナーも安心です。

ティップクロス 渋谷 東京

12
リンクホームページ

 仲間たちがわいわい集まって楽しくトレーニングできる場所です。

スラックラインが最高の仲間との出会いをもたらしてくれます。

一般社団法人日本スラックライン連盟

13
リンクホームページ

 スラックラインのバッジテスト検定やインストラクター検定、公認大会などを行っている団体です。

上達して来たらバッジテスト検定を受けてみたり、公認大会に出てみると、より一層スラックラインを楽しむことができます。

 スラックラインの施設を利用せずとも、太い木の幹があれば屋外でもやれます。時間とスペースがあれば挑戦してみてください。良い一つの趣味として奥深さも感じれますよ。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
スラックラインとは?初心者が始めるために必要な道具や設置の仕方!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事