ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ネギの栄養と驚きの効果!白と青い部分の違いは?栄養満点でも食べ過ぎには注意が必要!

68f2ee35058d415a9c4ef9896c2e56f5_m

 「風邪をひいたらショウガとネギをたくさん食べなさい」とは昔からよくいったものですが、ショウガこそ最近は女性誌等で良く取り上げられるようになり、からだを温める食材として知られている一方、ネギにはいったいどんな効果があるのでしょうか。

 そこで、今回はネギの栄養と驚きの効果についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

食卓では脇役でも、含まれる栄養は主役級!栄養満点のネギ

 「ネギ」と聞くと、野菜のなかでも脇役的なイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。確かにトマトやじゃがいも、ブロッコリーなど、彩り鮮やかでアレンジ方法も豊富な野菜に比べると、地味な野菜・・・という印象が強いかもしれません。

 また、ゴーヤやトウモロコシなどのように、この季節を逃したら食べられないという事もないため、正直一年を通じてあまり注目されることありません。

 そんな一見するとかわいそうな扱いのネギですが、実は栄養満点のスーパー食材なのです。では、具体的にどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

  1. ビタミンC
    柑橘系の果物に多く含まれているビタミンCには、免疫力を高める効果があります。
    よく風邪を引いた時にビタミンCの多いものを・・と言われるのはこの為なんですね。
  2. Bカロテン
    Bカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換してくれる作用をもっていますが、
    皮膚・粘膜・目の健康を保つのに効果があるほか、ガン抑制効果もあるといわれています。ネギ以外ではニンジンにも多く含まれています。
  3. カルシウム
    乳製品や小魚のイメージが強いかもしれませんが、実はネギもカルシウム豊富な食材。
    骨の形成やイライラ防止に必要不可欠な栄養素です。
  4. ビタミンK
    骨の形成や止血作用に欠かせない栄養素です。
  5. 葉酸
    妊婦さんに重要な栄養素として有名な葉酸。
    ブロッコリーやほうれん草が取り上げられることが多いですが、実はネギも葉酸が豊富な野菜なのです。
  6. ネギオール
    あまり聞きなれないかもしれませんが、こちらはネギ特有の栄養素で抗菌・抗ウィルス作用があります。
  7. アリシン
    血行を良くする、食欲増進、疲労のもととなる乳酸を分解する、動脈硬化予防、血糖値を正常にする・・・など非常に多くの効果があります。
    タマネギにも多く含まれており、切った時に目に染みるのはこのアリシンの成分によるものなのだとか。

 このように、一見地味なネギですが実はこんなに栄養豊富な素晴らしい食材だったのです。
では、ネギの青い部分と白い部分での栄養の違いはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

目的によって使い分けたい!ネギの「青い部分」と「白い部分」

7aeefb5baa9579258f16a027e5c0e5f5_m

 何にせよ、バランス良く食べるのが一番ですが、ネギはクセもありますし、一度にそんなにたくさん食べられるものではないですよね。
青い部分と白い部分で食感も違いますし、好みがわかれるところではないでしょうか。

そこで、それぞれに含まれる栄養とおすすめの食べ方を紹介したいと思います。

青い部分

 白い部分に比べると太陽に当たる面積が広いため、全体的に豊富な青い部分。

なかでもBカロテンのほか、カリウム、葉酸、ビタミンK、カルシウムなどが多く含まれており、女性におすすめです。

香りがよいため、冷ややっこや麺類、青魚の薬味などとして食べるのがおすすめです。

白い部分

 青い部分に比べると全体的な栄養素は劣りますが、アリシンは青い部分より豊富。

食感が良いのと、火を通すことによって甘みも増しますので、この時間はショウガとともに鶏団子スープにしたり、煮込み料理に取り入れるのがおすすめです。

そして、火を通すとヌルヌルするあの成分の正体は「フルクタン」という食物繊維。これにはインフルエンザウィルス侵入を抑制する効果があるようです。

食べ過ぎは体に悪影響?ネギの食べすぎによる副作用

 ここまで、ネギの栄養と効果をご紹介してきました。

予想以上に栄養豊富なネギですが、食べれば食べるほど良いのでしょうか。

答えはNOです。

先ほどもご紹介したネギに含まれるアリシンという成分は、刺激も強く、食べすぎると胃粘膜が荒れてしまうそうです。また、生で食べると辛みが強いことから口臭が気になるという方も多いのではないでしょうか。

この辛みは火を通すことによって甘みに代わるため、胃腸の弱い方や免疫力の落ちている妊婦さんやお子様は過熱して食べることをおすすめします。

いかがでしたでしょうか?

予想以上に栄養豊富なネギ。価格も一年を通して比較的変動がなくお手頃の為、風邪やインフルエンザが流行する時期は積極的に取り入れていきたいですね。
しかし、何事もバランス良く、食べすぎには注意してくださいね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ネギの栄養と驚きの効果!白と青い部分の違いは?栄養満点でも食べ過ぎには注意が必要!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事