ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

にんにくの栄養と驚きの効果!栄養を摂取しやすい食べ方は?でも食べ過ぎには副作用も!

b7b58f974f51a0c0f5b229666abcb3c3_m

みなさんはにんにくと聞いて何を思い浮かべますか?
スタミナ食材」「ニオイが気になる」といった方が多いのではないでしょうか。

 料理のアクセントや香りつけなど、どちらかというとメインで使われることは少ないにんにくですが、実は脇役にしておくにはもったいないほどの素晴らしい栄養と効果があったのです。

スポンサーリンク

古くから薬草として使用!研究者を虜にするにんにく

 昔から、にんにくは薬草として広く知れ渡っていました。そう聞くと、ビタミンやミネラルが豊富なのかと思いませんか。

 確かに、生のにんにくには多少のビタミンが含まれていますが、総じてにんにくには炭水化物、ビタミン、ミネラルの人間が生きていくうえで欠かせない三大栄養素がほとんど含まれておらず、「非栄養性機能物質」といわれています。

 では、いったいにんにくにはどんな栄養があるのでしょうか。

  1. アリイン

     こちらはにんにくを切ることによって発生する成分ですが、肝臓での脂肪代謝を促すほか、ビタミンB1の吸収率をアップ、抗酸化作用、殺菌作用、その他目に見えてわかる効能としては食欲増進等もあります。

    「にんにくを食べてスタミナをつけなさい」というのは言葉はこのためことです。

  2. アリシン

    先ほどの名称と似通っていますが、こちらは発がん抑制作用、抗カビ作用のほか、先ほど同様に抗酸化作用があるのですが、カゼや気管支炎、O-157、胃潰瘍の原因となるピロリ菌の侵入を妨げる作用があり、まさにマルチウイルスバスターといえるのです。

  3. アリチアミン

     こちらはあまり聞きなれないかもしれませんが、ビタミンB1とアリシンの結合により変化する成分で、糖をエネルギーに変える作用があります。
    そのため、代謝アップにつながり、女性にはうれしいダイエット効果もあるのです。

  4. スコルジニン

     こちらは、言わずと知れたにんにく特有の原因となっている栄養成分です。しかし、効能は素晴らしく、血行を良くし、精神安定作用もあるのだとか。

  5. メチルアリルトリスルフィド

    なんだか噛んでしまいそうな名称ではありますが、実はこの成分の効果は素晴らしく、血小板の固まりを抑え、脳卒中、心筋梗塞等の予防効果もあります。

    スポンサーリンク

 このように、にんにくの効能自体は素晴らしいことが分かりましたが正直栄養成分は聞きなれないものばかりですよね。しかし、研究者が虜になる理由として、にんにくはそれ自体の栄養成分だけでなく、2つの栄養成分が合わさってほかの物質に変化するというところなのだとか。

 確かに、そう言われると無限の可能性を感じますし、研究のしがいもありそうですよね。

リンク若々しく健やかな毎日を、【純黒にんにく】

活力アップをサポート。純黒にんにくパワー!

食べすぎは逆効果?にんにくの食べすぎがもたらす副作用

 素晴らしい効果をもつにんにくですが、やはり食べすぎは良くありません。適量に摂取すれば、スーパー食材ともいえるほどのにんにくですが、その分刺激も強いため、胃腸のあれ、下痢などをもたらすほか、やはり口臭も気になるところです。

 そこで、おすすめの摂取量は成人で1片、子供の場合ならばその半分といわれています。これぐらいならば、さほど口臭も気にならないかもしれませんし、無理なく続けていきたいですね。

「切る」「すりおろす」「過熱する」食べ方でにんにくの栄養成分は変化する?

 野菜によっては過熱することで栄養成分が失われてしまい、生での摂取をおすすめしているものもありますが、にんにくに関しては過熱しても栄養素が損なわれることがありません。

 むしろ、先ほどご紹介したビタミンB1の吸収率をアップ、抗酸化作用、殺菌作用等をもたらすアリシンという成分は、「切る」「すりおろす」など、にんにくの細胞を傷つけることによって発生します。

 おすすめの食べかたとしては、スライスしたガーリックチャーハンにいれる、青魚や豆腐の薬味としてすりおろしたにんにくを使用するなどがあります。また、にんにくは油とともに過熱することにより、アホエンという成分が発生します。

 このアホエンには、油に染み出すという特性があり、血液をサラサラにさせる、抗ガン作用があり、おすすめの食べ方にガーリックパスタなどがあります。
このように、調理工程によって栄養素が異なるにんにく。
目的に合わせていろいろなレシピを楽しみたいですね。

いかがでしたでしょうか?

 ニオイのきつさからお休み前など日によっては敬遠しがちなにんにくですが、量を守れば素晴らしい効果を発揮してくれるのです。
それでも気になる方はいまは無臭にんにく等もでていますので、うまく取り入れていきたいですね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
にんにくの栄養と驚きの効果!栄養を摂取しやすい食べ方は?でも食べ過ぎには副作用も!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事