ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ベビーベッドの選び方!赤ちゃんの成長を見据えた選ぶポイント!

44f53f15eb2700d588409d851bab3514_m

 生まれたばかりの赤ちゃんは、すやすやと一日の大半を眠って過ごします。健やかな成長には、穏やかで静かな環境が欠かせません。

そんな赤ちゃんのためにベビーベッドを選ぶとしたら、どんなことに気をつければいいでしょうか?

スポンサーリンク

ベビーベッドの必要性

 赤ちゃんの成長はとても速いので、ベビーベッドを使用する期間はとても短いものです。

先輩ママの中には「場所をとるので置きたくない」、「布団で添い寝の方がいい」と考え、「ベビーベッドは特に必要ない」という意見もあります。

ただ、衛生面や安全面のメリットを考えると、やはり出産前には準備しておきたいですね。

ベビーベッドのメリット

  • ベビーベッドは床から離れているので、舞い上がるホコリやペットの毛、ダニから赤ちゃんを守ることができる。
  • 床下の収納スペースにはオムツ等を置くことができ、空間を有効利用できる。
  • 床に布団を敷くよりも通気性が良く、蒸れにくい。
  • キャスター付だと移動が簡単で、部屋の掃除がしやすい。
  • いたずら盛りの小さな兄や姉がいたり、ペットを飼っている場合には、柵の中が赤ちゃんの安全地帯になる。
  • ママが腰痛で悩んでいる場合は、赤ちゃんをかがんで抱き上げることがないので、お世話が楽になる。
  • 布団での添い寝は、時に赤ちゃんを圧迫してしまうことがあるいう研究報告がある。

ベビーベッドを選ぶときのポイント

 目的と置く場所に合わせ、安全性、サイズ、機能性を考えましょう。

安全性

 製品安全協会で定められた基準をクリアしていることを確かめましょう。

スポンサーリンク

「PSCマーク」と「SGマーク」の2点のマークが付いているものを選ぶ。

サイズ

 置く場所と使う期間を目安にします。

標準(内寸約120×70cm)新生児~2歳まで使用可。

赤ちゃんがゆったり眠れる一般的なサイズで、デザインも豊富。ベビー布団も選びやすい。 

ミニ(内寸約90×60cm) 新生児~18カ月まで使用可。

マンション住まいなど、スペースにゆとりがない場合におすすめ。スリムなので部屋から部屋への移動がしやすい。

機能

 短期間のならシンプルなものを、長期間の使用を考えているなら、価格は高めですが、多機能タイプを選ぶ事をおすすめします。

  • 床板高さ調節付きタイプ 赤ちゃんの成長に合わせて床板を下げられる。一般的には、2段階から4段階まで調節できる。つかまり立ちの転倒防止になる。
  • ハイタイプ
     床板の位置が高く、背の高いママやパパはオムツ替えがしやすい。
  • 添い寝用タイプ
     左右両方の柵が下がり、大人のベッドにつけることができるため、夜の授乳が楽。
  • 折りたたみ式タイプ
     ベッドを使わなくなった時には、スリムに折りたためるので、収納するのに場所をとらない。2人目、3人目が生まれる予定ならお買い得。
  • サークルタイプ
     チヨチ歩きを始めたらサークルとして、また、つたい歩きの練習に使うことができる。
  • 多機能タイプ
     ベッドを使わなくなった時には、付属品を付け加えることでサークル、収納ラック、ベンチなどに組み替えることができる。
  • ジュニアタイプ
     サイズを伸張して小・中学生までベッドとして使用できる。
  • ネットタイプ
     柵に足を挟む危険がないため、小さな兄や姉がベッドによじ登るのを防止するためには良い。また、赤ちゃんが当たっても痛くない。

 選ぶベビーベッドは、赤ちゃんをお世話する環境によって決まってくると思います。

ベッドは、購入する、レンタルする、親戚から譲り受ける、友人知人に借りるなどいろいろなケースがあります。将来のことも考えて選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ベビーベッドの選び方!赤ちゃんの成長を見据えた選ぶポイント!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事