ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ベビーベッドはレンタルがお得!おすすめのレンタル専門店!

2cbf12a2399b58f4afda2285c8ac8470_m

 あるアンケート調査によると、「育児用品の中で、レンタルして良かったもの」という項目では、ベビーベッドが1位だそうです。

そこで今回は、ベビーベッドのレンタルサービスを利用する際のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

ベビーベッドはレンタルがお得

 ベビーベッドは使用する期間が短く、不要になってからは収納場所をふさぐ“お邪魔な家具”となってしまいます。

ベビーベッドに関しては、「短期間しか使わないのにわざわざ買うのはもったいない」といった声があります。また、「せっかく買ったのに、あまり使わなかったので損した」ということも。

ベビーベッドが本当に必要かどうかは、赤ちゃんが産まれてから、実際に家庭で育児を始めてからレンタルすることをおすすめします。

 レンタルするには、ネットで「ベビーベッド レンタル 住んでいる地域」を入力して調べたり、病院の産婦人科に置いてあるカタログで電話注文することができます。

 最初に、ベッドをどの部屋に置くかを決めてからサイズを決めます。ベッドのカラー、材質、デザイン、床板の高さ、扉の開閉方法等を考え、具体的にメーカーや型番を決めておくと、各レンタル会社で比較しやすいです。

各レンタル会社を比較するときのポイント

 サイズや機能を決定したら、以下のポイントを踏まえて、レンタル会社を決めましょう。

  1. 安全マークはついているか?
  2. ベッドのメンテナンスや消毒に使われている薬剤は安全か?
  3. 借りる期間と料金は? 大体1カ月単位の料金が基本ですが、お試し期間として週単位、日割計算もあります。人気期間は6か月です。標準サイズ・ハイタイプで6か月10,000円~15,000円程度です。
  4. 延長する・しない場合の手続きは? 料金がどのように発生するのかをチェック。レンタル終了期日が近づくと連絡してくれるのか、または自動延長されるのかを調べる。
  5. 途中解約の場合、キュンセル料はかかるのか?
  6. 配送料は? 自社便なら無料というところもあります。
  7. 新品指定は可能か?また、料金はいくらか?
  8. 予約はいつから可能か?
  9. 傷や破損した時の賠償金はいくらかかるのか?
  10. 組み立てはやってもらえるのか?

おすすめのレンタルショップ

ナイスベビー

 ベッドの種類が多いので好みのものを選びやすい。

スポンサーリンク

「借りて・買ってプラン」(短期間しか使用しないものはレンタルで、長く使用するものは買ってお得)と、「あんしんサポート(無料保証サービス)」(レンタル中に壊しても無料で交換してくれる。

コールセンターでは親身なアドバイスがある)が付帯しているので安心。対応エリア内であれば、自社配送便があり、組立もしてくれる。

リンクhttp://www.nicebaby.co.jp/

ホクソンベビー

 出産前に届けてもらえる「準備期間プレサービス」や、1週間商品を試すことができる「お試しレンタル」がある。在庫があれば、新品を指定してレンタルできる(※別途、新品料がかかる)。

満期日までに連絡をしないと、自動的に1カ月づつのレンタル期間延長になるので、要注意。対応エリア内であれば、自社配送便があり、組立もしてくれる。

リンクhttp://www.hoxon.co.jp/

ベビレンタ

 料金は業界最安値。元保育士が運営しているので、相談しやすい。

品揃え豊富だが、人気商品はすぐに出てしまうので、こまめにサイトのチェックが必要。商品に不満がある場合には、安心の3日間返金保証制度がある(条件付き)

リンクhttp://babyrenta.com/

上州物産 ベビーベッドレンタル専門店

 ブナ材を生かした国産のオリジナルベビーベッドは、組み立てやすい。

組立は女性でも約1分で、移動も楽。塗料や消毒剤の情報がきちんと開示されているので安心。料金は高めだが、業界初の返金保証、早期返却返金がある。往復送料0円もうれしい。

リンクhttps://www.babysenmon.com/babybed/

 ベビーベッドをレンタルするときは、料金だけを基準にするのではなく、商品の安全性や、各レンタル会社の対応やアフターサービスなどを比較して選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ベビーベッドはレンタルがお得!おすすめのレンタル専門店!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事