ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

離乳食の進め方!赤ちゃんにあげるのはいつから始める?適切な量や作り方は?

4016ffe33600a78f72e0441196fcdf0e_m

 これまで母乳やミルクだけで成長してきた赤ちゃんが初めて食べる離乳食。ママの手で赤ちゃんのお口に運んであげる食べ物を食べてくれる姿は想像するだけでも可愛いものです。

 しかし、その離乳食どうやって進めればいいか分からない点も多いですよね。今回は離乳食の進め方についてお伝えします。

スポンサーリンク

離乳食っていつ・どんな食事から始めるの?

 離乳食を始める時期は一般的には5~6ヶ月頃からです。

 赤ちゃんの様子として、家族が食事していることに興味を持ち出したり、家族が食事をしていると一緒に口を動かす仕草をし出した頃が目安です。また、支えてあげるとお座りができる状態になっていることも一つの目安になります。

 離乳食の初期は1回食と言って、毎日ほぼ決まった時間におかゆからスタートします。赤ちゃんの授乳や生活のリズムを整えるためにも毎日ほぼ決まった時間に、最初は授乳1回分を離乳食に切り替える形でスタートさせましょう。

 また、1回食の離乳食を与える時間帯は午前中が良いと言われています。

最初は上手く食べられなくても、離乳食初期の頃の目的はおかゆなどの味に慣れること、飲み込むことに慣れることですので、お母さんも神経質にならずリラックスした気持ちで赤ちゃんに食事の楽しさを教えてあげるつもりでスタートしてみて下さい。

スポンサーリンク

具体的に離乳食初期に赤ちゃんに食べさせてあげるおかゆとは?

 赤ちゃんに初めて与えるおかゆは、全く味付けをしていない、米と水のみで作ったおかゆです。そのおかゆをすり鉢などで細かくすりつぶし、粒が残っていないサラサラの状態にまでしてから与えます。
また、どのくらいの量からスタートさせるのという点ですが、最初は小さじ1杯からスタートします。小さじ1杯を2日間くらい続けて様子を見たら、3日目からは小さじ2杯に量を増やしてみましょう。

 この時に、赤ちゃんが全く食べてくれなかったり、スプーンを舌で押し返してきても心配しないでください。赤ちゃんにとっては口に母乳やミルク以外を運ばれるのは初めての経験です。ママも赤ちゃんと一緒に練習するつもりで楽しく気長にやってみてください。

おかゆの簡単な作り方

3470751875aa3dcebe304a9d6502f630_m

 赤ちゃん用のおかゆは、大人が食べるご飯と一緒に炊飯器で簡単に作ることができます。

湯のみなど耐熱容器を用意し、その中にスプーン1杯のお米を入れます。
続いて水をスプーン10杯入れます。
これを大人が食べるご飯を炊く時に一緒に炊飯器に入れて炊くだけです。
おかゆが炊き上がったら、赤ちゃんの離乳食の進み具合に合わせて、すり鉢ですったりして調理します。

 最初は食べる量もわずかですので、多めに作って冷凍保存しておくのもおすすめです。ただし冷凍する場合でも、冷凍期間の目安は1週間~10日程度なので、あまり多く作り過ぎないように注意してください。

 離乳食と聞くと何を食べさせてあげようと構えてしまうママも多いと思いますが、意外と最初はおかゆのみのシンプルな内容からスタートします。食事の楽しさを赤ちゃんと一緒に感じながら、焦らずゆっくりと進めてみてください。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
離乳食の進め方!赤ちゃんにあげるのはいつから始める?適切な量や作り方は?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事