最近よく聞く「逆流性食道炎」CMでも見るけど本当はどんな病気?

 なんとなく胃液が逆流して食道が炎症を起こす病気と理解している人も多いのではないでしょうか?

 もちろんそれで正解なのですが、ではなぜ逆流性食道炎になるのでしょう? 症状は? 治療法や薬は? ここでは気になる逆流性食道炎を詳しくみていきます。

スポンサーリンク



逆流性食道炎ってどんな症状が出るの?

逆流性食道炎には三大症状といって代表的な症状が3つあります。

  1. 胸焼け
  2. 胸がつかえて食べ物が食べにくい(嚥下障害)
  3. 酸っぱいものがあがってくる(呑酸)

CMでは呑酸をよく取り上げていますが、病院を受診して逆流性食道炎と診断される人には胸焼けの症状が多いようです。

あまり多くはないようですが胸の痛み(胸がぎゅっと締め付けられるような痛み)や咳の症状を訴える人もいます。咳の症状には風邪のときのようなものから喘息に似た症状が出る場合もあります。

また、ゲップがよく出るようになったり姿勢によって(前かがみなど)胸焼けが起きたりもします。

1

逆流性食道炎ってなんでなるの?

 胃液が逆流して食道が炎症を起こすというのは分かっていても、なぜ逆流してしまうのかは分かっていないのではないでしょうか?

胃は入ってきた食べ物を素早く消化吸収できるように強い酸性をもつ胃液を出します。胃には粘膜があり胃液の酸性でも炎症をおこさないようにバリアを張っています。

しかし、食道にはそのような粘膜は少なくびたび胃液があがってくると炎症を起こしてしまいます。なので、食道には胃液で炎症が起きないようにいろいろな対策がとられています。

まずは唾液です。唾液はアルカリ性なのでアルカリ性の唾液を飲むことで胃液の酸性と結びつき無効化してくれます。また、食道と胃のつなぎ目にある筋肉で食道を閉じたり開いたりすることで胃液や消化中の食べ物の逆流を防いでいます。

スポンサーリンク

2

しかし、加齢や肥満、姿勢(前かがみや食後のごろ寝)などによってこの活動が弱まると胃液や消化中の食べ物が逆流しやすくなります。

また、脂肪分の多い食事や食べ過ぎ、早食いは胃を刺激し胃液の分泌を増やしてしまうので逆流しやすい原因になります。

逆流性食道炎の治療って何をするの?

 病院に行ってまずすることは問診と検査です。

問診である程度病気を絞っておき、他の病気と区別するために内視鏡(胃カメラ)検査をすることが多いようです。

さて、逆流性食道炎と診断されたら治療の開始です。この病気の最大の治療法は生活習慣の改善です。脂肪分の多い食事を避け、野菜中心の食事をゆっくりと噛んで食べることはもちろん、食べてからすぐに横にならない、猫背にならないように背筋を伸ばす。なんだか健康的な生活ですね。

逆流性食道炎に薬はないの?

 上記のような健康的な生活を始めても炎症がある箇所はすぐには治りませし、先に炎症のある箇所ではちょっとの逆流でも炎症がひどくなりがちです。

そこで必要になるのが薬です。逆流性食道炎では炎症をおさえる・治すというより、炎症を起こしにくく、また、ひどくなりにくくするという考え方が採用されています。

  • 制酸剤で胃酸の酸性度を調整する
  • 抑制剤で胃酸の量を少なくする。
  • 保護剤で食道の粘膜を保護する。修復する。

 しかし、炎症がひどい場合や薬での治療効果が思わしくない場合は外科的手術が行われることもあります。ただし、あまり一般的ではありません。

現在症状がありギクッとした人も、今はまだ症状がない人・心当たりがある方も生活習慣を見直し、快適な日常を手に入れましょう。

スポンサーリンク

最近よく聞く「逆流性食道炎」CMでも見るけど本当はどんな病気?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事