ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

えごま油がもたらす効果・効能が凄い!えごま油の摂取量・保存方法!

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_m

 オリーブ油やココナッツオイル、亜麻仁油など、ここ数年でオイルの種類は多様化しています。みなさんは、「えごま油」をご存じでしょうか。

 えごまとは、シソ科の植物で、えごま油はこの種子を絞ってつくられています。

 インドや中国雲南省の高地で主に作られていますが、日本では平安時代から非常に馴染みの深い油として使用してきました。ただ、えごまの種子から絞れる油の量はけっして多くないため、江戸時代頃より油の主流は菜種油へと変化し、いまでは福島県、岩手県、宮城県、岐阜県の一部農家で作られている程度で、その数も年々減少しています。

 そんな歴史のあるえごま油ですが、いま注目されているその効能とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

えごま油がもつ驚きの効能・効果とは

 えごま油には、「α-リノレン酸」という人のからだに欠かせない必須脂肪酸が含まれています。しかし、このα-リノレン酸は、ひとが自ら体内で作り出すことができず、食べ物からの摂取が必要となります。

 ほかの油にも含まれていますが、どの油も多くて10%程度と微々たる量です。それが、えごま油には60%ものα-リノレン酸が含まれているのです。
そして、このα-リノレン酸には様々な効果があるのです。

  1. コレステロール減少
  2. アレルギー抑制
  3. 高血圧、糖尿病、ガン予防
    (中性脂肪を低下させる)
  4. 学習能力を高める
    (体内に入ると記憶力・判断力向上効果のあるDHAに変化します。)
  5. 美肌効果
    (抗炎症作用が働いて肌荒れを防ぐ、コラーゲンの生成を助ける)

こうして見ると、かなりの効能がありますよね。

 最近では以前よりもスーパーで見かけるようになり、とても購入しやすくなりましたが、サラダ油やオリーブオイルと比べると料金は少し高めです。

 しかし、これだけの効能・効果があると聞くと試したくなりますよね。では、えごま油の摂取量と摂取の仕方はどのようにすれば良いのでしょうか。

えごま油の1日の摂取量の目安と摂取方法

 様々な効果のあるえごま油ですが、やはり摂りすぎも良くありません。

スポンサーリンク

 そして、いくらヘルシーとはいえ、油は油ですのでカロリーもあり、過剰摂取は肥満につながります。これでは健康目的に摂取している意味がありませんよね。

 あるデータによると、1日の摂取量の目安はティースプーン1杯分(約50kcal)なのだそうです。

そして、摂取方法のポイントは「加熱しないで摂取すること」です。

 えごま油は酸化や加熱に弱く、すぐに品質が劣化してしまいます。劣化してしまうと、からだに良い効果をもたらすどころか害となってしまいますので、必ず新鮮なものを摂取してくださいね。

 おすすめの食べ方としては、パスタの仕上げとしてかける、味噌汁に入れる、サラダのドレッシングにするなどがあります。えごま油は他の油と比べてもニオイやクセがないので、そのままでも抵抗なく摂取できますよ。

えごま油の保存方法

 ここまで、えごま油の効能・効果や摂取方法についてお伝えしてきましたが、えごま油を使用するうえで、「光・熱・酸素」に弱いということに気をつけなければなりません。

買ったばかりのえごま油でも、開封してしまうと空気に触れ、すぐに酸化してしまいます。

 そのため、保存時は必ず冷蔵庫内で保管し、2か月を目安に使い切れるサイズの瓶を購入されることをおすすめします。多少割高にはなりますが、決してリーズナブルな油ではありませんので、えごま油の効果が最大限に引き出せるよう、日々の生活に上手に取り入れていきたいですね。

いかがでしたでしょうか?

 最近話題の「えごま油」がもたらす効能・効果。マーガリンをはじめとするトランス脂肪酸を含む油がアメリカでは全面廃止となりつつあるなど、いま日本のみならず世界中でヘルシーな油への注目が高まっています。

 そして、より効果を高めるにはやはり継続していくことが大切です。1日たったのティースプーン1杯。ご家族の健康のために、ご自身の美容のために、えごま油習慣をぜひ始めてみませんか。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
えごま油がもたらす効果・効能が凄い!えごま油の摂取量・保存方法!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事