ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

赤ちゃんの鼻水の色の違い!鼻づまりの対処法!

2cbf12a2399b58f4afda2285c8ac8470_m

 寒い季節、赤ちゃんを育てているママさん達にとっては風邪やらインフルエンザやら心配事が増える季節です。そこで気になるのが赤ちゃんの鼻水です。

 大人では、たかが鼻水と思っても、赤ちゃんの鼻水の場合には注意するべき鼻水があります。 今回は赤ちゃんの鼻水についてお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻水は色に注目

 昨日まで元気に遊んでいた赤ちゃんが、翌朝起きてみると急に鼻水を垂らしているってことがありますよね。

そんな時は赤ちゃんの鼻水が何色をしているかに注目してみてくだい。

 まず、赤ちゃんの鼻水が透明な場合はそれほど心配はいりません。鼻水のほかに熱や咳、風邪っぽい症状がなければ、自宅でティッシュなどで拭いてあげて様子をみましょう。

 一方で、黄緑色や黄色の鼻水が出てきた場合ですが、こちらの鼻水は放っておかず小児科や耳鼻科を受診することをおすすめします。

 黄緑色や黄色の鼻水が出るときは、赤ちゃんがウイルスや細菌に感染している可能性があります。また黄緑色や黄色の鼻水は鼻づまりを起こしやすいため、こまめに鼻の掃除を行い放置しないようにしましょう。

赤ちゃんの鼻づまりの対処法

 赤ちゃんの鼻はとても小さく、放っておくと鼻づまりを起こしてしまいます。

 鼻水を自宅で取り除く場合は、ティッシュで優しく拭き取るか、市販の鼻吸い器を使って掃除します。
鼻づまりをしていると苦しそうと思い、ママとしてはどうにかスッキリさせてあげたいと力が入ってしまいますが、そっと優しく取り除く事を意識して、決して無理矢理力づくで吸いだす事はやめましょう。
自宅での鼻の掃除が困難な場合は、耳鼻科で対処してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻吸い方

 まず市販の鼻吸い器を使う場合ですが、我が家ではママ鼻水トッテを使っています。

耳鼻科の先生が考案されたということでママ友の間でも使っている人は多いです。これを使うと鼻の浅いところにある鼻水はよく取れますが、奥にたまった鼻水はあまり取れないかもしれません。

 次に昔からの一般的な吸い方として、直接口で赤ちゃんの鼻を吸うやり方があります。この方法は赤ちゃんの片方の鼻を押さえて、もう片方の鼻の穴から直接口で鼻水を吸ってあげる方法です。

 私も一度試したことがありますが、まだ小さい赤ちゃんの場合は片方ずつ吸う事が難しかったです。また、この方法の注意点としては、直接吸うことによってママもウイルスや細菌に感染するリスクがあります。

 また、最近は自宅でも使える電動の鼻吸い器が販売されています。

お値段が高いのがネックですがお金に余裕があれば電動鼻吸い器を試してみる価値はありそうです。

 そしてやはり、ここでも一番のおすすめは耳鼻科への通院です。鼻吸いだけでも耳鼻科に通うことはできると思うので、ママの手間はかかりますが一番確実に鼻吸いができる方法だと思います。

いかがでしたでしょうか?

 たかが鼻水と思って放っておくと、症状が悪化してしまったり鼻がつまって赤ちゃんが夜眠れなくて夜中に何度も起こされたり、それでは付き合うママも大変です。

赤ちゃんの鼻水が出てきたなと思ったら早めの対処をこころがけ、寒い季節を乗り切りましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
赤ちゃんの鼻水の色の違い!鼻づまりの対処法!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事