赤ちゃんの下痢の見分け方!原因はいったいなんなの?

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m

 赤ちゃんが下痢にかかった事のあるママさんは、その経験からなんとなく下痢とそうでない普通のうんちの区別がつくと思います。

まだ赤ちゃんの下痢に遭遇していないママさんは、初めての事でその区別がつきづらいかもしれません。今回は赤ちゃんの下痢について見分け方をお伝えします。

スポンサーリンク



赤ちゃんの下痢の見分け方

 赤ちゃんって普段元気な時でも、個人差はありますが、うんちの回数が多かったり、うんちがとても柔らかかったりしますよね。ですから、大人と違って見た目で下痢を見分ける事は難しいです。

 普段から、赤ちゃんのうんちの回数やうんちをする時間帯、おむつ替えの際にはうんちの様子を気にするようにしてみましょう。

なんとなく普段のうんちの様子を気にかけていると、赤ちゃんの下痢にも早めに気付いてあげられるかもしれません。

判断基準としては普段より水っぽいうんちが続いたり、1日のうんちの回数が明らかに増えた場合。下痢が酷いときは、おむつから漏れ出すような水っぽいうんちの場合もあります。

スポンサーリンク

 酸っぱいにおいや腐ったようなにおいも下痢の時の特徴なので、水っぽいうんちに加えてそのようなにおいがする場合も注意してみましょう。

赤ちゃんの下痢になる原因

 赤ちゃんが下痢になる主な原因としては、細菌やウイルスに感染した場合があります。よく胃腸炎と言われるものです。

この場合は小児科を受診した方が良いでしょう。

 また、まれに病院で処方されている風邪などの薬に含まれる、抗生物質を服用している時に、赤ちゃんが下痢を起こすことがあります。

うちの子供も小さい頃は抗生物質を飲むたびに下痢を起こしていました。機嫌が良ければそれほど心配いらないですが、心配であればこの場合も小児科で相談してみましょう。

下痢の時に気をつけること

 赤ちゃんが下痢をすると、うんちの回数が増えて、おしりがただれたりかぶれを起こしてしまう場合があります。

ママさんの立場を考えると大変ですが、赤ちゃんが下痢をした時はおしり拭きなどで拭き取るより、できればシャワーで洗い流すなど、なるべくおしりに刺激の少ない方法で清潔に保ってあげることをおすすめします。

 また、下痢が続くことで赤ちゃんが脱水を起こしてしまうと大変です。赤ちゃんへの水分補給はこまめに行ってあげましょう。

この時、一度に大量の水分を与えると下痢が酷くなってしまう場合がありますので、少量ずつ与えるように意識してみて下さい。

いかがでしたでしょうか?

まだ喋れない赤ちゃんは体の不調があっても上手く伝えられません。普段一緒にいるママさんが、あれっ?少し普段と違うかな?と思ったらそれは重要な判断基準になります。

ぜひ普段のあかちゃんのおむつ替えでも、うんちの様子を観察してみてあげてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの下痢の見分け方!原因はいったいなんなの?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事