ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

赤ちゃんの帽子の選び方!サイズの図り方や紫外線対策以外の機能性は何が必要?

9fd594f2431d391093dac426cc858733_m

 これからやっと寒い冬が終わり徐々に暖かくなってくる季節ですね。

赤ちゃんを連れて外出する機会も増えてくるのではないでしょうか?

そんな時、必須アイテムなのが赤ちゃんの帽子です。暖かくなると同時に春は紫外線も強い季節です。

今回は紫外線対策にもなる赤ちゃんの帽子の選び方をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの帽子のサイズの図り方

 赤ちゃんの帽子売り場に行くと、いろいろなデザイン、サイズの帽子が売っています。

もちろん好きなデザインの帽子や赤ちゃんに似合う帽子を選ぶのは楽しいですが、赤ちゃんの成長はとても早いもので、頭の大きさも個人差が大きいので、ぜひ赤ちゃんの頭のサイズにぴったり合った帽子を選んであげてください。

 では、赤ちゃんの頭のサイズの計り方ですが、耳の付け根より指2本分くらい上を柔らかい材質のメジャーなどでぐるっと囲うように図ると良いです。

固いメジャーでは赤ちゃんの顔や頭を傷つけてしまう場合があるのでやめましょう。柔らかいメジャーがない場合は、紐や毛糸などで図り、あとで何㎝か調べる方法も手軽でおすすめです。

スポンサーリンク

 サイズが合わず、大きすぎたり小さすぎたりするとずり落ちてきたりゴム周りが窮屈で帽子嫌いになってしまう事がありますので要注意です。

紫外線対策にもなる帽子を選ぼう

 最近はいろいろな紫外線対策グッズが売られていますが、やはり帽子は紫外線対策の基本です。

赤ちゃんの顔周りの紫外線を防ぐには、大きめのつばがあるもの、また首の後ろに日よけガードが付いた帽子がおすすめです。

最近は日よけガードが取り外し出来る帽子も売られているので、用途にあった使い方が出来ると思います。

紫外線対策以外の赤ちゃんの帽子の選び方のポイント

 赤ちゃんは大人に比べて体温も高く、汗もたくさんかきます。外出先から帰宅し帽子を取ったら汗びっしょりって事がよくあります。

赤ちゃんの帽子は出来るだけ通気性の良い物を選んであげましょう。

 また、せっかく帽子を被っていてもあご紐がない帽子は風で飛ばされてしまう事がよくあります。

あご紐がある帽子を選べば、赤ちゃんが一人で歩いたり遊んだりするようになっても取れてしまう事がなく安心です。

 ただし、公園の遊具などで赤ちゃんを遊ばせるときは紐が遊具などに引っ掛からないよう、周りの大人がしっかり注意しましょう。

いかがでしたでしょうか。

一言に赤ちゃん用の帽子と言っても用途によっていろいろな選び方があります。

今回は紫外線対策ができる帽子をお伝えしましたが、ぜひ赤ちゃんの帽子を選ぶ際には用途にあった帽子を選んであげてください。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
赤ちゃんの帽子の選び方!サイズの図り方や紫外線対策以外の機能性は何が必要?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事