コンビニのコーヒーってどこがおいしい?サイズや値段・味を比較!

91b31a7743628bb63861c8dbb32980a6_m

 コンビニの売り上げの上位を占めているのがセルフのレギュラーコーヒー。

喫茶店や有名コーヒーショップでしか味わえなかったコーヒーが低価格で飲めるのがコンビニコーヒー。コンビニによって入れ方や味が違うものなのでしょうか?

コーヒーの価格や種類も違いがあるのでしょうか?コンビニコーヒーについて比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

コンビニコーヒー導入

 コーヒー好きなら一度でも買った事があると思うのがコンビニコーヒー。

コンビニコーヒーの比較する為にセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップの4店舗の違いを見ていきたいと思います。

このサービスを始めたのは、セブンイレブンとお思いの方が多いと思いますが、ローソンのマチカフェやミニストップのコーヒーの販売が早かったです。注)ミニストップの場合は注文後キッチンで入れ来るタイプでした。

 セルフタイプの導入はセブンイレブンが初導入です。現在でもローソンはセルフコーヒーではなく注文後店員さんが入れてくれます。

コンビニロゴ

コンビニコーヒーのサイズと価格

 レギュラーコーヒーの各店舗のサイズと価格を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
セブンイレブン
Rサイズホット・アイス 100円
Lサイズホット 150円
アイス 180円
ファミリーマート
Sサイズホット・アイス 100円
Mサイズホット 150円
アイス 180円
Lサイズホット 180円
ローソン
Sサイズホット・アイス 100円
Mサイズホット 150円
アイス 180円
Lサイズホット 180円
ミニストップ
レギュラーSホット・アイス S100円
レギュラーLホット・アイス L150円
アメリカンSホットS100円
アメリカンLホットL150円

 どのコンビニも横一線と言ったサイズと価格ですが、ミニストップのみLサイズが安くなっていますが、他のコンビニのMサイズになります。

コンビニコーヒーはどう違うのか?

 サイズと価格での比較は横一線と言った所でしたが他には何が違うのでしょうか。

 セブンイレブンはアラビアカ豆100%で一杯ずつのドリップ方式を採用しています。

浅煎と深煎を使用して味とコクを売りに展開しています。レギュラーコーヒー以外の種類としてはアイスカフェラテがあります。

機械の都合上アイスカフェラテはカップ内に氷とミルク(氷状)が入っている物で構成されています。

 ファミリーマートはブラジル・エチオピアのモカ豆とコロンビアの豆のブレンドです。

機械はドイツ製のエスプレッソマシーンを導入しています。種類はカフェラテを中心に様々な種類を展開しています。

またトッピングも自由にできるようにシナモンなどが置かれています。

 ローソンは5カ国から厳選した豆を選んで使用しています。

この厳選した豆にパルプドナチュラル豆をブレンドしてフルーティーな味わいを売りにしています。

種類もファミリーマート同様にカフェラテを中心に限定的に様々な味の商品を展開しています。

 ミニストップはセブンイレブンと同様にアラビアカ豆を使用しており直火焙煎と熱風焙煎された物をブレンドしており香りとコクが深い事を売りとしています。

こちらもドリップ方式を採用しています。

他種類はソフトクリームを使用したソフトアイスコーヒーがあります。

どこのコンビニコーヒーがいいのか?

 正直どのコンビニコーヒーが良いのかわかりません。確実に言える事は人の味覚の差で善し悪しが決定される為です。

どのコーヒーも酸味を強調している所は少ないです。苦みもほぼ一緒だと感じます。

 では違いはあるのか?

そこに疑問が集中しますが、豆の焙煎方法やコーヒーの落とし方の違いのみなので、あえて言うなら、自分好みのコンビニコーヒーを見つける事です。

店舗数の多さではセブンイレブンとファミリーマートが優位だとは思いますが、ローソンやミニストップも味も価格もそん色は全くありません。

スポンサーリンク
コンビニのコーヒーってどこがおいしい?サイズや値段・味を比較!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事