ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

鍛える筋肉が全く異なる?体幹トレーニングと筋トレの違いとは

733a1ce32705b41863d986ffca093165_m

 プロスポーツ選手や女性芸能人の間で最近話題の「体幹トレーニング」。

サッカー日本代表の長友選手の書籍などは、有名ですよね。

 しかし、「体幹トレーニング」と聞くと、ハードな印象を持っている方や、体幹トレーニング=筋トレと思っている方が多いのではないでしょうか。

そこで、今回は話題の体幹トレーニングと筋トレの違いについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

体幹トレーニングと筋トレの違いとは

 体幹トレーニングと筋トレは、どちらも筋肉を鍛えるという意味では大差がありません。

しかし、鍛える筋肉が異なっているのです。

 「体幹」とは、人間の体の頭部と四股を除いた体のコアな部分を指し、胸や背中、腰回りなどにあたります。ここを鍛える為には「深層筋」を鍛える事が大切で、これはあまり見た目の筋肉にはあまり反映されません。

しかし、一般的な筋トレで鍛える筋肉は「表層筋」といい、手に力を入れた際などに、実際にピクピクと動いて見える筋肉です。

見た目の筋肉を重視したいという方は、一般的な筋トレの方が、効果が得られますよ。

体幹トレーニングと筋トレ、おすすめはどっち!?

 それでは、体幹トレーニングと筋トレ、どちらが良いのでしょうか。

それは、目的によって異なります。

スポンサーリンク

 見た目の筋肉大きくし、いわゆる「ムキムキ」の状態を目指すのならば、直接表面の筋肉に作用する筋トレをおすすめしますが、全体のバランスや体のライン等を気にするならば体幹トレーニングをおすすめします。

しかし、どちらか一方を重点的に行なったからといって、もう一方の筋肉が全く鍛えられていないわけではありません。

それでは、どちらもバランス良く鍛えるにはどのようなトレーニングを行えば良いのでしょうか。

実はどちらも全く別物ではない!?体幹トレーニングと筋トレ

 先ほど、筋トレで鍛えられるのは主に「表層筋」で、体幹トレーニングで鍛えられるのは「深層筋」というお話をしました。

しかし、だからといってもう一方の筋肉が全く使われていないわけではありません。

 と言うのも、「ベンチプレス」、「スクワット」、「デットリフト」などは代表的な筋トレメニューではありますが、ある程度体幹がしっかりしていないとできません。

 しかし、マシントレーニングは自力で行うトレーニングに比べると、どうしてもマシンの力に頼ってしまう為、自身でバランスを取るものが少なく、筋トレの効果の方が出やすいと言えます。

もし、見た目の筋肉よりもきれいなボディラインや全体に締まりを重視するという場合は、マシンに頼らないフリーウエィトで行うトレーニングをおすすめします。

その方が、体幹が鍛えられ、見た目の筋肉量は変わらなくても全体がきゅっと引き締まって見えますよ。

体幹トレーニングと筋トレの違い、いかがでしたか。

 直接作用する筋肉は異なるものの、どちらもそれぞれの良さを持つ体幹トレーニングと筋トレ。

筋肉量を増やす、からだを引き締める・・・どちらにしても大切なのは、「バランス」です。

バーベルやダンベルを使用した筋トレと、ポーズをキープし続ける体幹トレーニング、そして栄養バランスの良い食事を取り入れて、理想のからだを作りましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
鍛える筋肉が全く異なる?体幹トレーニングと筋トレの違いとは
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事