運動会で一等賞を取るためにやる!かけっこが速くなるためのコツ!

8665fb68ac4f52ee992955e4de5f2831_m

 お子さんはかけっこ得意な方ですか?まだ幼稚園や保育園くらいのお子さんでは得意も不得意も分からないかもしれません。

逆に言うと、コツをつかめばそれまで大してかけっこが得意ではなさそうなお子さんでも、意外と速く走れるかもしれないということです。

今回は少しでも早く走れるようにかけっこのコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

かけっこを速く走るためには

 幼稚園や保育園くらいのお子さんの場合、体育教室などに通っていない限りは走り方について専門的に教わる機会はないと思います。

おそらく個々に好きな走り方でかけっこしている場合がほとんどだと思います。

そこで、お子さんの走り方について下記をチェックしてみて下さい。

  1. まっすぐ前を向いて走る

     かけっこの時、お子さんはまっすぐ前を見て走れていますか?

     意外とよそ見していたり、近くで家族が見ていたりすればなおさら、そちらに気がとられてしまうお子さんが多いと思います。まっすぐ前を向いて走ることを教えてあげましょう。

    スポンサーリンク
  2. スタートの場所を再確認

     お子さんがかけっこをする時、スタートラインにしっかり立てていますか?スタートラインをはみ出したり、逆にスタートラインから二歩も三歩も後ろに立っている事があるかもしれません。

    小さいお子さんのかけっこでは、スタートの数歩の差で順位が決まることもあります。

    かけっこのスタートはスタートラインにしっかり立つ事を教えてあげましょう。

  3. ゴールの先まで力いっぱい走ろう

     お子さんによくありがちなのが、ゴールテープの手前で力を抜いてしまうことです。

    お子さんにはゴールの先まで力いっぱい走る事を教えてあげましょう。

かけっこにも体力が必要

 当然ですが、かけっこには体力が必要です。体力作りには、大人が行うような筋トレだけでなく、普段の遊びの中で楽しみながらできる体力作りもあります。

 普段室内で遊ぶ事が多いお子さんは室内遊びをお外遊びに切り替えるだけでも体力アップに繋がりますし、お外遊びが好きなお子さんは、遊びの中に鬼ごっこなどを取り入れてみましょう。

鬼ごっこは、お友達と楽しみながら速く走る練習にもなるのでおすすめです。

走ることを楽しもう

 速く走ることを意識するあまり、親御さんが上手く走れないことを叱ったり、マイナスな事を言ってはいけません。子どもは楽しみながら上達します。

叱られて楽しくないと思えば、走ることを嫌いになってしまいます。練習も焦らず親子で楽しみながら行いましょう。

小さい子どもに走り方を教えるのは言葉で伝えても難しいものです。

 親子で一緒に、実際に親御さんが走り方を見せたりして、楽しみながらかけっこのコツを教えてあげましょう。

スポンサーリンク
運動会で一等賞を取るためにやる!かけっこが速くなるためのコツ!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事