鏡餅はいつからいつまでかざるの?鏡餅のあれこれ!

もうすぐお正月!鏡餅の用意は出来ていますでしょうか。毎年何気なく飾っている鏡餅、何のために飾り、飾り終わったお餅はどのようにすればよいのでしょうか。

スポンサーリンク



鏡餅の由来

鏡餅日本では、お正月になると神様がおりて来て福を運んでくれると言われています。そもそも、お正月という行事は、新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事で、その時にお迎えした新年の神様が宿る場所が「鏡餅」ということなのです。では何故、鏡餅は丸いのでしょうか。昔は現代のように四角い鏡は一般的でなく、丸い枠に鏡が入っていました。円形の鏡は「三種の神器」の一つとして祭具として使用されており、特別な霊力を持つと考えられていたことから、現在でも神社の御神体として円形の鏡を祭っている所も多いのです。

鏡餅を飾る期間

鏡餅は一般的に12月28日に飾るものとされています。これは、8という数字が「末広がり」で縁起がよいとされているからのようです。さらに29日は9が「苦しむ」を連想させるため、避けられています。そして、お供えした鏡餅を下げるのは1月11日とされています。これは、ゾロ目で縁起がよいから、というのが理由のようです。この鏡餅を下げる日の事を「鏡開き」と言い、新年の神様が宿った鏡餅を家族で食べるのが縁起が良いとされているようです。

スポンサーリンク

鏡餅の余った餅のおいしい食べ方

ぜんざい鏡餅はいざ食べようとすると意外と硬くて切るのにも一苦労するものです。特に、生のお餅を丸めて鏡餅にした場合は、表面のみならず内部までカチカチになっていて包丁を入れられるような状態ではありません。水分が抜けてしまっているので、しばらく水につけておくという方法もありますが、電子レンジがある環境でしたら、水に濡らしてラップをし、電子レンジにかけるというのが一番手っ取り早く柔らかくなるでしょう。ただ、レンジに掛けている間も目を離さないでください。時間が長すぎるとすごい膨らみを見せて、結果水分が抜けすぎて硬くなった…という事もあるので、注意して見ていてください。
柔らかくなった鏡餅は、お汁粉に入れたり、お雑煮に入れたり、安倍川餅にしてみたり、お好みの食べ方で楽しんでください。
餅揚げまた、硬い状態の鏡餅を金槌や木槌でガンガン叩き割って細かくし、それを多めの油に入れて揚げせんべいを作ったりもします。揚げたての餅せんべいは香ばしくて、塩味にしてみたり、醤油味にしてみたり、砂糖醤油にしてみたりとこれまたお好みで楽しむことができます。

縁起物の鏡餅、ただただ飾っておくだけでなく、意味を知るだけで全然違うものに見えてきますよね。1月11日の鏡開き、神様の宿った福いっぱいのお餅を食べるのが今から楽しみになってしまいますね。

スポンサーリンク

鏡餅はいつからいつまでかざるの?鏡餅のあれこれ!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事