ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

サントリー工場見学!全国各地にビール・ウィスキー・ワイン工場が!学んで試飲できるお酒好きにおすすめ!周辺の観光地も紹介!

サントリー工場見学

 みなさんは工場見学に興味がありますか。普段何気なく食べたり飲んだりしている製品を間近で見れるのは、大人はもちろん、子供も楽しめますよね。

最近では、様々な企業が工場見学として製造場を一般の方向けに開放しています。そんななか、ひときわ人気を誇るのが、ビールで有名なサントリーです。

そこで、今回はそんなサントリーの工場見学の内容と見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

サントリー工場見学の内容

ひとことにサントリーの工場見学といっても、見学できるのはビール工場だけではありません。

サントリーでは、ビール工場はもちろん、ウイスキー、ワイン、天然水と4つの工場を見学することができるのです。それでは、順番にご紹介していきます。

サントリービール工場

 武蔵野(東京)、京都、熊本に工場を構えるサントリービール工場。それぞれの魅力をお伝えしたいと思います。

尚、熊本工場は現在、点検作業で見学不可のため、武蔵野・京都のみご紹介します。

武蔵野ビール工場

工場見学の内容

 武蔵野ビール工場はサントリー初のビール工場として、サントリーの代名詞とも言えるザ・プレミアムモルツ誕生の地でもあるのだとか。

工場見学は年末年始や工場休業日を除き毎日行われており、平日は10:00~15:15(最終)まで、土日祝日は10:00、11:00、14:00の合計3回実施。約70分間、ガイドさんによる解説付きの工場見学と試飲が楽しめます。

ビールの原料について学ぶとこから始まり、仕込みやパッケージングなども間近で見ることができます。

 その他、日にちや曜日限定ではありますが、ザ・プレミアムモルツ講座やマスターズドリーム講座(90分)も開催されていますので、気になる方はホームページをチェックしてみてくださいね。

工場見学の見どころ

 見どころは何と言っても貯酒工程のタンクの中を通って見学できるところ。参加者からも写真スポットとして好評のようですよ。

そして、見学を終えたらお待ちかねの試飲タイムです。注ぎたてのザ・プレミアムモルツは絶品ですよ。

予約の有無

ガイドツアーや各種講座ともに予約は必須です。電話の場合は前日まで、インターネットの場合は前日の12:00まで予約が可能です。インターネットの場合は事前に空き状況を確認することができますよ。
ガイドツアーの場合は店員が40名と限られているため、40名以上の団体でお申し込みの方は必ずお電話で予約をしてくださいね。
予約詳細 http://www.suntory.co.jp

お土産

 工場見学後の楽しみのひとつであるお土産。全工場を通じて人気の「工場直送ビール」(ザ・プレミアムモルツ12缶¥3180~)は定番の人気商品です。

そのほか、「ビール工場オリジナルモルトサブレ」(5枚¥598、16枚¥1790)や武蔵野ビール工場限定であるプレミアムモルツ、香るプレミアム、マスターズドリームが一度に楽しめる「プレモル飲み比べセット」(3本¥848~)もおすすめです。

周辺の観光地

 武蔵野ビール工場までは、新宿から特急で30分、最寄り駅である分倍河原からシャトルバスで10分です。

工場見学のあとは一度JR新宿まで戻れば15分もかからないうちに、皇居やルミネザ吉本など観光スポットも盛りだくさん。山手線を乗れば、原宿や表参道、渋谷までも30分以内で行けますよ。

京都ビール工場

工場見学の内容

 こちらも武蔵野ビール工場同様、工場見学は年末年始や工場休業日を除き毎日行 われており、平日土日祝日に関わらず、10:00~15:15(最終)まで実施。

その他、京都でも日にちや曜日限定ではありますが、ザ・プレミアムモルツ講座やマスターズドリーム講座(90分)も開催されていますよ。

工場見学の見どころ

 サントリービールの第2の拠点として1969年に京都府長岡京市に誕生した京都ビール工場。

見どころはなんといっても、各設備を間近で見られるところ。香ばしいホップの香り漂う空間で、ビールの知識も身につきますよ。

予約の有無

 こちらも、武蔵野ビール工場同様、ガイドツアーや各種講座ともに予約は必須です。

電話の場合は前日まで、インターネットの場合は前日の12:00まで予約が可能です。

予約詳細http://www.suntory.co.jp

お土産

 どの工場でも共通してかえる工場直送ビールはもちろんのこと、京都限定の間伐材を使用したコースター(¥530)やマグネット、箸置き(各¥430)がおすすめです。

京都工場でしか手に入らないこれらはビール好きに喜ばれること間違いなし。

周辺の観光地

 JR長岡京駅から無料シャトルバスで10分足らずの京都ビール工場。

工場見学後はぜひJR京都駅で降りて、京都の街並みを楽しむのがおすすめです。お時間がある方はローカル線に乗って嵐山まで足を伸ばせば、京都の雰囲気をより一層強く感じていただけます。

京都から嵐山までは、まず市営地下鉄で烏丸まで行き(所要時間約5分)、そこから阪急電鉄に乗り換えて15分ほど乗れば京都の風情が感じられる嵐山の景色が見えてきますよ。

サントリーウイスキー蒸留所

山崎蒸留所(大阪)

工場見学の内容

 有料の山崎蒸留所ツアーと無料の山崎ウイスキー館見学から成り立っている山崎蒸留所。山崎蒸留所ツアーツアーを申し込みの方はウイスキー館も見学できます。

スポンサーリンク

山崎蒸留所では、モルトウイスキーのこだわりにふれ、後半はお楽しみ「山崎」の試飲タイムも。山崎ウイスキー館では展示や様々なウイスキーがずらりと並ぶライブラリー、有料のテイスティングカウンターでの試飲を自由に楽しめます。

工場見学の見どころ

 日本初のモルトウイスキー所である山崎蒸留所。

見どころはなんといっても蒸留工程を間近で見れるところです。麦の香ばしくも甘い香りはウイスキー好きにはたまりません。

予約の有無

 山崎蒸留所ツアーと山崎ウイスキー館見学ともに予約は必須です。

予約は電話、もしくはインターネットで受け付けていますが前日までが期限です。

山崎蒸留所ツアーは9時50分から80分間、1人¥1000です。

予約詳細http://www.suntory.co.jp

お土産

 山崎蒸留所ツアー参加者だけがもらえる非売品の原酒はもちろん、いつものウイスキーがより美味しく感じる「ハーフロックグラス」(¥500)やウイスキーとの相性抜群な燻製おつまみ(¥790)はぜひとも買って帰りたいおすすめのお土産です。

周辺の観光地

 JR・阪急山崎駅から徒歩10分というアクセスの良さですが、見学後は30分足らずで大阪駅まで行けるため、大阪観光をするのがおすすめ。

大阪でしか味わえない話題のフードが盛りだくさんです。

山崎蒸留所のある阪急山崎駅から阪急に乗って梅田駅で下車。

さらに、地下鉄御堂筋線で10分足らずの心斎橋駅まで足を伸ばせば、串揚げやお好み焼きのお店、グリコの看板などディープな大阪の雰囲気が味わえます。

白州蒸留所(山梨)

工場見学の内容

 山崎蒸留所同様、有料の白州蒸留所ツアーと無料の場内見学、工場内に併設されている天然水工場の見学から成り立っている白州蒸留所。

こちらも前半はガイドによるツアーでそのこだわりに触れ、後半は非売品である白州を存分に楽しめるツアーです。

その他、無料で楽しめるところとしてはウイスキーに欠かせない天然水の製造過程が間近で見られるガイドツアーやウイスキー博物館でウイスキーの歴史に触れることができますよ。

工場見学の見どころ

 白州蒸留所の見どころはなんといってもその立地。

世界でもあまりない深い森に囲まれた蒸留所は豊かな自然とたくさんの野鳥が暮らす幻想的な空間です。

予約の有無

 白州蒸留所ツアーと南アルプス天然水ガイドツアーの予約は必須です。

予約は電話、もしくはインターネットで受け付けていますが前日までが期限です。白州蒸留所ツアーは10時30分から80分間、1人¥1000です。

予約詳細http://www.suntory.co.jp

お土産

 非売品の白州原酒はもちろん、樽材を使用した様々なアイテムはどれもウイスキー好きにはたまらない逸品です。

マドラー(\378)やコースター(\702)は、いつものウイスキーに華を添えてくれますよ。

周辺の観光地

JR中央本線「小淵沢駅」よりタクシーで約10分の白州蒸留所。

蒸留所見学のあとは、小淵沢駅から電車で20分の甲府駅まで戻り、そこから一度特急かいじに乗って大月駅で下車(所要時間約35分)、大月駅から富士急行に乗り河口湖駅まで行き(所要時間65分)、河口湖の周辺を散策するのがおすすめ。

時間はかかりますが、河口湖からの絶景は見もの。

天気が良ければ富士山の絶景ポイントで写真も撮れますよ。

サントリー 登美の丘ワイナリー

工場見学の内容

 季節ごとに変わるぶどう畑の様子やワインづくりを行う醸造所、さらにワインが眠る樽熟庫の見学や3種のワインのテイスティングができる有料ツアーとワインの知識やこだわり、ワインにあう食事の紹介などを丁寧に説明してくれる無料の講座からなるワイナリーツアー。

天気がいい日は富士山や甲府盆地が一望できる広々したロケーションは心も癒されますよ。

見どころ

 このワイナリーの一番の魅力はなんといっても歴史を感じる石造りのワインセラーです。

熟成を重ねるワインの樽貯蔵庫はぶどうの芳醇な香りが広がります。また、テイスティングカウンターでは赤白ワインはもちろん、貴腐ワインなども楽しめますよ。

予約の有無

 有料の登美の丘ツアーは有料のため、前日までに電話やインターネットでの予約が必須になりますが、講座は不要。

登美の丘ツアーは不定期開催になりますが、詳細はインターネットで確認でき、10:30~11:50、13:30~14:50の1日2回、1回80分じっくりと楽しむことができます。費用はおひとり様¥1000です。

講座は所要時間20分、無料で不定期開催のため、詳細は受付でお問い合わせされることをおすすめします。

予約詳細http://www.suntory.co.jp

お土産

 お土産はなんといっても登美の丘ツアーオリジナルワインがおすすめ。

自社農園のぶどう100%を使用したワインやおつまみも豊富に取り揃えています。まずは、「シャルドネ」(¥5400)と 「カベルネ・フラン 2012」 (¥4860)を試したいですね。

周辺の観光地

JR甲府駅からバスやタクシーで30分のため、ワイナリー見学後はそのまま甲府駅から河口湖の方へ行って観光するのも良いですが、新宿まで2時間もかからないため、1泊できるという方はぜひ東京の方まで足を伸ばしてスカイツリーや浅草など東京観光を楽しんでくださいね。

ワイナリーからだと甲府駅から特急かいじにて約95分で新宿へ到着。そこからスカイツリーまではJR中央線で神田まで行き、東京メトロ銀座線と東武スカイツリーラインを乗り継いでとうきょうスカイツリー駅にて下車。

浅草までも同じくJR中央線で神田まで行き、そこから東京メトロ銀座線にて浅草駅で下車。どちらも所要時間約25分で到着です。

まとめ

サントリー工場見学のみどころ、いかがでしたか。

ひとくちに工場見学といってもビールをはじめ、ウイスキーやワインなど様々なお酒を手掛けるサントリー。

その場でしか手に入らないオリジナルグッズや試飲ができるのも良いですよね。親しいご友人や職場の仲間など、次の休みは工場見学を楽しんでみてはいかがですか。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
サントリー工場見学!全国各地にビール・ウィスキー・ワイン工場が!学んで試飲できるお酒好きにおすすめ!周辺の観光地も紹介!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事