ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

車の傷を自分で修理する方法!必要なものと手順を大公開!整備工場に依頼する費用や期間はどのくらい?

7b89e822049fe15603a5a03cbca0232a_m

 車にうっかり傷をつけてしまったらどうしますか?

傷の状態にもよりますが、自分で直しますか?それとも業者に頼みますか?今回は、自分で修理する方法と、業者に頼む場合の費用や時間などについて比較してみます。

スポンサーリンク

車の傷を自分で修理する場合の修理方法

 車をこすった、あるいはバンパーがへこんだ場合、傷の程度によっては自分で修理することもできる場合があります。

業者に頼むと費用がかかるのが心配という人は自分で修理してみましょう。

用意するもの

  • パテ
  • 耐水サンドペーパー(150番、320番、2000番)
  • シリコンオフ(車のワックスを除去するため。)
  • 乾いたタオル
  • マスキングテープ
  • 新聞紙
  • サーフェーサー(パテを水溶液状に薄めた下地塗料)
  • ぼかし剤
  • ボディカラーにあった色の塗装スプレー

車の傷の修理の手順

  1. 車をざっと水洗いします。
  2. サンドペーパー150番で傷やその周辺を磨きます。
  3. パテで凹みを元の高さに戻す作業をします。凹みの中央は厚く、凹みの周辺部は薄く塗ります。
  4. パテが固まったら、320番のサンドペーパーで表面が滑らかになるまで研磨します。
  5. 車の傷の部分とその周辺を、シリコンオフを使い、オイルを抜き取ります。スプレーをして、そのあと乾いたタオルでふき取ります。
  6. 傷の部分をキレイに仕上げるためもう一度パテを盛ります。
  7. 2000番のサンドペーパーでパテを盛った部分にペーパー掛けをします。
  8. 修理部分を残して、マスキングテープと新聞紙をその周囲に貼りつけます。
  9. パテの部分が見えなくなるほどサーフェーサーを吹き付けます。
  10. 塗装面と周囲の塗装の段差がなくなるように、サンドペーパー2000番で磨きます。
  11. 塗装面とその境目まで十分ぼかし剤を吹き付けます。
  12. ぼかし剤が乾く前にカラースプレーで塗装します。
  13. マスキングテープを外し、一週間は塗装面を乾燥させます。


YouTube

スポンサーリンク

自分で修理するときの注意事項

  1. 練るタイプのパテは硬くなるスピードが速いので、手早く作業を行います。
  2. パテを盛りすぎると、後にサンドペーパーで磨く際に、とても苦労することになるので、量はほどほどにしましょう。
  3. サーフェーサーやカラー塗装をするときは、一度に塗らずに何回かに分けて塗るようにします。一挙に塗ると、塗装剤が垂れてしまったり、乾くのが遅くなってしまいます。
  4. ボディとスプレーの間隔は、遠すぎても近すぎても良くありません。15㎝ぐらいが目安です。

業者に頼む場合の費用や時間

6bde2306cea2a5df686848ab44625520_m

 相場は一般車と、外車や珍しい車では費用が異なってきます。またディーラーとカーショップでも値段が異なることがあるようです。

ディーラーは基本的に外注委託して修理することになるので高くなるようです。

費用の相場(一般車)

ドアの塗装 4万円前後
フロントフェンダーの塗装 3万から4万
バンパー 交換:15万位 修理:2万5千円~4万円ぐらい
ボンネット塗装 4万~5万円 損傷が内部まで及んでいる場合10万円以上
線状の凹み 約1万円
こすった程度の傷 ミラー5千円~
フロントバンパー1万円~

修理の期間

些細な傷やへこみなら3日から1週間程度

少々目をひく傷 1週間から2週間

この期間が目安となります。整備工場によっては、手が付けられない状態だったりすると長くかかる場合もあります。

整備工場に依頼する場合は、代車を借りれるか確認してから修理に出すようにしましょう。

まとめ

 自分で修理する方法と、業者に頼む場合について比較しましたがいかがでしたでしょうか?軽い傷なら自分で直すほうがはるかに安く上がります。

ただし、手間がかかるので時間のない方には向いていません。早く、確実に直したいときは業者に依頼する方が良いですね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
車の傷を自分で修理する方法!必要なものと手順を大公開!整備工場に依頼する費用や期間はどのくらい?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事