ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

カブトムシやクワガタを採取する際効果的な罠(トラップ)!

05727dc0f191c69cf43aa8cb834ad3f1_m (1)

 日本の夏の風物詩と言っても良いくらいの昆虫それはクワガタ。カブトムシも人気があるが、クワガタの魅力はなんと言ってもあのハサミ見たいな大あごです。

あのハサミで相手を挟みこんで投げるそんなシーンをTVなどで見たことがある方もいると思います。そんなカッコよく力強いクワガタを採取する為の罠(トラップ)について紹介します。

スポンサーリンク

クワガタを採取する為の罠の種類

 クワガタだけでなくカブトムシなどにも効果があると言われているトラップですが、実際は本物の樹液に勝る事はありません。

自然の生き物に人工的に作られた物は、クワガタやカブトムシにとってはA級グルメではなくB級グルメと思っていた方が良いでしょう。

外灯採取

 これをトラップと言えるか分かりません(自分で仕掛けたものではないため)道を照らす為の外灯によってきて落ちて来る所をゲットする方法です。

街中の外灯でもまれにクワガタやカブトムシは確認されます。山の中にあるぽつんと1本だけ立っている外灯が最高です。が非常に不気味です。

樹液採取

 これは完璧にトラップではありませんが、クワガタを見つけるには一番の方法です。

クヌギの木をじっくり観察し、樹液が出ているかどうか確認します。上から下へとゆっくりと木を一周しながらじっくり観察します。樹液が無ければ次の木の観察に移ります。

 この繰り返しがクワガタゲットへの近道なのです。樹液採取する場合はクワガタだけに注意が行きがちになりますが、スズメバチも樹液に集まるので注意必要になります。また樹液が出ている木は道からすぐの所に結構あったりします。

果実トラップ

6a1f9b7f439890080b6c23170b3eeebb_m

 果物を発酵させたものを木に括り付けたり、塗ったりして昆虫をおびき出します。一番知られている方法としては、バナナトラップと言う方法です。

バナナトラップ

  1. バナナを実と皮に分けます。
  2. 細かくした実に焼酎を適量混ぜます。
  3. 更に砂糖を大さじで2~3杯振りかけます。
  4. ドライイーストを大さじ2~3杯振りかけます。
  5. 全てが混ざり合うように良く混ぜ込みます。
  6. チャック付きのビニール袋(ジプロック)に混ぜたバナナの実と皮も入れ発酵させます。
  7. 日光の当たるベランダで発酵させます。袋が膨らんだら一度空気を抜き更に発酵を促します。
  8. バナナが黒ずんで臭いも出てきたらバナナトラップのエサが完成です。
  9. 夕方、下見していた木に塗り付けます。最低二時間は放置してクワガタが着ているか確認します。

 ストッキングや洗濯ネットにバナナトラップのエサを入れて木にくくり付ける方法もありますが、回収しなければならない手間を考えると、木に直接塗った方が後々楽です。

スポンサーリンク

このバナナトラップにはクワガタやカブトムシの他にスズメバチやムカデなども集まるので採取する時は注意してください。

ライトトラップ

 外灯採取の進化版と言った所です。虫を採取するためだけにライトを設置します。下から上に照らせる位置にライトを設置しますが、民家を照らしたり発電機を使った騒音などで他の人に迷惑がかからない様に配慮してください。

このライトトラップは飛翔する昆虫が集まり易い為、目的のクワガタが確実に集まる訳ではありません。他の昆虫が飛翔してきた場合に無暗みに殺傷することは自然破壊に至りますので辞めてください。

昆虫採取方法やトラップについて紹介しましたが、各人が編み出したトラップなどもあると思いますので一般的にこの4つの採取方法が知られています。

こんな事はしてはいけません。

 一時期オオクワガタが黒ダイヤと言われていた時期に、1匹あたり数万円の取引がされていた事もあります。

この時にお金の為に何の知識もない侵奪者の方々に雑木林や森林を破壊されてしまった事がたたあります。

またその方法で現在も行っている方々もいることに驚きを隠す事が出来ません。

1.昆虫がいそうな木の洞に発煙筒を入れて煙で燻して洞から昆虫を這いださせる方法

 洞の奥にいるクワガタを捕まえる為に煙で燻り出す方法ですが、実にこれはやってはいけない方法です。

煙で燻す事で、この木からは二度と樹液がでなくなり、クワガタ以外の虫さえも集まらなくなってしまいます。

2.クワガタが隠れていそうな木に出来た皮の隙間を剥がす

これはクワガタの隠れ家を奪うだけでなく、その木自体をダメにしてしまう可能性があります。木の皮を剥ぐ行為は森林破壊の一環として捕えてください。

3.木の根元を掘りかえす

この行為自体は昆虫を探す為に行うのですが、掘ったら掘りっぱなしではなくきちんと埋め戻す事が重要です。

埋め戻さないと昆虫の隠れ家を奪う事になります。埋め戻さない事で木の根にダメージを与えることにもなりかねない為です。

4.果実トラップを仕掛けて回収しない。

ストッキングに入れた果実トラップを回収しないで放置することは、自然にゴミを捨てている事と同じ行為なので、ストッキングなどのトラップを仕掛けた場合は確実に回収しましょう。

5.ゴミを捨てない。

 山や雑木林の中を進み入る訳ですから、ゴミを捨てる行為はやめましょう。これは人としてのモラルに反する行為です。

まとめ

クワガタを捕まえる為の方法やトラップについて紹介しました。クワガタやカブトムシは夏には必ずと言っていいほど見かける昆虫でしたが、モラルのない方や宅地開発などで雑木林や里山の現象によって見かける率が減っています。

一度いなくなった物はもとには戻ってはこないのが自然のルールです。昆虫採取に行かれる時はむやみに採取するのではなく目的を決めて行う事と自然のルールを守ることが大事です。

採取したカブトムシやクワガタを育てよう!
カブトムシの育て方
クワガタの育て方
スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
カブトムシやクワガタを採取する際効果的な罠(トラップ)!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事