ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

夜になると眠れない!原因はストレス?不安?それとも・・・

5bbe727f9a13638380d0eb3610a67836_m

 仕事から疲れて帰ってきたにも関わらず、布団に入ってもなかなか寝付けない・眠れないと言う方は大勢いる事野ではないでしょうか。

疲れているのに眠れないなんて、イライラしちゃいます。早く寝て疲れを取りたいのに眠れないなんて最悪に気分が悪いものです。次の日の仕事にも影響が出てしまいますよね。

では、「全く眠れな~い」から、「あ~良く眠れた♪」に変えられるのでしょうか?

スポンサーリンク

夜眠れない原因を探そう

寝れないと言う方のほとんどが口をそろえて言うのが、

  1. 眠りたいのに眠れない
  2. 夜中に何度も目が覚めてしまう。
  3. 朝方にやっと眠れる。
  4. 眠れても疲れがとれた気がしない。

この4点が大きな分類になります。では、この悩みを解決するにはどうしたら良いでしょう?

日本人の5人中1人が睡眠に何らかの問題を抱えていると言われています。先ほどの4点の原因を探ってみると様々な原因が分かってきます。

ストレスが原因

心配事やストレスで脳が活発に動いてしまう事が原因です。

自律神経が乱れてリラック状態になる副交感神経より脳が活発に動く事でアドレナリンが分泌されて交感神経が刺激されてしまいます。

そうなってしまうと眠る事は出来なくなります。

眠れないと言う不安が原因

眠らなければいけない、から眠れなかったら に切り替わると不安や恐怖が生じる事になり、リラックスすることが出来なくなってしまい更にその悪循環が続いてしまう。

カフェインが原因

コーヒーやお茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは覚醒作用が働くので睡眠の妨げの要因になります。

またカフェインには利尿作用を高める効果があるので、夜中に何度も目が覚める原因を作ってしまいます。

運動不足

夕方から夜にかけて体温が下がれば下がるほど寝付きが良くなります。

体温が下がり始まる前までに運動などをして体温を上げておくことが重要になります。体温が高い状態と低い状態の落差が大きいほど眠りにつく事が早くなります。

代表的な原因を上げてみました。自分はどの様な感じで眠れないかを理解する事で眠る事が出来るようになります。

眠ることが出来ないとどうなるのか?

人間の人生の内1/3は眠っていると言われています。では眠れないことで引き起こされる事はあるのでしょうか?

脳機能・運動能力の低下

不眠の状態が3日以上経過すると精神や肉体に異常が出始める。

気分が落ち込んだりイライラしたりと精神が不安定になります。記憶力の低下と脳の機能の低下・運動能力の低下がみられます。さらに症状が進むと幻覚が見えたり、被害妄想が激しくなるなどの異常が現れます。

不眠の状態が9日以上経過すると、人としての正常な行動が出来なくなる。

スポンサーリンク

体の震えが止まらない・会話が成立しない・表情が無くなるなどの人としての行動が取れなくなってしまいます。

眠れない状態が続く場合の人間の行動

  • 怒りっぽくなる
  • すぐにイライラする
  • 集中力が無くなる
  • 社交的でなくなる
  • 暴力的になる
  • 幻覚をみるようになる

などさまざまな脳の機能の低下が原因による症状があらわれます。こうなると精神的に異常をきたす事になるので、精神科医への受診が必要になってきます。

眠れないから快眠に改善する方法

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_m

眠れないからいろいろ試してみますが、どれもなぜかイマイチと感じている方も多い事でしょう。ではどうすれば眠りに就くことが可能なのでしょうか。

1.呼吸を意識する

眠れない・眠らないといけないなどと考えてしまうと余計に交換神経を刺激してしまいます。

そんな時には何も考えずに目を閉じで鼻で息をする事です。

鼻呼吸は睡眠の質を高かめたり、寝付きの改善にもつながる効果があると言われています。

温かい飲み物をのむ

温かいからと言ってコーヒーやお茶はNGです。

この時にはミルクやココアが良いとされています。ミルクには神経の高ぶりを押えてくれる効果があり、ココアには抗うつ作用や幸福感を満たす作用が含まれています。

温かい飲み物でホッとする事がリラックスへつながるのです。

アロマオイル

アロマオイルを焚くことで精神的作用に効果があるとされています。

特にオレンジ系の香りは神経の高ぶりを納めてくれる効果があると言われています。ラベンダーは感情を穏やかにさせてくれる効果があります。どちらもリラックス効果をねらっています。

本を読む

意外と思うかと思いますが、夜、本を読む事で脳がリラックスすると言う事です。自分の好みの本でいいのですが、違ったジャンルを読むのも脳を休ませるという意味では効果的です。

電気は暗めではなく明るめを照らしまだ起きているぞと脳に働きかけ脳を騙して眠気を誘うという方法もあります。

今回は4つ快眠出来る方法を紹介しました。改善が見られない場合は、睡眠外来がある病院を受診することが大事です。

改善方法で今日は快眠してストレスも発散しよう

人が眠ると言う事はかなりのストレスを発散することが可能になります。ストレスが発散することで、さまざまな精神的な状態から回復傾向になります。

眠れない状態は、日ごろのストレスがうまく発散しきれていない事が作用されて不眠と言うスパイラルに陥ってしまいます。

いかにどれだけ心をリラックスすることが快眠への近道と言う事になります。せめて自宅に帰ってきた時には、眠るまでの間にどれだけリラックスできるかがカギになります。嫌な事を忘れることはできないでしょうが、いろいろな方法を試してみるのもいいものですよ。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
夜になると眠れない!原因はストレス?不安?それとも・・・
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事