ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

なぜ消化不良は起こるのか?原因を特定して辛い胃もたれも解消しよう!

3af5d98d38a31625d9aa27cfcf185fef_m

 あなたは胃もたれなどの経験はないでしょうか?もしくは、食欲不振になったりしたことはありませんでしょうか?

これらは、消化不良によって見舞われる体調の変化になります。普段の食生活が原因であったり、暴飲暴食、ストレスなどでも起こりうる消化不良。

今回は消化不良の原因についてまとめていきます。ご自身の生活を振り返る材料にしてみてください。

スポンサーリンク

消化不良とは

 私たち人間が食べたものは胃腸のはたらきや消化酵素のはたらきによって消化されます。そして、吸収されやすい形になります。

消化器官や筋肉、神経などが病気にかかっていないのに食欲不振や吐き気などが慢性的に現れるのが消化不良と言われています。

慢性的ではない消化不良も当然あります。他には、病気による消化不良はありますがこの場合、病気を治す方が先になります。ですので、今回は病気が原因ではない消化不良についてになります。

消化不良になると現れる症状

それでは、消化不良になるとどんな症状が現れるかをみていきます。以下に、挙げられる症状がそれになります。

  1. 食欲不振
  2. 口臭
  3. ゲップ
  4. 吐き気
  5. 下痢や便秘
  6. 胃もたれ      など

慢性的な消化不良になると以下の症状が挙げられます。

  1. 頭痛
  2. 疲労
  3. 体重激減
  4. 貧血
  5. 胃下垂         など

代表的な消化不良の症状は以上のようになります。慢性的なものが進行していくと病気にもなり易くなりますので、原因を把握して対策していかなければなりません。

消化不良になる原因

先にお伝えしたような症状になるには当然、原因があります。知らず知らずのうちに原因となる行動をしているかもしれません。確認してみましょう。

  1. 加熱食品を食べる事が多く、生野菜や生肉を食べる事が少ない。
  2. コンビニ弁当や外食が多くなりがちである。
  3. 毎食の食事量が多い。
  4. 飲酒や喫煙の習慣がある。
  5. マーガリンをよく使う。(動物性たんぱく質、動物性脂肪をよくとる)
  6. 様々な豆や種を食べる。
  7. 甘いものをよく食べる
  8. 食事の時間が夜10時以降になってしまい、その後すぐ寝てしまう。
  9. 暴飲暴食
  10. 過労やストレス

以上の様な原因が挙げられます。食べ物で消化に悪いものを摂取することによる原因や過労、ストレスなども原因になります。

過労やストレスが重なると胃腸の機能低下などから消化不良を引き起こしやすくなります。

スポンサーリンク

消化不良を防ぐには

ff9b91e6c4638b7aa71ca9ee695d2feb_m

 消化不良の原因は様々ある事は分かってきたと思います。では、消化不良を防ぐにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?まとめていきます。

健康的な食事を意識する

朝、昼、晩の3食を規則正しく、同じ時間帯でとることによって胃腸の活動が健康的になります。

固い食べ物や油っぽい食べ物は消化に時間がかかりますのでできるだけ避けましょう。煮込むなどの工夫で消化が良くする工夫しましょう。

そして、食べる時も急がずゆっくりと噛んで食べる事を心がけましょう。

食べすぎや飲みすぎに注意する

食べ過ぎや飲みすぎは胃腸に負担をかけます。消化不良の原因になると言えます。

腹八分目を心がけて焦らず、しっかりと噛んで食べる事を意識してくださいね。脂や脂肪分の多い食べ物の摂取には注意することも必要です。

心身ともに疲れを溜めない生活をする

過労やストレスも消化不良の原因でありました。ですので、その日の疲れはその日のうちにしっかりと取るように心がけましょう。

定期的な運動、趣味などでリフレッシュなどを行ってみましょう。寝る前にストレッチをしたり、疲れた日はぬるめのお湯に少し長めにお風呂に入るのも良いでしょう。

食後は休憩をとる

食べ物を消化するには胃腸のはたらきを助けるために多くの血液が必要になります。

食後にすぐ仕事をしたり、お風呂に入ったり、運動をしてしまうとそちらに血液がまわってしまいます。ですので、食後30分くらいはゆっくりと身体を休めて、消化を助けてあげましょう。

消化不良の症状が現れたら

消化不良の症状が現れたら以下の様な対処をしてください。

胃腸と身体を休める

まずは、胃腸と身体を休めるために睡眠を十分にとりましょう。そして、豆腐や白身魚や鶏肉を食べるなどして消化に良いものを食べましょう。

下痢の症状がある時は、脂っこい食べ物、繊維が多い食べ物は避けて胃腸を刺激しないようにしましょう。

市販薬を使う

胃腸や身体を休めても消化不良の症状が改善されない時はドラッグストアなどから市販薬を買って飲用してみましょう。

そして、胃腸のはたらきを助けてあげましょう。症状によって買う薬も変わってくるので相談してから正しい薬を買いましょう。

病院で検診を受ける

消化不良も慢性的なものになり、症状が続くようだったら病院で診てもらう方が良いでしょう。放置しておくと癌になる可能性もあります。軽視せず病院に行きましょう。

いかがでしたでしょうか?

消化不良になる原因は様々あります。しかし、食生活などでよく取りがちな行動が原因であることが多いですね。暴飲暴食は真っ先に思いつきますが、具体的な食べ物にも気を付けなければいけません。

そして、規則正しい食生活と、食後の休憩などを意識していきましょう。これをきっかけに、あなたの食生活を見直してみませんか?

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
なぜ消化不良は起こるのか?原因を特定して辛い胃もたれも解消しよう!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事