ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

【厳選】絶対おもしろい自由研究実験キット5選!

f5560b701f4f8a8baeebf4023d42f2f7_m

 夏休みの自由研究は何にするか、悩みどころですよね。

そんなときに便利なネット販売している自由研究キットについて調べてみました。沢山ありますが私が気になった物、子供と楽しく学べそうな自由研究キットをご紹介します。

スポンサーリンク

1つで5つの実験ができちゃう!

この実験キット一つでなんと5種類の実験に挑戦できるのです。お得な実験キットになっています。

このキットの実験内容は、

  1. スライム作り
  2. スーパーボール作り
  3. チーズ作り
  4. 中和
  5. ダイラタンシー(物体の内部に力がかかり、液体の状態から固体に変化する現象)
家庭で用意するのも

  • 片栗粉(コーンスターチでも可)
  • 牛乳
  • お酢(レモン汁でも可)
  • きれいな布
  • 重曹

だけです。家にある物でできるのもいいですね。

Color Lab 色の科学実験セット

この実験キット一つで色の実験が6種類もできます。色水を混ぜていろんな色を作ったり、ピクチャーシートを重ねてカラー写真を作るなど、色の不思議を解き明かす実験ができます♪色彩活用研究所サミュエルの監修のもと、子供向けの色彩学も紹介しています。

実験内容は、カラーブレンダー(色作り―混色実験)、明るい色と暗い色、あざやかな色とぼやけた色、10000色の色作り、色が変わる不思議な紙、なんで?どうして?ミラクルピクチャーです。沢山の色の実験で親子でも楽しめると思います。

不思議実験セット 初めての手触り!水がつかめる 触れる図鑑 つかめる水キット

こちらは現在かなり人気の商品だそうです。これは元々ペットボトルをなくすという目的で開発されたOoho!(ダブリュオウホウ)の実験キットになります。

スポンサーリンク

こちらはつかめる水を作るキットですが、付属の本がついていて内容は、つかめる水をつくろう!、なんでつかめるの?、いろんな遊びをしてみよう!です。

いま注目されているこのつかめる水で、いろんな実験をしてみてはいかがでしょうか?

レンジでかんたん オリジナルせっけん手作りキット クリアソープ

レンジで簡単にオリジナル石けんが作れるキットです。こちらの成分はグリセリン石けんなのでお肌にやさしく、子供の肌でも安心ですね。

自分で作った石けんで自由研究にして、さらにその後も石けんとして使えるのもいいですね。

レビュー情報ですが、付属の型がけっこう堅い用なので、シリコンの型を買うといいそうです。楽しくつくって使えるものなのがいいですね。

マルコメ オリジナルみそ手作りキット

すぐに簡単に味噌を仕込める、手作り味噌キットです。説明書の他に、観察ノートも入っていますので自由研究や食育に使うことができます。保存容器にオリジナルラベルを貼ってオリジナル味噌を作れます♪

自分のオリジナルで作った味噌を食べられるのもいいですね★自由研究でこのお味噌をつくって、作ったお味噌で料理を一緒に作ってみるのもいいかもしれませんね♩

自由研究のまとめ方(書き方)

自由研究を何にするか決まり、調べることができたら、最後にレポートにまとめましょう。

  1. 研究のきっかけを書く  →  どうして調べようと思ったのかを書く。
  2. 調べたいことを書く  →  何を調べたいのかを書く。
  3. 予測したことを書く  →  調べる前に自分で結果を予測して書く。
  4. 用意した物を書く  →  実験に使った道具や材料を書く。
  5. 方法を書く。  →  どのように調べたのか方法を書く。
  6. 調べた結果を書く。  →  実際に調べてどのような結果になったのか書く。
  7. わかった事、反省をしたことを書く。  →  実際わかった事、考えを書く。
  8. 参考にした物を書く。  →  参考にした資料や本があれば出版社名なども書く。

自由研究をわかりやすくするポイント!

  • 題名と自分の名前の記載もちゃんとしましょう。
  • 見た人がわかりやすいようにイラストや写真を貼ったりしましょう。

最後に

自由研究の実験キットは多く出ています。お子さんの夏休みに自由研究の宿題に使ったり、単純に家族で楽しんだりと遊ぶ幅は大きく広がります。

みんなで楽しみながら実験してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
【厳選】絶対おもしろい自由研究実験キット5選!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事