ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

進化するテレビ市場2020年東京五輪までに8K対応なるか

TVの種類でよく聞く4Kとは、4K解像度のことです。4K2Kと呼ばれる事もあります。約4000×2000ドット前後の解像度を示す表現だからです。通常、2Kはフルハイビジョン、4Kはウルトラハイビジョン、8Kはスーパーハイビジョンの名で親しまれています。これから先、テレビ市場はどのような進化を見せるのでしょうか。

スポンサーリンク

主流化してきた4Kテレビ

4Kテレビとは、フルハイビジョン(約207万画素)の4倍の約829万画素の緻密な画素数で滑らかな映像表示ができるテレビのことです。従来のテレビと比べて、細かい文字も映像の細部も、ハッキリと再現できて見やすく、迫力や臨場感にあふれます。テレビ受像機としては2011年12月に東芝が世界で最初に商品化しました。
解像度違い

価格と特徴

家電各社が、画面のサイズと搭載ラインアップによって違うモデルの4K液晶テレビをたくさん出しています。

  • 東芝 レグザ
    40インチの¥138,000から84インチの¥1,494,000
  • パナソニック ビエラ
    40インチの¥111,894から85インチの¥1,498,000
  • ソニー ブラビア
    55インチの¥263,728から85インチの¥1,769,999
  • 三菱電機 リアル
    58インチの¥342,858から65インチの¥499,800
  • シャープ アクオス
    40インチの¥135,000から70インチの¥348,000
  • LG スマートテレビ
    49インチの¥139,798から65インチの¥387,500

色彩と奥行きの素晴らしい効果は、どのメーカーも折り紙付きです。従来のテレビのように、自然を見るならとか、バラエティを見るなら、との違いはあまりないようです。

スポンサーリンク

しかしその中にあって、とくに三菱電機リアルのLS1シリーズは、本格的なサイド・スピーカーが奏でる、その音がすばらしい、と絶賛する人たちがいますが、同様にソニーのブラビアの音響も人気があります。パナソニックはビエラで技術を磨いて自然な映像を目指しています。

そして、2013年度売上の75%シェアを獲得したとされるソニーは、4K液晶テレビの高画質化に全力を注いで、ブラビアはハイエンドモデルとも言われます。そして、東芝のレグザは映像処理を進化させ、価格設定も含めて国内向けモデルとしては機能、画質の両面で一番無難な製品になっています。

8K次世代型テレビ

日本で、8Kは2016年に試験放送を開始し、2020年の東京五輪までの本放送を目指しているようです。8K普及にともなってそれに見合った放送体制が必要になっていま。しかし、8Kにおいても同じように放送体制とその関連技術の高度化が必然になります。

また、4Kや8Kを凌ぐ超次世代型テレビと言われるビー玉テレビジョンも筑波大学で開発されています。専用めがねをかける必要の無い立体3Dテレビも開発されています。そして、これからはテレビの視聴もクラウド化するのは時間の問題と言われています。

テレビもいつかはインターネット化して、アップルのiTVのようなものも多数出てくるのでしょう。そのような時代に入った時は、テレビ局や放送体制についての考え方も変わってくるものと思われます。その時、テレビ受像機の性能がどのように進歩をとげているのか、楽しみです。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
進化するテレビ市場2020年東京五輪までに8K対応なるか
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事