ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

家族葬の費用や地域の挨拶など注意することは?メリット・デメリットを知ろう!

146354d1ebeb42b82cca61cd5c9166f1_m

季節の変わり目や夏場の暑いとき、冬場のもっとも寒い日などに葬儀が行われる事が多く感じます。

このような季節の節目で人を含む生命が生まれたり、寿命をまっとうしていくのだと思います。そんな人生の終わりをあなたはどう旅立ちたいですか?大勢に見送られて?それとも家族だけ?

スポンサーリンク

家族葬とは?

家族葬とは最近の葬儀の中でも比較的新しいスタイルの葬儀です。身内や親族等の内輪だけで行う葬儀のことを言います。

家族葬が広まった理由

  1. 高齢化に伴い、職場や会社から定年退職してから死亡するまでの期間が長くなるにつれて、職場関係や会社関係の参列が減って家族や近親者のみの葬儀が増えています。
  2. 高齢者の中には高齢者施設で亡くなり方も増えており、訃報も通知する相手も少なくなります。結果、自然と家族や親族のみの葬儀となり家族葬になります。

家族葬は一般的な葬儀の流れでも行う事ができますが、基本的に家族や親族といった身内のみの葬儀ですので、形式的にとらわれず故人との最後の時間を費やすような物でもかまいません。

家族葬の通知

家族葬はまだ世間一般的には、知られていない所もありますので、それなりの対応や心構えが必要です。

家族葬でする事を決めた場合には親族には、いつどこで、どの様な形式で行うのか等を電話で連絡をします。

ここで注意しなければならないのが、故人とお付き合いのあった方や故人がお世話になった方や近所の方々などに対して連絡のとり方になります。連絡の方法は、取り急ぎ電話で行う事となります。

近所の場合は自治会に加盟している場合は、班長又は組長に連絡をしてください。

伝える内容

  1. 故人が亡くなったこと
  2. 亡くなった日時
  3. 家族葬で行う事
  4. 香典は辞退したいと言う旨

遺族の中には、葬儀全てが終わった段階で、故人と親しかった方や故人がお世話になった方などに書状で知らせる事が多くなっています。

家族葬のメリットデメリット

一般の葬儀とは若干葬儀の進行の流れが違う家族葬ですが、遺族が故人への思いを最後まで伝えるのに行われる葬儀です。

ただ家族葬にもメリットやデメリットが存在する事を忘れてはいけません。

家族葬のメリット

①故人とのお別れがゆっくりとできる。

参列者は近親者のみがほとんどのため、会葬者への対応が少なく、心身の負担が少なくゆっくりと故人を偲ぶ事ができます。

②費用を抑える事ができる

家族葬は遺族や親族・友人など関係者に近い方の少数で行われる葬儀なので葬儀会場や祭壇などをコンパクトにする事ができます。

スポンサーリンク

また香典返しや会葬品や料理などが少なくても大丈夫なため、高額な費用が発生する事がありません。

③手間がかからない

家族葬は、葬儀の準備や参列者も身内がほとんどですので、弔問客への対応が少なくなります。

身内しか葬儀にいないので、他人に気を使う事が無く、葬儀の全体的な手間が少なくなります。

家族葬のデメリット

①葬儀後の弔問客への対応

家族葬で葬儀を家族や身内だけで執り行うのがほとんどですので、外部の人は故人とのお別れができません。

そのため、葬儀終了がら弔問に訪れる場合が、かなり多くあります。その為対応が迫られます。しかし、弔問客が来てくれるだけでも有りがたいことなのです。

②親族への理解度

親族の中にはお葬式と言えば一般的な葬儀をと考えられている方も多くいます。そこで問題となるのが家族葬への理解度です。

故人の遺志といえばそれで済んでしまいそうですが、やはりきちんと納得がいく説明をすることで、わだかまりなく葬儀が終了できるはずです。

③葬儀の進行

葬儀社を利用する場合には葬儀社のプランで家族葬を行ってもいいですし、事前に遺族間でこんな風にしたいと話あって決めた方が良いです。

最悪な場合、式が淡々と進んでしまいあっけなく終了と言う形になってしまう事も考えられます。

家族葬の費用はどのくらいかかるのか?

やはり、気になるのは葬儀の費用です。家族葬とはいえやはり葬儀社や住職や会場費など様々な金額がかかってきます。

葬儀社よっては家族葬のプランで大きく費用も違うので、見積もりをもらってどの内容の物が良いか検討する事が望ましいです。葬儀社も一応は企業なので、利益をださないといけませんからね!

家族葬の費用

  1. 通夜・告別式無し(家族のみでのお別れ) 
    20万円程度(お別れ・納棺・火葬などに必要な費用一式を含んでいます。)
  2. 通夜なし・告別式あり
    30~40万円程度(お別れ・納棺・火葬などに必要な費用一式を含んでいます。)
  3. 通夜・告別式あり
    50万円以上(お別れ・納棺・火葬などに必要な費用一式を含んでいます。)

この3点は葬儀社を使用した場合に、葬儀社に支払う費用になります。その他にかかる費用はお寺に関する費用と会葬品や飲食代と言う事になります。

お寺に支払う費用

  1. お布施(お経を読んでもらう金額)
    15万円(告別式)+3万円(お通夜)=18万円
  2. 戒名料
    10万円~(心付けとしての金額です)
  3. 会葬品
    5000円/人(親族のみ20名とした場合10万円程度)
  4. 飲食費
    一般的な費用は40万円かかりますが家族葬なのでここまでの費用は掛かりません。

家族葬費用はトータル50万~100万円前後を見越しておいた方が良いでしょう。

費用の事ばかりではいけません。

家族葬のメリットやデメリット・費用について紹介してきました。確かに残された家族にとっては今後の事もあるので、できる限りは費用を押えた気持ちは理解できます。

費用を安く押えて後々後悔する様なことであってもいけません。後悔すると言う事は故人を引きとめてしまう事になってしまいます。

あらたな旅立ちと思って故人を偲びながら快く送り出す事が望ましいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
家族葬の費用や地域の挨拶など注意することは?メリット・デメリットを知ろう!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事