ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

鼻うがいの正しいやり方と注意点

 鼻うがいとは、鼻から塩0.9%くらいの食塩水などを流し込んで、鼻の奥を洗い流す鼻洗浄です。

初心者は鼻から出しますが、慣れてきたら口から出すようになります。耳鼻科などでは行われていたのですが、一般家庭では10年ぐらい前から徐々に普及してきています。

鼻うがいをすると、鼻の中のホコリやウイルス、膿を取り除ける他、鼻風邪、花粉症・蓄膿症・鼻炎の対策にもなりますし、鼻の中にたまっている膿や老廃物が洗浄されるので、鼻の形がスッキリして見えたりもするようです。特に、花粉症対策などの鼻ずまりに効果があると言われています。

スポンサーリンク

鼻うがいの方法

用意するもの

 まず、ぬるま湯と塩をよくかき混ぜて生理食塩水を作ります。

0.9%の生理食塩水とは、1リットルのぬるま湯に9グラムの塩を溶かしたものです。ぬるま湯は、一度沸騰して殺菌をしたほうが安心です。

そして、雑菌が繁殖すると危険ですから、作り置きはしないほうが無難です。できたら、専用器具の購入をお勧めします。

3-4 鼻うがい

鼻うがいイメージ図

スポンサーリンク

正しいやり方

  1. 洗面器に顔を近づけて、左の鼻の穴を押さえ右の穴から食塩水を入れます。
    喉を締めるような気持ちで吸い込まないと、鼻から入ってきた塩湯を飲んでしまいます。
  2. 軽く鼻で息を吐いて、食塩水を鼻から出します。
  3. 今度は逆の鼻の穴を押さえて、同じことを繰り返します。

 これを3、4回繰り返します。食塩水を鼻から出し終わったあと、軽く鼻をかみますが、食塩水が入ったままですと炎症のもとになったりすますから注意してください。

注意点

  • 細菌はわずかに道水にも含まれています。これらは飲食の場合、胃酸で死滅しますが、鼻から吸うと死滅せずに脳に感染して髄膜脳炎を発症することがあります。米国では死亡例も報告されています。ぬるま湯を作る際には、一旦沸騰させてください。
  • 絶対に真水でやらないこと。もし真水を使うと、ツーンとして鼻の奥を刺激して粘膜を痛めてしまいます。
  • 食塩水を口から出す時に、耳の方に行ってしまうと中耳炎になります。口から出すのは慣れてからか、または自粛した方が無難です。
  • 鼻うがいの後は、鼻の粘膜や耳を痛める危険性がありますので、鼻を強くかまないようにしましょう。鼻は目や耳の器官と繋がっていますから、中耳炎を引き起こす可能性もあります。
  • 塩湯が鼻の中に溜まってしまって、全部出てこない時は、残りが夜間寝ているときに出てくることがあります。
  • うがいは、必ず前かがみの体勢で、自分が濡れないように、タオルを用意してください。

鼻うがいは花粉症などには効果的ですので、正しい方法で行い、注意点には十分に気をつけましょう.

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
鼻うがいの正しいやり方と注意点
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事