ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

イルミネーションの電気代っていくらかかる?自宅を明るくするクリスマスの飾り5選!

87e1efff4c784ac53f86781f0a7481c2_m

毎年11月の半ばごろを過ぎ始めると街は一斉にクリスマス一色に染まり始まります。

有名な所では六本木や原宿・表参道などがニュースで今日からイルミネーション点灯がはじまりました。等と流れるほどです。

主要都市やテーマパークのイルミネーションは、せこい話になりますが、経済効果を期待してイルミネーションを点灯しています。

では自宅でイルミネーションをするのには経済効果も無く電気代の消費だけ気になってしまいます。

スポンサーリンク

自宅でのイルミネーションの始まりはいつ頃?

世界初のイルミネーションを行ったのが16世紀のドイツが発祥とされています。結構古いですよね。当然、当時にはLEDや豆球なんて存在しませんから、ローソクを使ってのイルミネーションだったのです。

今の日本でこれをやったら、確実に消防署と警察署にお呼ばれする事になります。エジソンが電球を発明するまではローソクが主流で電球が発明されてからは電球と変化していきます。

それからLEDが発明される間は全て電球で装飾していた事になります。大きくイルミネーションが発達したのはLEDの商用化です。これによって消費電力が抑えれて熱も発生しにくいために一気広がり始めます。

青色LEDの開発で更に加速し始めます。そうなると日本の一般家庭でのイルミネーションをの普及は2000年以降と言う事になりますね!

自宅でイルミネーションをしてみよう!

初めて自宅でイルミネーションをしてみたい!と言う方も当然多くいると思います。でもどこで買ったらいいのかどの様な物を買った方がいいのかなんてわかりませんよね~。

それにイルミネーションの値段もわからない物です。

LEDイルミネーションライトストレート(防雨)

一番スタンダードなタイプです。色もバリエーションを含んで16色あります。初めて自宅でイルミネーションを行うにはこの様なものから、一気に揃えるのではなく毎年少しずつ変化をさせる事も大事です。

10mで100個のLEDが付いていますから庭の木やベランダ等に取り付ける事も可能です。

1時間当たりの電気代 2円

ジュエリーライト・デコレーション

ジェリーライトは小型のLEDを使用しており宝石のような煌びやかな光の演出をしてくれます。

このタイプは電池式を採用しているので、面倒な配線はありませんが電池交換は必要になります。

パーターン電飾も可能なので、室内の窓際等で使用するには十分楽しめます。

乾電池式なので、新品電池3本使って 連続点灯48時間可能

LEDロープライト

コード式のタイプより若干太めになっていますが、使いやすさはコード式と変わりはありません。また防雨対策もほどこされているので、屋外での使用も出来ます。

色も9色あるので、必要な色から取り揃えて行くと良いでしょう。50Mありますが、LEDの数は1M当たり30個ついていますので、相当な数になりますね。

スポンサーリンク

LEDソーラーイルミネーション100球

全色で6タイプが選択する事が可能です。ソーラー式なので、消費電力は0円です。経済的ですね。

初めて自宅で行う方にも簡単に設置出来ますので、試してみる価値はありそうですよ。

1時間当たりの電気代・・・ソーラー電池使用の為0円です。

はしごミッキー

ミッキーサンタが梯子を登るイルミネーションです。

ただの電飾ではなくミッキーですから近所や散歩の方も一瞬足を止めて眺めてくれる事でしょう。

点滅パターンも8パターンあるのでかなり光の演出ができますね。

1時間当たりの電気代・・・0.13円

5つばかり紹介しましたが、一気に揃えるのではなく、1年ごとに買い増やして行く方が飾り付けも初めてだと苦労しますので、少しずつが良いですよ~。

気になるのは電気代!

いくらLEDを使用しているからと言っても電気代は当然掛かってきます。

街のイルミネーションやテーマパークのイルミネーションは確かにあれだけの光を演出するわけですから感動する事もあるでしょう。しかし、あれだけの大がかりなイルミネーションでは相当な電気代がかかるのではないでしょうか!?

一般的に言われている商業施設のイルミネーションの電気代は5時間点灯(18:00~23:00頃)して約6000円と言われています。

イルミネーション開催期間70日とした場合には、

6000円×70日=420000円となります。1日5時間の点灯で開催期間中の電気代が42万円とは高いのか安いのか?イルミネーションによって大きく客足が伸びる場合は経済効果があって安いのかもしれません。

自宅でイルミネーションを点灯させることでかかる電気代はどのくらいなのでしょう!

公式がありますのでそれにあてはめて計算していくと電気代が分かります。

消費電力(W)÷1000×使用時間×1kwh当たりの電気料金=イルミネーションの電気代
となっています。

先ほど紹介した①LEDイルミネーションライト10M 100個の消費電力は6Wですから

公式に当てはめると

6÷1000×5時間×30日×22円(地域によって違います)=19.8円 約20円

このイルミネーションライトを5タイプ購入して使用しても1カ月約100円と言う事になります。意外に電気代は掛からないと言う事が分かります。

イルミネーションライトの電気代は

2011年に東北地方を襲った大地震。皆さんも記憶に残っていると思います。東日本大地震によって福島の原発がメルトダウンして現在も復旧活動中です。その為に、日本での原発稼働率は0%とです。

つまり現在、日本の発電は火力発電を中心に水力・風力・太陽光等を使っていることになっています。火力発電中心なので石油を燃やす訳ですからね。

一応個々人の家庭でイルミネーションライトを付ける事は全く問題はありません。しかし、現在の日本の電気事情を理解しておく事も大事ではないでしょうか。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
イルミネーションの電気代っていくらかかる?自宅を明るくするクリスマスの飾り5選!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事