ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

冬場の窓際トラブル対策!結露ができる仕組みを知って最善の対策をしよう!

結露

日本の冬の各家では、毎朝窓ガラスにビッチリついている水滴・結露を取り除く作業が行われているのです。意外とこの作業は大変なのです。

雑巾で拭いていても、すぐにビチョビチョになってしまうので絞りながら吹き上げて行きます。手は冷たくなるし、結構手間な作業になります。

この結露を取らないとカビが発生してしまいます。結露対策になにか良いものはないのでしょうか。

スポンサーリンク

結露ができる仕組み

結露はどのようにしてできるかご存知でしょうか?

結露ができる仕組みは、理科の授業でも冬ばに行われることが多いかもしれません。結露が発生する仕組みは以外に簡単なのです。

外気温と室内気温の差が大きいと発生しやすいいように感じますが、実際はそうとも言い切れないのです。

結露が起きる原因は窓ガラスの表面温度が9.6度以下になった場合に、ガラスと接している空気中の水分が露点することで窓に水滴のなって発生するのです。窓ガラスの表面温度が9.6度以下にならない対策を講じれば結露とは、おさらば出来るのです。

対策を講じても出来てしまう時もあるので、対処する方法も知っておきましょう。

結露を防止するために一番アイテム

先ほど紹介したとおり結露が発生するのは窓ガラスの付近にある空気が9.6度以下になると水滴がすることで発生します。と言う事は、窓ガラスが空気に直接ふれなけばいいのでは?と考えるのが一般的です。

ではそこからどうするかは知恵を使うところです。窓ガラス自体の温度を下げないのが一番いいのでしょうが、それだと電気代がかかりそうですから恒久対策にはなりません。

そこで登場するのが、「結露防止シート~♪」

見た目は梱包資材のプチプチそっくり・・・その物もあります。大概は用側が板場で間にプチプチが挟まれている形状の物がほとんどです。

プチプチのシートにノリが付いているので窓に霧吹きで水を吹き付けてサイズにあわせて貼るだけと簡単な物になっています。

これを貼るだけで直接窓ガラスに空気が当たらないのとシートが冷たい空気をシャットアウトするので、結露が発生しない仕組みになっています。

この結露防止シートを貼る事で断熱効果もあがるので部屋の中も若干暖かく感じるかもしれません。

窓ガラス結露防止シート 水貼り 1枚入

サイズは90cm×180cm 厚さ 7mm

貼りやすく剥がしやすいのが特徴です。

スポンサーリンク

UVカット粘着マドピタシート4枚組

水貼りタイプではなくシートに粘着テープが既に貼ってあります。部屋の模様に合わせて柄も3パターン用意されています。剥がす時も簡単に剥がす事ができるようになっています。

サイズ 90cm×180cm 厚さ7mm

結露防止シート以外の対策

これ家中に貼りつけると結構いい金額になっちゃう~と思う方がいても当然です。コスパが良くても数を使えば当然金額は膨らみ続けます。

海の森ボート場のように。そこまでお金はかけたくない!と言う方には、ちょっとした工夫でこの凄さ!的な方法があるか見てみましょう。

結露防止剤

これも専用の液を買ってくるの?と思ってしまいますが、違います。家庭にある物で出来るのです。水200mlに対して大さじ1杯の中性洗剤を混ぜるだけなのです。中性洗剤には界面活性剤が含まれているのでこの成分が結露防止に役立つ様です。

この混ぜた液体を雑巾に吹きかけて窓ガラスを拭くだけ。多少拭いていると泡が立ちますので乾いた雑巾で乾拭きしてもらうだけで完成です。5日~7日はもつ用ですが、週に2回この作業だけで結露はでません。

窓ガラス付近の空気を停滞させない

窓ガラス周辺の空気が外気の影響で冷たくなると結露が発生してしまいます。窓ガラス付近の空気に流れが無い為に空気が冷たくなってしまうのです。その為に空気を循環させなければいけません。

空気を循環させるにはサーキュレーター又は小型卓上扇風機などを掛かるくかけるだけで、空気は冷える間もなく移動しますので、結露が発生する事は無くなります。

対策する前にしておく事

いくら結露防止液で窓ガラスを拭いても、サーキュレーターを回してしても、結露ができてしまう事があります。どうして?と思っちゃいますよね。問題が隠されているのです。

特に出窓では外に飛び出している分、そこに物を置いてしまいます。花瓶や植木・水槽、それに洗濯もの。これらの共通点は何でしょう。水なのです。

対策していても水が近くにある限りは半永久的に空気中に水分が取り込まれてしまいます。それが結露の要因にもなっているのです。結露で悩んでいる方の多くはこの様に窓辺に水を使うものが置かれている事が多いです。まずは出窓には水が絡んだ物をいくら綺麗でも置かない方が良いと言う事になります。

快適性を求めた結果が結露

結露や結露対策について紹介してきました。現在の家屋構造は密閉比率が非常に高い住宅設計になっています。当然空気の流れが悪いのと熱がこもってしまい外気との温度差も大きくなっています。

快適ですが常に冬場は結露と結露によるカビの温床になってしまいがちです。昔の日本の家屋は意外と寒く感じた事は無いでしょうか?

それは隙間風が流れ込んでいる為でしたが、この隙間風が外気と室内温度の格差を減らしていたので結露と言うものは考えにくかったかもしれませんね。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
冬場の窓際トラブル対策!結露ができる仕組みを知って最善の対策をしよう!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事