ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

マフラーの素材別の洗濯の仕方!自宅でも綺麗に洗うことができるの?

マフラー 洗濯

冬のファッションアイテムと言えば、ニット帽に手袋、コートなどさまざまあります。首元を温めることで体がホカホカしてくるアイテムと言えば「マフラー」ですよね。

一度付けたら外出する際には、必ず付けて行かないと首元が寒くてしかたなくなってしまいます。

それを春先まで毎日使った場合どのくらいの汚れが蓄積されているのでしょう。洋服とは違ってマフラーは簡単に洗濯ってできるのでしょうか?

スポンサーリンク

マフラーにはどれだけ素材があるのでしょうか?

一般的には鉄・ステンレス・チタン・カーボン・・・車のマフラーだろそれは!首に巻くマフラーの素材はと言うと一般的には科学繊維が一番多いでしょう。他にはウールやカシミア等の高級な繊維の物やコットンなどの馴染み深い繊維まで様々です。

その素材を使ったマフラーは数限りなくあると思います。マフラーって洗濯機に入れてはダメなんですよね~なんて方もいらっしゃいます。
ではマフラーはどうやって洗濯すればよいのでしょう。

素材によっては洗濯に仕方がかわるのでしょうか?じゃーlet’s cleaning!

マフラーを洗いましょう

冬場から春先までマフラーはONシーズンです。洗濯するタイミングは、どうも人それぞれのようです。

2週間と決めて洗う方や汚れたかな?と思ったタイミングでなどです。一番多い答えだったのは冬物をしまうシーズンに洗濯るすという答えでした。

素材によっては洗濯する事で、堅くなったり型崩れを起こす可能性もあるので、自分で洗濯する場合は洗い方や干し方にかなり注意が必要になることになります。

でも、クリーニングにまで出すようなものでもないような気がするし、と悩んでいるなら、自分でチャレンジしてからでも遅くないかもしれません。

マフラーの素材ごとの洗濯仕方

マフラーを洗濯する時は冬物をしまうシーズンと言う結果だったことから、持っているマフラーを一気に洗濯する事になると思います。

ただこの時に、素材が何で出来ているのかを把握しておかないと大変な事にもなりかねません。手編みの物は素材は分かりますが、市販品のマフラーは洗濯マークがついているので、それに準じた洗濯方法をするのが大事です。

1.アクリル素材

洗濯の基本は洗濯マークの確認です。これを怠って普段道理に洗濯機の中にポイポイ入れていたら大変な事になってしまいます。洗濯する前には必ずチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

アクリル素材は化学繊維の為に他の自然素材の物より繊維自体丈夫に出来ています。

  1. 洗濯マーク確認後、マフラーを畳んで洗濯ネットに入れます。
  2. 洗濯する時の洗剤は、おしゃれ着用洗剤や刺激の少ない洗剤で洗う事が一番です。柔軟剤の使用も可能です。自分とマフラーにあった洗剤を使用しましょう。
  3. 洗濯機の洗濯モードは、いくら化学繊維だからと言っても、普通に洗ってしまっては、せっかく洗剤まで正しいChoiceしたのですからここで間違えたら元も子も有りません。この場合の洗濯モードは手洗いモードや弱モードのどちらかで洗って下さい。
  4. 最後が肝心です。せっかく綺麗に洗ったのですから、最後で失敗はしたくありませんよね。干し方にも注意が必要です。
    基本の干し方は陰干しです、天日にさらすと繊維が堅くなってしまう可能性があります。また、干し方法は平らにして干すのが一番ですが、それだとどうしたら?となってしまうので、物干し2本を使用してM字にして干すのがベストです。

2.ウール又はカシミア又はコットン素材

ウールやカシミアは皆さん、水に非常に弱い繊維だと思っていませんか?実はこの二つの繊維は水には、意外と強いのです。

  1. 洗濯マークを確認します。この時、マークにドライマークが表示されていたら、自宅でも洗えますと言う事です。但し高価な物はクリーニング屋さんに出してプロに任せましょう!
  2. 洗濯方法は当然「手洗い」です。洗面器とおしゃれ着用の洗剤を用意します。洗剤も「ドライマーク」「高級衣類用つけ置き洗剤」「手洗い」の表示がされた物を選びましょう。
  3. 洗面器に水を入れて、洗剤を投入しよくかき回します。その洗濯水の中にマフラーを畳んで漬けこみます。マフラーに完全に浸透するまで15~30分放置します。
  4. 洗い方は、もんだりしないで軽く押しながら洗います。何回か繰り返します。
    すすぎも洗剤が残らない様に何回も水を交換しながら行います。
  5. すすぎが終わったマフラーをタオルで包みます。そして軽くクルクル巻きます。完全に雑巾絞りするといままでの苦労が水の泡です。ホントに軽いですからね!
  6. 干し方はアクリル素材と一緒で大丈夫です。ただウールは確実に陰干ししてくださいね。

自宅でマフラーを洗おう

マフラーの洗濯のしかたについて紹介しました。

意外と簡単のように感じたのではないでしょうか。確かにウールやカシミヤとなると躊躇しちゃいそうですが、注意しながら洗濯すれば出来ると言う事がわかりましたね。

でもやっぱり、ウールやカシミアはと言う事は無理に自宅で洗濯しないで、クリーニングのプロに任せた方が確実に汚れが落ちて型崩れや素材をいためる事はありません。

これはクリーニングに出さなくてもいいや~と言う物で試してみてからでも遅くはありませんからね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
マフラーの素材別の洗濯の仕方!自宅でも綺麗に洗うことができるの?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事