ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

法人税減税のメリット・デメリット

法人税と言うのは、コストなどを全部引いた後の法人の純利益にかかる所得税です。現在の法人税は25.2%ですが2014年で終了する特別復興法人税が加わっていますので、実質的には、36.0%台です。

法人税が2015度から数年の間に20.0%台へ引き下げられると正式発表になりました。その目的は、法人税率を引き下げることで企業活動を活発にし、経済成長を加速させるところにあります。
51d7a4862422c8fbb7ec419a22b2b4ee_m

スポンサーリンク

法人減税のメリット

企業の収益力や競争力があがりますから、雇用が生まれて失業率も下がるでしょう。また、法人税が下がれば海外の企業が日本支社を増やすようになりますから、日本のGDP(国内総生産)が上がります。

さらに、税金が減れば社員の賃金が上昇すると言われていますが、その上昇率はまだまだ未知数です。なぜなら、その企業がその収益の多くをすぐに社員の賃金に廻すかどうかですが、そうでない場合も多いからです。

国際競争力をさらにつけたり、将来の展望に立って技術開発を充実させるのが企業にとって不可欠な要素ですから、それらを収益によって充実させていければ、当然その社員達にも有形無形のメリットが出て来るはずです。そのような形で、社員は豊かになっていく可能性があります。

スポンサーリンク

法人減税のデメリット

デメリットとしては、法人減税で減った税収をどこで補うかというところです。国民の消費税や所得税からというのがおおよその予想になっています。

法人減税の影響

日本にある全法人の70%強が赤字申請をしている現状ですから、減税は残りの30%弱の黒字法人にしか効果がありません。法人減税の恩恵を受けるのは一部の大企業だけ、と言われるのはこれが原因です。

その大企業の多くは、たくさんある租税特別措置法のどれかで既に法人税の軽減措置を受けていますから実質的税率はあまり高くありません。したがって、法人減税によって手元に残る差額の率もそれほど高いものにはなりません。2015年度からの法人減税が経済の劇的な活性化には繋がらないだろうとの懐疑的な意見は、これらが原因しています。

いずれにせよ、法人減税を先読みして株高と円安が進行していますのでこれの影響も見逃せません。消費税増税も2017年には10%になるそうです。これによって国の税収は大幅に安定度を増すでしょうが、国民全員にとっては増税になりますから、その分消費も抑えられるかもしれません。

消費税増税は低所得者ほど家計における負担が大きくなるでしょうから、それに伴った社会保障にも影響が出る可能性もあります。国の内外からの投資を呼び込むことができる、というメリットをどのように活用してさらなるメリットを生み出すかが、今後の課題と言えます。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
法人税減税のメリット・デメリット
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事