ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

個人型確定拠出年金の資格者条件とは?控除額はいくら節税効果があるのか?

coins-948603_1920

年金を貰う時にあの時に個人型確定拠出年金をしておけばよかった。と思う時が来るかもしれません。

現段階では、金額に余裕がないから・もらっても微々たるものだから等の理由で個人型確定拠出年金を行わない方も大勢いることでしょう。

また初めてそんなの聞いたよと言う方もいるはずです。個人型確定拠出年金はいわゆる年金構造の3階の部分にあたりますから、行うか行わないかは個人の裁量にまかされているゾーンです。

スポンサーリンク

個人型確定拠出年金を行うにはどうすれば良いのか?

個人型確定拠出年金を行える資格があるかを知っておかなければなりません。

  1. 日本に住んでいる20歳~60歳の方で自営業者とその家族・自由業や学生などの国民年金の第1号被保険者(農業者年金に加入されている方は加入できません)
  2. 60歳未満の厚生年金保険の被保険者
     但し、企業年金や厚生年金基金・確定給付企業年金に加入されている方は行う事ができません

ここで個人型確定拠出年金が行えるのか行えないのかに分かれます。

行える場合にはどれくらいまで、毎月の掛け金が掛けられるのでしょう。無尽蔵に掛け金をかけられる訳ではありません。

国民年金第1号被保険者・・・最大68000円

国民年金第2号被保険者・・・最大23000円

まで掛けられますが、どちらも最低5000円からの掛け金となり、1000円ずつの増額が可能になっています。

個人型確定拠出年金に加入できるかできないかがわかります。加入できる場合でも、掛け金の上限や加入している年金制度によって掛け金が変わってくると言う事です。

個人型確定拠出年金を行う場合の税制優遇処置(控除)

個人的確定供出年金を行うには、行う人の個人裁量で加入するかしないかを決め負ければなりません。いわゆる強制的な年金加入ではないと言う事です。

また、当然現在の資金で運用しなければなりませんから何らかの優遇処置が行われていなければ、いくら年金の上乗せする事が可能でもメリットにはなりえません。

個人型確定拠出年金を行う場合にはいくつかの控除が受けられます。

1.掛け金は非課税

確定拠出年金では支払う掛け金は非課税の扱いになります。企業型確定拠出年金では企業が支払った金額は全て損金算入となります。

では個人型拠出年金で支払った金額の全額が所得控除の扱いになります。その為、支払った金額に応じた所得税や住民税から控除されますから、節税対策にも有効的でもあります。

スポンサーリンク

2.資産運用で得た利益は非課税

預貯金をしたり、投資信託などで金融商品に投資して得た利益や配当金等などは運用益と呼ばれ一般的には源泉分離課税(利子所得や資産運用で得た利益等には年率20.315%で課税)されますが、確定拠出年金で、得た利子所得や資産運用して得た利益に関しては、源泉分離課税は発生しない事になっていますので、非課税の扱いになります。

3.老齢給付の場合の所得控除

確定拠出年金の受給には、老齢給付金・障害給付金・死亡一時金としてお金を受取る事ができます。お金を受取ると言う行為には必ず、所得税が付いてまわりますが、確定拠出年金では、受取る方法が違っても控除の対象になります。

年金として受取る場合には「公的年金等控除」
一時金として受取る場合には「退職所得控除」

の控除が受ける事ができます。

個人型確定拠出年金を行うと節税になりますか?

掛け金が非課税になったり、資産運用で得た利益が非課税になったりと説明しましたがどれだけ節税になっているのかが、あまり見えていないと思いますよね。どのくらい節税になるのかわかりやすく例を挙げてご紹介します。

1.掛け金が非課税の場合の節税

年間の所得から社会保険料などの所得控除差し引いた課税所得金額が450万の方の場合で、確定拠出年金に加入して月額15000円を掛け金として支払ってした場合で年間18万円を支払っていたとします。

この場合には確定拠出年金の18万円が非課税となりますので、課税対象額から外れます。

課税所得が450万円の場合の所得税率は20%

住民税は一律10%

合計30%の節税が行えます。

18万円×30%=54000円

年間54000円の節税効果に対してこれを20年間続けた場合には108万円の節税になる事になります。

2.資産運用した場合の節税のメリット

月に1万円で運用利回りで3%の年率の投資信託をした場合

普通に投資信託した時の10年後に資産は135万円

確定拠出年金で投資信託した場合には資産は139万円となります。

たった4万円じゃないかと思うかもしれませんが、投資信託を複利で運用した場合には利益は元本に組み込まれて、翌年の運用に回されます。と言う事は雪だるま式に旨く行けば膨らんで行く事になります。

運用利益は非課税ですから、金が金を呼ぶと言うのが最高のシナリオになります。

ただ注意が必要なのは、元本の保証がないので、最悪のシナリオは元本割れになる可能性があると言う事です。

おすすめ個人型確定拠出年金のデメリットも抑えておこう!

少しでも蓄える為に控除をうまく利用しよう

ちょっとした事でも控除によって手元に戻ってくる金額がある場合は誰もがうれしいものです。確定拠出年金を運用した事での所得控除や住民税が安くなると思っていた方がわかりやすいです。

この控除された金額を使って更に運用する事でも構いません。そこはあなたが描いた未来になる様に使用する事が望ましいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
個人型確定拠出年金の資格者条件とは?控除額はいくら節税効果があるのか?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事