ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

個人型確定拠出年金の手数料はどこの会社がお得?年間いくらかかるの?

dollar-1362244_1920

年金だけでは、老後の生活に不安がある方も大勢いらっしゃる事でしょう。でもどうしたらいいのか分からないですよね。

会社員の方なら厚生年金があるので、問題は少ないでしょうでも、国民年金だけを貰って生活して行こうと思っても、もらっている額では到底生活する事はできないです。

そこで年金をもらう前に少しの自己資金を使用して、60歳になった時にもらえる年金額にプラスされたらこれ以上の事はないとは思いませんか?

スポンサーリンク

個人型確定拠出年金を行うには何に注意すべきか?

個人型確定拠出年金では資金を使っての資産運用を行う事ができます。企業型確定拠出年金とは違って、自分にあった資産運用を行う事ができるのが最大の特徴と言ってもいいでしょう。

その運用資金については全額所得控除の対象になるので、ハイリスクハイリターンの資産運用からローリスクローリターンの資産運用までが、個人の裁量で行う事ができます。

資産運用をする際にはまず何から注意しなければならないのでしょうか?

1.手数料

確定拠出年金を始める時には、国民年金基金連合会に加入しなければなりません。その加入料金が2777円を支払います。この時に一部の金融機関では手数料が発生する場合も有りますので注意しましょう。

口座を開設した後にも、毎月定額の手数料を支払わなければなりません。

国民年金基金連合会 103円
事務委託信託機関 64円
運営管理機関 0~700円

運営管理機関に支払う手数料が低ければ低いほど良いので、なるべくはこの部分の手数料が低い金融機関の商品を選択することが望ましいです。

同じ商品で手数料が違った場合には皆さんどちらを選びますか?手数料が高い方を選ばないですよね!これほどバカらしいものはないので、同じ商品だけでなく手数料は低い方が後々効いてくるので、注意しましょう。

2.良い商品があるかないか

手数料が高くても資産運用がプラスになる様な商品があれば問題ありません。

定期預金などは利率がほぼ同一であるので、手数料の低い方が良い商品になりますが、より積極的に投資をしたいと思う場合にはより良い投資信託があるかないかがポイントになります。

投資信託には株式連動型のインデックス投信と株式指数を超えるリターンを目指すアクティブ投信に大別する事ができます。

当然ながら手数料が発生します。ローリスクローリターンのインデックス投信よりハイリスクハイリターンのアクティブ投信の方が手数料が高くなります。

スポンサーリンク

株式の運用に詳しい方ならアクティブ投信でも構わないでしょうが、株式運用が初めてのかたならインデックス投信の方が良い商品になってきます。

個人型確定拠出年金の運用におすすめの会社

当然誰もが老後資産の為にはプラスで運用したいです。でも投資信託をするには知識がないと言う方も当然います。

個人型確定拠出年金で投資信託をしなければならないと言う訳ではありません。60歳まで運用しているお金は引き出せない事を考慮して定期預金で確実な貯蓄を目指す人もいれば、アクティブ投信に打ってでて巨万の富?を得るかそれとも元本割れを起こす場合もあります。

そこは個人の裁量によって決まりますので冒険はしたくないと言う方であれば元本保証が付いた商品を選択すればよい事になります。

1.SBI証券

こちらは年間の手数料が2004円で手数料は一番安いです。また残高が50万円以上ある場合は運用管理費用も無料にもなります。

証券会社ではありますが元本保証の定期預金や積立年金保険などの運用も行っているので、インデックス投信と同時に定期預金もしたいと言う方にはいいかもしれません。

2.スルガ銀行

運営管理手数料が無料で年間手数料が2004円しかかからないのがスルガ銀行です。ただこちらも運営管理手数料は残高が50万円以上からとなります。

安全運用するなら手数料が安いスルガ銀行の定期預金がおすすめになります。他の銀行だと残高が50万円以上になっても運営管理手数料をきっちり取る所もあります。

また年間手数料も最安値なので、こちらは長く続ければ続くほどボディブローのように効いてきますのでバカにはできません。

3.野村證券

完璧に投資信託を行うと言う方には野村證券が有力だと思います。證券会社ですから一般の方には敷居が高いかもしれませんが、DC国内株式では他の株式連動型投資信託の商品より利率が高く設定されているので、同じ株式連動型投資信託を行うのであれば野村證券の商品がおすすめになります。

年間手数料も6108円なので他の證券会社より若干安めに設定されています。

冒険するか地道を選ぶか

個人型確定拠出年金のおすすめについて紹介してきました。

株式運用や定期預金を運用して資金を増やす事が最終的な目的です。そこで、大きく冒険に出て巨万の富をえるのがいいのか地道な道を選択して行くのかは、投資する人の考え一つです。当然資産運用ですからハイリスクハイハイリターンの商品もあればローリスクローリターンの商品もあるわけです。

株式に精通しているのであればより行動的になってもいいと思います。株式初心者はやはり投資するには厳しいでしょうから、まずはローリスクローリターンの株式投資信託から初めても良いのではないでしょうか。

おすすめ個人型確定拠出年金を始める前に知っておくべきメリット・デメリット!

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
個人型確定拠出年金の手数料はどこの会社がお得?年間いくらかかるの?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事