ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ハウスダストによるダニアレルギーを発症させないようにする掃除の仕方!

ハウスダスト

子供が突然のようにクシャミや鼻水が出てそれが数日続いた時に、風邪?と言う感じにたぶんなりますよね。

熱はでないからとほっといては症状がもっとひどくなる事がありえます。その原因はハウスダスト。

ハウスダストの中でもダニによるアレルギー症状が多いのが実情です。ではハウスダストになるダニをどの様にすれば減らす事ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

家が汚いからハウスダストによるダニアレルギーが起きるのか?

子供のクシャミや鼻水等が出て病院に行って「ダニアレルギー」と診断されてしまった時に、ほとんどの親は「家が汚いから?掃除を丁寧にしていなから、子供がアレルギーになってしまった。」と責任を感じてしまいます。

「ダニアレルギー」と診断されて他の人に知れたら「汚い家のレッテル」を貼られてしまう。などなど悪い事ばかり考えてしまいます。

この考えは基本的には間違っています。

それは子供の体質に大きく左右される為です。2人兄弟の場合にお兄ちゃんはアレルギーが出ていないのに弟はダニアレルギーになってしまった。このようなケースでは家が汚いなら2人ともダニアレルギーになってしまうはずです。

弟の方がハウスダストによるダニアレルギーの許容量の器が小さかったので発症してしまったと考える方が正解です。

ですから、家が汚いからアレルギーになったのではなく、アレルギー体質の子供がホコリなどを吸ってアレルギーは発症してしまったと言う方が完璧な正解と言っていいでしょう。

アレルギーの子供がいる場合は掃除はしない方が良いの?

家が汚いからアレルギーになった訳ではない事はわかりました。では家の掃除をしなくても平気なの?と言う疑問が浮かびますが、ハウスダストによるダニアレルギーを改善させる方法は「掃除」しかありません。

掃除と環境整備がダニアレルギーの最大の改善策と言う事になります。アレルギーの子供のお母さんは掃除が大好きになる様になりましょうとまでいい切るくらいの勢いが必要なくらいに、掃除をする事が改善策に繋がって行きます。

但し、やたらめったらに掃除機やハタキをかけてはハウスダストが舞い散るばかりになってしまうので、掃除の仕方にも細心の注意を心掛ける事が重要になります。

ハウスダストを意識した掃除の方法

1.床の掃除

床の掃除は掃除機を掛ける方がほとんどでしょう。

1㎡辺り1分くらい時間をかけて丁寧に掃除機を掛けるのが理想です。

ハウスダストは見える所だけにあるわけではなく、テレビの裏側などにも溜まりやすいので、確実に掃除機をかける事が大事です。

ハウスダストやダニはフローリングよりも畳の方が多く存在していますので、フローリングの方がアレルギー体質の子には適しています。

スポンサーリンク

しかし、フローリングはハウスダストを巻き上げるには適している環境になっています。フローリングの掃除には注意が必要になります。

2.フローリングの掃除

フローリングは人が歩くだけでもハウスダストが舞い上がります。

掃除機をかける前に濡れた雑巾でフローリングを水拭きしてから掃除機をかけると、ハウスダストが舞い上がる率がかなり下がります。

3.家具のホコリも忘れずに掃除

床だけでなく家具の上にも当然にハウスダストは舞い降りています。床を掃除するついでに家具の上も掃除しておきましょう。

1日2日立つと家具の上にもホコリが舞い降りていますので、雑巾で拭くなりハンディーモップで拭くことをしましょう。掃除機のブラシ付きの物でも構わないです。特に子供の手が届く所の高さの物は確実に掃除する事です。

どのくらいの間隔で掃除をすればいいのでしょう?

子供がいる家庭はとにかく忙しいのが日常の状態でしょう。そうなると掃除をしなくてはと思ってしまいますが、ハウスダストやダニはそんな事はお構いなしです。そうなると掃除は毎日行う事が一番の理想です。

とは言っても毎日念入りにどの部屋も掃除を行うと言うのは、やはり酷な時もあります。毎日必ず全室掃除をするのが理想ですが、掃除だけで一日が終わってしまいそうですよね。毎日行う部屋と毎日ではなくても大丈夫の部屋に分けると気持ちも少しは楽になります。アレルギー体質の子供の行動範囲を考えて掃除をすると言う事です。

1.寝室

布団などでハウスダストやダニが舞い散りますから、寝室は念入りに毎日行いましょう。

2.リビング

ここは生活の中心になるところですから、子供も当然毎日います。リビングも毎日します。

3.キッチン

この辺りから毎日掃除をしなくても大丈夫なゾーンになります。キッチンは清潔に越した事はありませんからね。

4.たまに子供が入るが長く滞在しない部屋

こちらも毎日掃除しなくてもよいでしょう。子供もこの部屋はと感じると思うので立ち入る事も少ないのです。本能が察知しているというのでしょうか、危険回避を自然に行いますので、毎日ではなくても週に2回はしておくとよいです。

5.書斎など

ここは確実に立ち入ることが滅多にない所です。この様な場所も毎日ではなく2日~3日間隔での掃除でも大丈夫でしょう。

要するにアレルギー体質の子供が立ち入ることが多い所は毎日行い、立ち入らない所は出来る時だけ毎日すると言うふうにした方が、お母さんの心にもゆとりが生まれるのではないでしょうか。

自宅だけがダニやハウスダストの温床ではない

ハウスダストによるダニアレルギーに対する掃除の仕方などを紹介してきました。

子供がダニアレルギーと診断した場合は、自宅だけにダニやハウスダストがあるわけではありません。幼稚園や保育園、おじいちゃん・おばあちゃんの家、買い物先等数えだしたら収集が付かなくなるくらいにダニは存在していますし、ハウスダストも舞い散っているのです。

自宅がアレルギーの発生場所とは考えずに、子供の為と思って掃除を好きになってください。アレルギーは予防と対処方しかありませんからね。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
ハウスダストによるダニアレルギーを発症させないようにする掃除の仕方!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事