ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ハウスダストアレルギーを発症させない効果的な対策!ハウスダストが多く存在する場所とは?

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_m

いつも綺麗に掃除しているからうちは大丈夫!なんて思っている方は大勢いる事でしょう。

ハウスダストは基本的には目に見える大きさではありません。1mm以下の小さなチリがハウスダストの正体その物です。人間の目で見えるくらいになっている物は、チリも積もれば大きな塊りになると言う事です。

目に見えているホコリは、ハウスダストの塊りと思っていた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

ハウスダストの中に含まれているものは?

ハウスダストは布団や衣類の細かな繊維を始め、花粉やカビの胞子・ダニの死骸やフン等が大半を占めています。これらは全て1mm以下の大きさの為に目に見る事はほとんどありません。

ではこれらのハウスダストの成分は1gのハウスダストの中にどれだけあるのでしょう。

ダニ・・・1000匹
カビ・・・13万個
細菌・・・3000万個

たった1gのホコリの中にこれほどいるとは、想像も付きませんよね。

細菌はインフルエンザ等の病気の元凶にもなります。それにこれらの細菌はダニのエサにもなってしまうと言うのです。

1gで3000万個の細菌を1000匹のダニが食べる・・・ダニのエサが豊富過ぎでしょ!って感じですよね~。

ハウスダスト対策の為にハウスダストが溜まりやすい場所を知ろう

ハウスダスト対策を行う前に、情報を予備知識として取り入れておく事が重要になります。

予備知識を知っているのと知らないのとでは、対策の効果にも差が生じてしまいます。

では、家のどの辺りにハウスダストが溜まりやすいのでしょうか?ハウスダストが小さければ小さいほど半永久的に空中を舞い続けます。それが少しずつ集合体になって行くごとに目に見える大きさになり更には、塊りになって行くのです。

家の中で一番多くのハウスダストがあるのは、

  1. 廊下
  2. 洗面所
  3. トイレ
  4. リビング
  5. 和室

の順になっています。こ

れを見る限りだと、廊下や洗面所・トイレはある程度狭い空間になります。ハウスダストは狭い空間に多く溜まりやすいと言う事になります。

部屋に留まらずハウスダストが狭い場所に溜まると言う事はテレビの裏も狭い空間になります。空気の流れで運ばれて対流が起きにくい場所に鎮座する形になります。

次に部屋を立体的に捉えて考えると、日ごろの掃除をしている高さは、目の高さから下になると思います。

目線より下の位置は基本的には大きなハウスダストが多くある場所と考えた方が良いでしょう。目線より高い位置にある家具の上は小さいハウスダストが舞い降りる為に、床に比べてホコリとしての量は格段と減ります。

スポンサーリンク

但し、目線より高い位置の掃除は毎日行う事はほぼ無いでしょうから、大掃除の時にはかなりの量になっています。

ただ、そのハウスダストの量を%で表示すると

目線より上の位置・・20%
目線より下の位置・・80%

となっています。

このハウスダストの場所と高さを知ればおのずと、どこを中心に掃除をして行けばよいかわかってきます。

ハウスダストの対策は掃除のみ

ハウスダストがどの辺りに多く存在するのか分かった所で、今度は対策を講じる番です。

対策と言っても「掃除」あるのみなのですが、その方法や時間帯によってはハウスダストを除去するよりも飛散させる量が多くなってしまいます。

掃除の回数

掃除の回数が当然多い方がハウスダストの量は確実に違ってきます。

毎日掃除をする家と週に1回程度の掃除をする家では数倍以上のハウスダストの量となる傾向があります。と言う事は毎日「掃除」をする事が重要になると言えます。

掃除の時間

掃除の時間によってはハウスダストをより多く飛散させてしまう事になる場合があります。

掃除をする時間帯で一番適しているのが、「朝一番」又は「夕方帰宅した直後」です。飛散したハウスダストが人の動きが無い為に床などに落ちている状態になります。

人の動きが無い時間帯を作った直後に掃除をすると効果的にハウスダストを除去できる事になります。

掃除の方法

誰もが掃除をする時にいきなり掃除機をかけてしまう事でしょう。よく考えてください。

掃除機は確実に排気しているのです。この排気によってハウスダストが飛散してしまいます。これだと大きなホコリはとれますが、微細なホコリは飛んでしまいます。それでは意味がありません。

掃除機をかける前に、濡れた雑巾で拭く事をすると微細なホコリは飛散する量が減ります。その後で掃除機をかけるのが良いです。

雑巾がけをする時に窓を開けたくなりますが、窓を開けることでハウスダストが飛散しますので、雑巾がけをした後であけて換気をしましょう。

空気中のハウスダスト

空気中に飛散しているハウスダストに有効な対策は、空気清浄機やプラズマイオン洗浄機になります。微細なハウスダストや花粉などの除去には最適と言っていいでしょう。

おすすめハウスダスト対策に効果的な空気清浄機!おすすめ3選!

ハウスダスト対策は毎日行うしかないの?

ハウスダスト対策について紹介してきました。

ハウスダストによってアレルギーを発症したくはありません。ですから毎日掃除をする事が重要なのですが、毎日できる方ならいいのですが、働いていたり、子供の世話をしていたり等日常は忙しいものです。

毎日しなければならないと思うと、いつか心が折れてしまう事にもなりかねません。

自分なりのルールを考えて毎日する所と週に2回の場所など分けて考えた方が気持ちも楽になり、掃除もスムーズに行えるはずです。

常時空気清浄機を付けておくという手も効果的です。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ハウスダストアレルギーを発症させない効果的な対策!ハウスダストが多く存在する場所とは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事