ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

枕と肩こりの関係性とは?正しく選ぶと体の調子が良くなる!

枕 肩こり

人間の睡眠時間は一日の1/3と言われています。自分の人生の1/3が枕との付き合いになるのです。

そう考えると枕のもつ重要性って高いと思いませんか?でも枕を買う時って、そこまで普通考えませんよね~。

何度も買い替える人もいれば、同じ枕を使い続ける方までいる枕ですが、日本人の肩こりの人の大半は枕が原因ではないのか!?と言われています。

スポンサーリンク

枕と肩こりの因果関係

朝起きて首が痛いな~なんて少しでも感じた経験のある方は多いと思います。でも枕が悪いとは決して思わないのです。

体が疲れているから、PCのやり過ぎで目から来たかな~等他の理由で、首の痛みを気にしながら出社してしまいます。この首の痛みこそが、枕が原因であるとの証拠でもあり肩こりの原因にもなっているのです。

マッサージしたり入浴して首を温めても一時は良くなりますが、また朝起きると肩がパンパンになってしまっています。デスクワークだから仕方がないと諦めてしまっている方も多いでしょう。

確かにデスクワークだと同じ姿勢で仕事をしている事が多いですから、どうしても体がカチカチになってしまいますが、体は動かす事で緊張がほどけて楽になります。でも首や肩はそうはいきません。首は寝ている時も枕によって緊張しているので24時間、常に張っている状態になります。

首の緊張がほどけない限り、肩こりから解放される事はありません。

正しい枕を選べば肩こりを解消できる?

肩こりから脱出する手段の一つは枕の選択からです。首筋の緊張がほどけない状態が続くと腰にも影響が出やすくなります。

首と腰は同じ動きをしますので、肩こりが酷く首痛もする方は隠れた腰痛持ちとも言われています。寝ていながら背筋がピーン!となっているのです。

この緊張をほぐすには枕の選択行かんによって変わります。

日本人の80%が肩こりと言われていますが、枕にこだわりを持っている方は意外と少ないのです。このうちの30%以上が枕が原因の肩こりとも言われています。

枕による肩こりから抜け出すにはどの様な枕を選択すればいいのでしょう。

1.自分に合っている高さの枕を選ぶ

肩こりになる原因の一つは枕の高さが関係しています。枕が高すぎると顎を引いた状態になるので、首筋が緊張したままになります。

低すぎる枕だと顎があがった状態になり頸部を圧迫してしまい肩こり以外にも頭痛の原因にもなっています。

スポンサーリンク

寝具売り場の店員さんに図ってもらうってどの高さのものがいいのか分かります。計測できるものが無ければ低めの枕を買ってきて枕の下にバスタオルを引いて理想の高さに調整します。

2.枕の固さ

枕の高さが決まったら今度は硬さが重要になってきます。寝返りができるかできないかと言う事になります。寝返りを行う理由には体の歪んだ部分の修正する目的と寝ている時の体の負担を軽減する目的になっています。

枕の固さは寝返りがしやすい固さが要求されます。

柔らかい枕だと、頭が沈み込んでしまいます。枕の両サイドが高くなり頭がガッチリ固定されてしまいます。そうなると寝返りは容易に出来なくなります。

逆に固いのがいいのか?となりますが、固すぎると頭が沈み込まないために、頭が不安定になってしまいます。不安定な状態をなくすために首筋が固くなり安定を図ります。

そうなると、適度な柔らかさと弾力性が兼ね備わった枕が理想となります。それに加えてフラットな枕であれば寝返りもしやすくなり、首から緊張を解きほぐす事ができるようになります。

3.枕の材質

枕の固さは材質によって決まっても来ます。映画やドラマでの寝ているシーンの枕を見てくだい。かなり沈み込んでいる枕を使用していると思います。寝ているシーンを強調するために高級感と枕感を出すための演出になっています。

柔らかい素材がいいんだ~と勘違いしてしまいます。固さ=材質になる為に、体にはある程度の弾力性がある物が理想です。また衛生面も考慮にいれなければならないとすると吸湿性に優れた物が良いでしょう。

ホテルのようなふかふかの枕もたまにはいいのかもしれませんが日常的に使用する事を考えるとかなり体への負担は大きくなります。
適度な弾力と固さと吸湿性を考えた場合に理想的なのは、そば柄の枕が一番理想に近い枕と言えます。

通気性・吸湿性・弾力性・適度な固さなどから、材質はそば柄が理想です。

但しそばアレルギーの方もいますので、そば柄が使用できない方は細かいプラスチックのパイプが入っている枕又は羽毛の枕が、理想に近い枕を演出してくれます。

「枕が変わると寝れな~い」と言う方は確実の枕が体になじんでいない証拠と言う事にまります。

また首や腰が悪い方は傾向として高くて固めの枕を使用したがるケースが多いので、睡眠の阻害の負のスパイラルに落ちやすいので、早めに理想の高さの枕を見つけるようにした方が良いでしょう。

枕は肩こり解消だけじゃない!

枕と肩こりの関係、肩こりから脱出する枕の選び方を紹介しました。人生の1/3を睡眠に費やす訳ですから慎重に選ばないといけないような気がしますよね。

人生80年だとしたらそのうちの1/3つまり約26年間は寝ている事になりますから・・・四半世紀以上寝ている事になります。こう考えると枕ってかなり重要なアイテムだと思いませんか?

そうなると童話の眠り姫なんて肩こりなかったのかな~なんて思ってしまうのは、心に邪念があるからでしょうか!?

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
枕と肩こりの関係性とは?正しく選ぶと体の調子が良くなる!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事