ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

交通事故より死亡率が高い!ヒートショックの起こしやすい場所を知って対策をしよう!

ヒートショック

12月に入ると街はクリスマス一色になって、冬本番の様子になっていきます。

気温も11月から12月に切り替わると急に温度が下がる様になってきます。そこで、毎年多くの方が急死している要因があります。それがヒートショックです。

ヒートショックの言葉は良く聞くけど一体どういう症状になるのか、わからないですよね~。ヒートショックを起こさないようにする対策はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ヒートショックの原因は何?

ヒートショックはどんな時に起こりやすくなるのでしょう。年齢などは関係があるのでしょうか?

ヒートショックを起こす原因を例えると 

暖かいリビングから暖房のない寒い脱衣所にいって熱いお風呂に入ると起こりやすくなります。

血圧を保持するために血管は収縮運動を起こします。寒くなると血圧は上がり、暖かくなると血圧は急激に下降します。

それを連続で行う事で身体の機能が付いて行かなくなったり、急激に血液が流れだしたりするために、心筋梗塞・脳卒中など生命の危機になる様な症状を訴える事になります。

ヒートショックによる死亡者数とヒートショックを起こしやすい人

90fbcdb0128213d068599b4f0489c69a_m

毎年ヒートショックが原因で死亡する方は10,000人~20,000人となっています。交通事故でなくなる方は毎年4000人~4500人と言われていますので、ヒートショックで無くなるか方は交通事故死の2.5倍以上と言う事になります。

高齢者に多い現象ですが、若年齢層でも起こりうる可能性もあるので、自分は若いからと言って安心できるものではありません。

ヒートショックが起きやすい方は高齢者以外にも、高血圧・糖尿病・脂質異常症を患っている人が高リスクになります。

ヒートショックが起こりやすい場所

ヒートショックを起こしている方の多くは

  • お風呂
  • 脱衣所
  • トイレ

と言った場所になっています。暖かいリビングなどから暖房がない場所などですが、基本的には温度差が10度以上ある場合にヒートショックが起きやすい状況と考えておいた方が良いでしょう。

ヒートショックの予防と対策

お風呂場

スポンサーリンク

ヒートショックを予防するためには、各部屋の温度差をなくすことが一番の予防方法と言えますが、なかなかそこまで出来る経済力のある方は少ないでしょう。

この様な家にする為にいろいろ対策をする事が一番の予防方法になります。

お風呂に入る時の対策

1.食後1時間以上あけてから入浴する

食後は消化するために血液が消化器系に集中するために血圧が下がり気味になっているので、注意が必要になります。

2.入浴前にコップ1杯の水を飲む

入浴中は汗をかいているので、水分が体内から出て行ってしまう為に、血液がドロドロになりがちです。

その様な状態の時に脳梗塞や心筋梗塞が起きやすくなっています。

3.脱衣所と浴室は暖めておく

脱衣所と浴室はかなり寒くなっているので、入浴前には脱衣所にはちょっとした暖房器具で暖かくしておき、入る前に浴槽のふたを開けておくだけでも浴室は暖かくなっています。

4.浴槽の温度設定とかかり湯

浴槽の温度は冬場ではちょっとぬるめの38℃~40℃の設定にしておきましょう。

この場合でも、いきなり浴槽に浸かるのではなく、かかり湯を心臓から遠い場所から掛けてから入りましょう。

5.浴槽内でしないこと

首まで浸からない。首までつかると心臓に大きな負担をかける事になります。

心臓が水面下にならないようにします。

 浴槽から出る時に急激に立ち上がらない。急激に立ち上がる事で血圧が急低下しますので立ちくらみや目まいを起こしますので止めましょう。

トイレでの対策

1.寝室はトイレの近くにする

 高齢者はトイレに行く回数が多いので、布団で温まった身体を廊下やトイレで急激に温度が低下するので、寝室からの距離は近い方が良いでしょう。

2.暖房器具を置く

脱衣所と同じで、冬のトイレは寒いので暖めておく事が重要になります。冬場だけでも節電型の暖房器具を付けておく事が望ましいです。

夜間だけでも付けておく事が可能ならばその方がベストです。

3.いきみすぎないように

排便の際にいきむ事は意外と心臓への負担がかかる事になりますので、注意してください。

お風呂やトイレは家を建てる時には、暖房の事を考えても経済的に負担が大きくなるので取り付ける方も限定的になってしまいます。

なるべくなら、人センサー付きの温風機が付いているのが望ましいのですが、取り付けていない場合は最低でもコンセントは付けましょう。

そうする事で、簡易的な暖房器具を置く事が可能になります。温度変化を少なくすることがヒートショックから身を守る一番の方法になりますからね。

高齢者がいる家庭は特に気を付けて!

ヒートショックの原因や対策について紹介してきました。冬場のニュースでよく見かけるのがヒートショックによる事故です。

特に高齢者と一緒に住んでいる家族の方は、高齢者がお風呂に入っている時には、気を付けておいてください。持病もなく健康に過ごしている高齢者の方でも、ヒートショックによる脳梗塞や心筋梗塞等が起こりうるからです。

最近は高齢者が一人ですんでいる場合も多いので、その場合は、家族や親せきの方はデイサービスや介護サービスの提供が受けれるかどうか検討して見るのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
交通事故より死亡率が高い!ヒートショックの起こしやすい場所を知って対策をしよう!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事