ごぼう茶の効能!若返り効果って本当?その他驚きの効果を徹底解明!

ドラッグストアなどの健康茶置場に必ず目にする位置においてあるのが「ごぼう茶」ではないでしょうか?

TVでごぼうを食べて若返るなんて事を実験しているのを見た事がありますが、そんなに若返る事ができるのでしょうか?

ごぼうの成分って食物繊維くらいしか思いつかないですよね。食物繊維しかなさそうな、ごぼうをお茶にしても効能ってあるものなのでしょうか?

スポンサーリンク

ごぼう茶とは?

ごぼう茶ってなに?と知らない方も多いでしょう。ごぼう茶はごぼうをささがきして、乾燥や煎る事で水分を失くしてから、煮出してお茶風にして飲みます。

かなりごぼうの風味がバッチリでますから、特にごぼう独特の風味が苦手な方は厳しいかもしれません。良薬は口に苦しと言う言葉もあるくらいですから、このごぼうの独特風味や臭いが、良薬になっているのでしょうね~。

香りからすでに、THE GOBOU くらいの勢いが感じられます。

ごぼう茶にはどの様な成分が含まれているのか?

ごぼうってそんなに栄養素が入っているの!?くらいの勢いですよね。食物繊維のみしかないのかと思えるくらいですよね。

食物繊維以外にもごぼうにはポリフェノールの種類のクロロゲン酸やタンニンが含まれています。ごぼう独特の渋みと言った方がわかりやすでしょうか。

他には食物繊維でも不溶性食物繊維のセルロースとリグニンと水溶性食物繊維のイヌリンが含まれています。水に溶けるか溶けないかの差だけではなく、腸内での働きが全く違うのです。

不溶性は腸の動きを良くする役目で水溶性は有害物質を取り込んで体の外に排出します。

ごぼう茶を飲むとどんな効果がえられるのか?

食物繊維とポリフェノール系の成分がある事がわかりましたので、ごぼう茶を飲む事で普通にごぼうを食べる事で得られる効能と差がしょうじるのでしょうか。

基本的にはごぼうを食べる方が飲む事よりも効率がいいのですが、大量に食べれるわけではありません。そうなると、お茶にした方が安定的にごぼうの成分を体内に取り入れる事ができます。お茶にした場合に不溶性食物繊維は取れない事になります。

1.便秘の解消

食物繊維を摂取する事で腸内の動きが活発化する事になりますが、不溶性食物繊維はお茶からは取れないために、水溶性食物繊維のみの摂取になります。

ごぼうをそのまま食べるより効果は得られない可能性はありますが、水溶性でも食物繊維ですから全く効果が無いとは言い切れません。

2.アンチエイジング

老化現象は体の中で生成される活性酸素の影響によって体の機能低下など引き起こされる現象です。老化現象を抑制される物質として知れ渡っているのがポリフェノールです。

ごぼうにもポリフェノールが含まれているのでホット茶でもコールド茶でも体内に取り込めるので、効果は期待できます。ポリフェノール以外にも抗酸化物質として殺菌効果や抗がん作用・コレステロールの抑制にまで効果を持つと言われているサポニンも存分に入っています。

ただこのサポニンはごぼうの皮に含まれているので調理する時は皮を向かないのが一番なのですが、灰汁のもとでもあるので、お茶として摂取した方が効果があります。

3.利尿作用でむくみの改善

ごぼうの成分に水溶性食物繊維のイヌリンが含まれています。

体に悪い成分を取りこんで体の外に出す事を促す成分です。体に悪い成分=老廃物を利尿によって放出しますので、体のむくみが出やすい部分にはかなりの効果があるようです。

スポンサーリンク

4.冷え症の改善

男性の方には少ないく女性に多い症状で有名なのが冷え症です。新陳代謝が男性と女性では違う為に起こる現象なのです。

新陳代謝が違うと言う事は基礎代謝に問題があって体温が低い傾向の方に冷えの症状は出やすくなります。体が冷えている為に指先まで血液が届き難い状態な訳です。

ごぼうの成分の中に体温上昇の効果もあるので、冷え症を改善するための食材としてはベストな食材です。またサポニンには血液をサラサラにして血行を良くする効能もあり指先まで血液が巡る環境を作り出してくれます。

5.美肌効果

男性よりも女性の方が肌へのこだわりがあります。いつまでたっても綺麗でいたい!と言うのが女性でしょうから、肌のトラブルは避けたいところです。

吹き出物などが顔に出たら当然凹んでしまいますよね。そんなトラブルと避ける効果があるのが「タンニン」なのです。

このタンニンが炎症作用抑制や消炎作用があるので、肌のトラブルを起こさないために予防として、ごぼう茶を摂取するのがいいのでしょう。

ごぼう茶には副作用があるのか?

これだけ体にいいことだらけのごぼう茶ですが、これだけ体にいいと言われると疑いたくもなってしまうのが「私のわるい癖」。

ごぼうの副作用ってないのか!?基本根菜類ですから、ごぼう臭いくらいしか思い当たらないです。メリットがあればデメリットも存在するのがこの世の常ですから、ごぼう茶のデメリットを発見しました。

ごぼう茶に含まれる水溶性食物繊維です。単純な話なのですが、食物繊維は腸の活動を促し便秘を改善してくれます。が、ごぼう茶として飲む場合には、水溶性食物繊維の取りすぎでお腹が下り気味になってしまうのです。便秘から真っ逆さま状態です。と言っても飲むのを控えるだけで元に戻るので、副作用と言えば副作用?なの程度です。

ごぼう茶を購入するか自前で作るかはあなた次第

ごぼう茶の効能について紹介してきました。

ごぼう博士の南雲さん?の写真のを見ると昔の方がはるかに老けています。あれだけごぼうを絶賛しているわけですから、自分でも体感しているのでしょう。

いくら体にいいからと言っても、~し過ぎはよくないのでそのあたりは体と相談しながらごぼう茶をお楽しみください。

スポンサーリンク
ごぼう茶の効能!若返り効果って本当?その他驚きの効果を徹底解明!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事