びわの葉茶の効能!アトピーにも効果があるの?摂取し過ぎによる副作用は?

毎年秋頃にスーパーなどの果物コーナーにちょっとお高い果物が姿を現します。びわです。品のいい甘さで好きな方も大勢いるのではないでしょうか。

難点を言えば種が大きいと言う所でしょうか。そんな果物として有名なびわですが、びわの葉を使ったお茶が人気になって来ています。

民間療法として昔から使われてきたびわの葉をお茶にして飲むだけで、健康に。その効能はどんなものなのでしょうか。

スポンサーリンク



びわの葉茶とは?

びわの葉茶を知らない方も大勢いる事でしょう。

簡単に言うとびわの葉を乾燥させて煎ったあと水から煮出してお茶として飲みます。いわゆる健康茶のカテゴリーに入りまね。健康茶のイメージって皆さんどうでしょう?

「苦い」「渋い」「独特の味」と言う感覚を持っていると思います。

びわの葉茶も健康茶なら、この様な独特の風味を備えた飲みにくいお茶なのでは?と思う方も多い事でしょう。

しかし、このびわの葉茶は、若干薬膳風の味がしますが、飲む時に苦になるような味ではなく、あっさり・スッキリした感じの味です。普段飲むお茶と同じ様に飲めます。

びわの葉茶の成分と効能

あっさり・スッキリとした味わいのびわの葉茶です。

健康茶としての独特の風味が少ないのが特徴なのですが、昔からびわの葉にはさまざまな効能があり民間療法として取り入れられてきました。

びわの葉を使ったシップや温熱療法などが有名です。びわの葉から作られるびわの葉茶にはどんな成分があり、どんな効能があるのでしょう。

びわの葉茶に含まれる成分とその作用

  1. アミグダリン・・・・・抗がん作用 沈痛作用
  2. タンニン・・・・・腸内整腸作用 抗酸化作用
  3. サポニン・・・・・抗炎症作用 食欲増進 抗アレルギー作用
  4. クエン酸・・・・・疲労回復 食欲増進 肝臓病予防
  5. ブドウ糖・・・・・エネルギー補給 疲労回復 動脈硬化予防

びわの葉茶を飲む事で得られる効能

  1. がん予防
    アミグダリンはビタミンB17と呼ばれる成分で、がん予防に効果と期待がされています。
  2. 利尿・去痰効果
    タンニンとサポニンの作用により利尿・去痰(痰を気管支から取り除く)作用があると言われています。
  3. 胃腸病・肝臓病の予防改善効果
    びわの葉茶に含まれる成分の相乗作用によって胃腸や肝臓などの内臓関係の病いに効果があるとされています。
  4. 糖尿病・高血圧・アレルギー予防改善効果
    これらの改善・予防の効果は、びわの葉茶に含まれる成分による相乗効果で得られる効果とされています。

この他にも効果があるとされている効能

  • 滋養強壮
  • 下痢止め
  • 湿疹
  • あせも
  • 咳止め
  • 喘息
  • むくみ
  • 夏バテ解消
  • 食中毒の予防
  • 肩こり改善
  • 腰痛改善
  • ダイエット効果
  • アトピー性皮膚炎の予防
  • 新陳代謝の促進

など、さまざまな症状に効能があるので、万能薬茶的なお茶です。

特にアミグダリン」は抗がん作用に期待がされている他に美肌効果や美髪高価もあり、医療方面でも効果を期待している成分になっています。

スポンサーリンク

びわの葉茶には副作用があるのか?

これだけいい事が紹介されているからには、デメリット(副作用)もあるはずです。

言われている副作用的な物は「だるさ」「微熱」と言った症状が確認されていますが、好転反応と言われる体の反応で、びわの葉茶の効果が出始めている証拠の様です。

但し、医療業界でも期待されている「アミグダリン」は実は多量に摂取すると危険な成分でも有るのです。

体内にアミグダリンが入るとシアン化水素と言う猛毒に変化する事がわかっています。これは自然界に存在する植物性の毒素になります。青梅などを食べてはいけないと言うのもこのシアン化水素が関係している為です。

びわの葉茶に含まれるアミグダリンは、微量である為に人体には害を与える事はありませんが、それでも微量のシアン化水素は発生します。この微量な毒が体の細胞を活性化させて毒を体の外に排出しようとします。

この細胞の活性化によって弱っていた臓器や他の症状をも治してしまうと言う物です。いわゆるショック療法的な事をしている訳です。

毒なんでしょ?と思う方もいると思いますが、多量にアミグダリンだけを摂取した場合だけに起こると考えておいた方が良いです。

この他では、胃腸の弱い方が多量にびわの葉茶を飲む事で、腹痛や下痢を起こす可能性があります。びわの葉茶には整腸作用がありますが、ちょっと効果が高いようなので、胃腸が弱い方は成分になれる為には少量から飲み始めた方が良いでしょう。

びわの葉茶を美味しく飲むには

現在販売されているのは、パックに入っているタイプがほとんどだと思います。

これだと麦茶や紅茶のように水だしでも行けそうな気がします。

水だしでもでない事はないのでしょうが、煮出してから飲むようにした方が確実に美味しく頂けると思います。

びわの葉茶を飲んで健康に

びわの葉茶の効能などを紹介してきました。日本でもかなり古くから医者にかかれない庶民の間で使われていたと言う万能薬的な、びわの葉です。

いろいろな症状に効くと言われていますので、調子がいまいちだったり、症状で苦しんでいる方も、いつも飲んでいる緑茶からびわの葉茶に1杯からでも変えて見てはいかがでしょうか?

民間療法ですから効果の効きは個人差があるでしょうから長期的な目線で飲む方が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

びわの葉茶の効能!アトピーにも効果があるの?摂取し過ぎによる副作用は?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事