シンガポールに行くなら絶対外せないおすすめの観光スポット7選!

マレー半島の突端に位置しているシンガポール共和国。実はこのシンガポールはマレー半島の一部ではなく菱形の島と言う事を知っていましたか?

それを本島として60の島から成り立っているのがシンガポールなのです。シンガポールは東南アジアの貿易の拠点であったり観光立国としての顔を持ちあわせています。

またシンガポールは環境美化に関して罰則を設けているので、観光に行った時は注意が必要です。

スポンサーリンク



シンガポールの気候を知ってベストシーズンを選択しよう

シンガポールはマレー半島の突端と言った地形にあるので、気候は熱帯性モンスーン気候になります。季節は乾季と雨季の2季節と言った分け方になります。シンガポールでは一年を通して高温多湿になっています。

乾季は4月~9月 で空気も乾燥しています。6月~8月にかけては日差しがかなり強くなり紫外線量も多くなりますので、サングラスと帽子は必需品になります。シンガポールの乾季は他と違って1時間くらいのスコールが頻繁にあるのも特徴です。

雨季は10月~3月です。気温は若干は下がるようですが、最低気温が20℃を割り込む事はありません。また11月~12月の2ヶ月間の降水量の平均は200mmを超えてきますので、観光時期として向かないです。

シンガポールを観光するなら4月~6月がベストシーズンではないでしょうか。

シンガポールに行ったら是非見ておきたい観光スポット

シンガポールは都市国家だけに町部周辺の観光がメインになると思います。どこが自分にあった場所を見つけに行くのもいいかもしれませんね。

1.マーライオン公園

シンガポールと言ったらマーライオンが最初に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

以前は世界がっかりスリー観光地の一つとして不名誉な称号を与えられていましたが、現在の設置場所に移動してからは、背景のビル群の夜景も楽しめるスポットなっています。一度は見て見たいですよね。

マーライオン公園

出典:https://ryokoukankou.com

2.サンズ・スカイパーク

街の中心部にある57階建ての建物がサンズ・スカイパークです。

スカイパークの展望台からは、マリンベイ地区や世界でも有名なシティビューやスーパーツリーグローヴなどが360度のパノラマビューになっています。

シンガポールの摩天楼が一望できるのが、このサンズ・スカイパークです。想いで作りの写真撮影は必須です。

サンズ・スカイパーク

出典:http://singapore.navi.com

3.オーチャード・ロード

シンガポールでショッピングするなら、このオーチャード・ロードが一番です。

有名ブランドのブティックや日本のデパートにショッピングセンターが多く立ち並んでいます。

観光だけでなくショッピングに集中したい方にはうってつけの所です。日本語が通じる店舗もあるようなので、何となく安心感がえられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

オーチャード・ロード

出典:http://tabisuke.arukikata.co.jp

4.リトルインディア

シンガポール観光の定番にもなっているのが、リトルインディアです。インドの雰囲気がシンガポールでも楽しめるようなエキゾチックな街並みになっています。

お土産屋ではサリー等も販売していたり、金専門の装飾品店などもあります。まるでインドにイルカのようにも思えるくらい、時間の流れがかなり緩いです。

観光で疲れたらここで一息つくのは結構心の癒しになりそうですよ。

リトルインディア

出典:http://tripping.jp

5.スリ・マリアマン寺院

シンガポールのチャイナタウンのど真ん中にあるのが、シンガポール最古のヒンドゥー教の寺院・マリアマン寺院です。

寺院の屋根にはヒンドゥー教の神々が隙間なく彫り込まれています。

かなり色鮮やかになっているので、じっくり観察したいところです。ここも一度見たら忘れないくらいのインパクトがあります。

スリマリアマン寺院

出典:http://4travel.jp

6.ラウ・パサ・フェス・ティバル・マーケット

シンガポールのローカルフードの屋台が集合しているフードコートです。観光スポットとしても有名でツアーを組んでいる所もかなりありそうです。

建物はヴィクトリア調の建物なのですが、中に入ればTHE東南アジア的なインパクトです。香辛料の匂いも漂っているので、食欲増進間違いないです。

ラウ・パサ・フェス・ティバル・マーケット

出典:http://kankoryokoinfo.com

7.マリーナ・ベイ・サンズ

シンガポールの夜景の代名詞になりつつあるのがこの、マリーナ・ベイ・サンズです。

一番はやはり夜景スポットなのですが、昼間はショッピングやグルメ・ミュージアム等が楽しめる商業複合施設でもあります。日本にはないカジノが24時間営業しているのが特徴敵でも有ります。

ちょっと大人の雰囲気を味わいたいなら、このマリーナ・ベイ・サンズはかなりのおすすめかもしれません。

マリーナ・ベイ・サンズ

出典:http://www.arup.com

シンガポールの観光スポットはまだまだ沢山存在しています。都市国家だけに夜景に特化した観光スポットの作り方をしている町です。自分の好きな夜景探しをしてもいいでしょう。

さすがシンガポールの絶品夜景

シンガポールの観光スポットをいくつか紹介してきました。マーライオンが有名でもありますが、近代建築のビル群が立ち並んでいるので、夜景を見ながら街をぶらりするのもいいかもしれません。

海風に当たりながら異国情緒あふれる街を夜の風景の一部になってみてはいかがでしょう。

また冒頭でも話しましたが、環境美化に力を入れているので、日本では常識でもシンガポールでは非常識ということもありますので注意して観光を楽しんでください。

スポンサーリンク