飛行機に赤ちゃんを乗せる時のチェックポイント!

飛行機に乗って抱っこひもでお母さんに抱かれている方を見かけた事はないでしょうか?おつ!赤ちゃん!と思って見入ってしまう事もあるでしょう。

でも赤ちゃんって飛行機に乗せても大丈夫なのでしょうか?航空会社が許可しているから大丈夫なんだろうな~くらいにしか思わないですよね。

でもいざ自分の子供だったりした時にはどうしたらいいかわからないですよね。

スポンサーリンク

飛行機に赤ちゃんはいつから乗れるの?

これは誰もが思う事かもしれません。一応病院から退院してからなら、飛行機に乗る事が可能なようです。航空会社にもよるようですが、生後8日を過ぎていれば可能らしいですが、これってかなり心配ですよね~。

基本的にはベビーカーでお散歩も生後1カ月経過後くらいからでしょうから、生後8日目ではかなり赤ちゃんには負担が大きそうです。

また産後のお母さんも体調が戻るまでは3週間と言われているので、両方の体の負担を考えるなら生後1カ月を過ぎてからの方が良いでしょうね。

飛行機に乗る時に赤ちゃんは料金は取られるのか?

基本的には2~3歳児までは、お母さんの膝の上に座る事が前提であれば料金は取られる事はありません。ただし、2歳未満の赤ちゃんの場合にはチャイルドシートが義務付けられているので、航空会社に事前に赤ちゃんも一緒である事を伝えておく必要があります。

航空会社で事前にチャイルドシートの準備もありますし、連絡をしていないと搭乗が出来ない事もありますから、必ず連絡しましょう。連絡することで赤ちゃん専用の座席を用意している飛行機もありますからね。

飛行機の中で赤ちゃんがグズってしまったら

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗った事がある方ならわかると思いますが、赤ちゃんがグズってしまったらどうしようと心配になってしまいます。

一応飛行機に乗る前に、授乳やおむつ替えは確実にしておく事が大事です。搭乗してからも周囲の人に赤ちゃんがいるので、迷惑をかけるかもしれない事を伝えておくと、グズッた時の周りの人の不快感も多少は少なくなります。

1.気圧の変化

飛行機に乗った方ならわかると思いますが、離陸すると気圧の変化が確実に置きます。大人でも耳に不快感が出るのですから赤ちゃんも不快になる事は確実です。

それを避けるためには、離陸する時に授乳や飲み物を与える事で耳にかかる不快感が取り除かれますよ。

スポンサーリンク

2.音を聞かせる

赤ちゃんが飛行機の中でグズってしまったら、音を聞かせる事でぐずりやむ事もあります。

その方法は、スーパーのビニール袋です。これって擦ると結構「ガサガサ」音が出ますよね。これが赤ちゃんには良いらしいのです。

それはお腹の中にいる時の音に似ているからと言われています。こんな音で?と思うかもしれませんが試してみる価値は有りますよ。

3.見える範囲を制限する

これは飛行機に乗る前からの対策になるのでしょうが、赤ちゃんの見える範囲を制限する事で不安感を失くす対策になります。

人間は誰もが見慣れない場所や雰囲気によって不安感を抱きます。当然、赤ちゃんもそうです。見える世界をお母さんだけにする事で、安心感を与えると言う事です。

飛行機に赤ちゃんが乗る場合のチェックポイント

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る場合にグズリ対策以外にも注意しなければならないポイントがあります。

1.早めに飛行場に行きましょう。

初めて飛行機にのる赤ちゃんにとっては空港や飛行機に慣れる必要があります。また授乳やおむつ替えもしておく必要があるので、早めに来ておく事がベストです。

航空会社によっては赤ちゃんがいる方を優先的に案内する事もありますから、早め早めの行動をとる事を心掛けましょう。

2.機内の乾燥

飛行機の機内は、部品のサビ防止のために湿度を低くしています。20%台が多いと思いますが、状況によっては10%台になる事もあります。

大人でも呼吸するだけで水分がなくなってしまう状態ですから、赤ちゃんにとっては更に辛い状態になってしまいます。それを避けるために、哺乳瓶で水分を補給させたり、ストロー付きのコップで小まめに水分を与える事が大事です。

また肌も同時に乾燥していきますので、赤ちゃん用スキンケア用品を手持ちのバッグにいれておきましょう。

3.飛行機の予約時間

グズリ対策にもなりますが、普段の赤ちゃんの生活リズムに合わせて飛行機の予約をとる事も大事です。夕方ぐずる赤ちゃんなら、夕方の便を避ける等の工夫も必要になります。

飛行機に乗るのは大人の都合ですから、赤ちゃんの事を一番に考えて飛行機の便を取る事も大事です。

赤ちゃんが泣くのが仕事

飛行機に赤ちゃんと乗る時の注意点について紹介してきました。どの航空会社でも赤ちゃんがいる事でかなり気を使って対処してくれます。

絵本や毛布などのサービスもしてくれる所もあるので、気軽にCAさんに声をかけて見てください。サービスのプロですから必ず答えを出してくれるはずですから。

また最近赤ちゃんがなく事を異常に嫌がる大人の方もいますが、赤ちゃんは寝る事と泣く事が仕事です。不快な思いかもしれませんが、大人の心を持ってください。

その時に赤ちゃんの顔を見せてもらえれば、心が安らぐかもしれませんよ~。

スポンサーリンク
飛行機に赤ちゃんを乗せる時のチェックポイント!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事