寒暖差アレルギーって何?鼻水や咳が止まらないならその可能性も!

春先や秋口は、毎日の気温の差が大きくなっていきます。昨日は一日を通して7℃だったのに今日は20℃近くもあるなど、気温の差が激しい季節です。

この気温差に体調が合わせずに体調を崩す方が大勢います。クシャミや鼻水が出るけど風邪ではなさそうなど、風邪に似た症状も出たりもします。

前日が寒くて今日暖かいと言ったように気温差が激しい時限定と言う方は寒暖差アレルギーかもしれません。

スポンサーリンク



寒暖差アレルギーとは?

温度差が激しい季節や屋外と屋内の気温差が大きいと鼻水や咳が止まらなくなってしまったり、頭痛が治まらない。又はイライラや食欲不振になる方も中にはいます。

寒暖差アレルギーと世間一般ではいわれていますが、アレルギー物質がないので基本的にはアレルギーではありません。血管運動性鼻炎が正式名称になります。

気温差が大きい為に自律神経が不調をきたすことで、鼻水や咳・クシャミが出やすくなっている状態のことです。

寒暖差アレルギーが起こる原因は?

寒暖差アレルギーになる大きな原因は、自律神経が破たんをきたしてしまうからです。血液の流れの管理も自律神経が行っているのですが、日々の気温差や屋内外の気温差があまりにも大きいと自律神経のセンサーが壊れてしまいます。そうすると自律神経が誤作動を起こしていまいます。

寒いところから暖かい所に来るとセンサーが異常反応を起こして鼻水や咳を引き起こしたりする事になります。体調がおかしいのでは?と言うことにつながって行きます。

この寒暖差アレルギーには鼻水・咳以外にもイライラしたり食欲不振にも陥ったりします。これらも全て自律神経が管理している場所でもあります。自律神経が誤作動を起こしているので、胃酸の分泌量が適切でなかったり、理由もなくイライラと精神面にも大きな症状を起こす事になります。この症状が進むと自律神経失調症にも繋がって行く可能性がある事になります。

寒暖差アレルギーと風邪をの見分け方

寒暖差アレルギーで起こる症状は鼻水・咳・クシャミ・頭痛などですが、どれも風邪と同じ症状だと思いませんか?症状で判断する事が実は難しいのです。では自分では判断ができないのでしょうか?

自分で判断する一応の目安

1.鼻水の色

風邪をひいた時の鼻水の色って皆さんどんな感じか思い出してください。若干黄色がかっていて、粘り気が強い鼻水ではないでしょうか。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーの場合には鼻水は透明でさらさらした状態になっている事が多いです。

2.目の充血

原因物質があるアレルギーの場合に、目が充血したり、強いかゆみに襲われたりもします。

目の充血やかゆみが無く鼻水だけの症状の場合には、寒暖差アレルギーの可能性が高くなります。

3.この他の症状

  • 朝と晩の気温差が激しい時間帯だけに鼻水や咳が止まらない。
  • 春や秋の気温差が激しい季節になると鼻水や咳・頭痛が止まらない。
  • 咳やクシャミ・鼻水が出ているのに熱が上がってこない。

など場合は寒暖差アレルギーかもしれません。

但し、自己判断して病気を見過ごしてしまうかもしれませんので、念には念をいれて病院で診断してもらう方がよいでしょうね。

寒暖差アレルギーの対策はどうすれば?

寒暖差アレルギーは基本的には病気ではありません。自律神経が誤作動しているだけですから、その誤作動を元に戻す事で寒暖差アレルギーの症状は無くなります。

どうすれば元通りになるのでしょうか?

1.適度な運動

寒暖差アレルギーの方は特に女性の方がなりやすいと言われています。それは筋肉量が男性を違って少ないために、筋肉が冷えてしまっている為に温度調整ができにくいからです。

適度な運動をすることで、筋肉を使用すれば筋肉の熱で体が暖かくなります。服装も温度調節がしやすいようにしておくと自律神経はスムーズな活動になります。

2.食べ物で調整

医食同源と言う言葉がある通りに、食べ物でも寒暖差アレルギーに対応する事ができるのです。冬は体を温めるために、生姜やニンニク、根菜類などを食べる事で体の芯から温まる様になります。

また夏は体を冷やす野菜が多く出回りますが、冷やしすぎもいけないので、体を温める野菜類を食べる事が重要になります。体を冷やす事が寒暖差アレルギーを引き起こす引き金にもなっている様なので、常に体は暖かくしておく事が望ましいのです。

3.お風呂

冬場ではシャワーだけで済ます方はいないでしょう。実はシャワーは体を冷やすので、夏場でも湯船にゆっくり浸かる事が大事です。暖かいお風呂に入る事で自律神経も安定した働きをするようになりますからね。

他にも方法があるとは思いますが、共通的な所では、体を冷やす行為自体が寒暖差アレルギーを引き起こす要因ではないのか?と思えてきませんか?

人間の体で冷やしていいのは頭だけですからね~。

寒暖差アレルギーか迷ったら

寒暖差アレルギーの原因や症状・対策について紹介してきました。夏場は特に屋内外の出入りが多いと寒暖差アレルギーの症状が大きくでたりもします。

また症状が悪化すれば自律神経失調症を引き起こしかねません。なるべくは、気温に応じた服装で常に体を冷やしすぎないようにしなければなりません。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーって何?鼻水や咳が止まらないならその可能性も!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事