寝不足が引き起こす健康的被害の症状とは?改善方法を知って快適な暮らしを送ろう!

皆さんは毎日どのくらいの睡眠時間をとっていますか?8時間と言う方もいれば、4時間と言う方もおられるのではないでしょうか。

なかにはちゃんと寝ているにも関わらず、寝不足と訴える方も多くいる事でしょう。どのくらい寝れば寝不足にならないのでしょうか?寝不足が続くと体にどんな症状が起きるのでしょうか?

スポンサーリンク



寝不足と感じない睡眠時間はどのくらい?

人の最適で健康的な睡眠時間は8時間と言われています。一応、8時間の睡眠の根拠は研究結果からも明らかになっています。その研究結果から言うと4時間の睡眠時間では、人は寝不足を感じる結果になっています。4時間の睡眠でも寝不足を感じない方は異常?なのって事になりますよね。

そこで、問題となるのが睡眠の質になります。起きる時間が深い睡眠状態で無理に起こされた時はいくら8時間寝たとしても寝不足を訴える事になります。また睡眠時間が少なくても、浅い睡眠状態で起こされた時には寝不足を訴える事がありません。眠りの浅い深い周期を見極めておけば寝不足を感じる事が無さそうです。

但し、きわめて短い睡眠や長時間の睡眠は健康的に良くない結果を産みだしている事も頭の隅に置いておいた方がいいでしょうね。

寝不足が起こす健康的被害の症状にはどのような物があるのか?

自分が寝不足だ!と思った時にはどんな症状が出た時に、そう感じるのでしょうか?

1.記憶力の低下

寝不足で、脳の疲労が溜まると十分な脳の活動ができなくなり、記憶力の低下と言う現象が出てきます。

  • 何回も同じ質問を繰り返す。
  • 簡単な物事を忘れてしまう。

2.思考力の低下

寝不足が原因で、脳の活動が抑制されてしまいます。そうなると考える力が低下する事になります。

  • 会話の内容が頭に入らない。
  • いつもなら出来る仕事や勉強ができなくなってしまう。

3.集中力の低下

寝不足が原因で、常に脳が活動している状態で、休息する事ができないために起こります。

  • 運転中のミスの連発
  • 簡単な作業なのに、ケアレスミスが多くなる。

4.異常な疲れ

寝不足が原因で、脳が十分に休むことができないために、体の疲労も完全に回復しないために起こります。

  • 午前中など体を本格的に動かしていないのに異常なまでの疲労を感じてしまう。
  • ハードに体を動かしていないのに、疲労を感じてしまう。

5.昼間に異常な眠気に襲われる

寝不足によって、脳が休むことができずに疲労物質が溜まってしまうと、疲労をなくすために睡眠をとろうとするために起こります。

スポンサーリンク

  • 毎日同じ時間になると、異常な眠気に襲われる。
  • 考え事をしていると、いつの間にか寝てしまっている。

6.頭痛が頻繁に起こる

寝不足が原因で脳内に疲労物質が溜まります。それを解消するために、脳内の血管が広がり血流量を多くなります。

血管が広がることで、血管周辺の脳が圧迫を受けるために痛みが発生します。

7.精神が不安定

寝不足によって脳内から分泌される精神を安定させる物質、ノルアドレナリンやセロトニンの分泌量が減ってしまいます。

  • イライラが治まらない
  • 急な不安感に襲われる
  • 吐き気や目まいが頻繁に起こる
  • うつ病やパニック障害を起こす可能性が高くなる

この他にもいろいろな症状を引き起こすことが考えられます。

寝不足の症状を改善させる方法

寝不足の症状を改善する為には、睡眠をとる以外方法はありません。しかし、闇雲に寝たからと言って寝不足の症状が改善する訳ではありません。

自分の睡眠が正しいものなのかを知らないと改善する事ができないのです。睡眠時間も大切ですが睡眠の質も大きな役割を担っている事になります。

1.深い睡眠時間を考える

一番深い睡眠時間は、就寝直後の3時間と言われています。この深い睡眠状態の3時間をしっかりとれる事が重要になってきます。この3時間をいかに取れるかによって起床してからの行動が決定してしまいます。

毎朝6時に起床すると考えると、最初に紹介した時に4時間では寝不足と言う結果を考慮した場合に遅くても午前1時までには、寝ることが寝不足解消の最低条件になります。

2.就寝前にリラックス状態にしておく

深い睡眠をとる為には、脳をリラックスした状態にしておく事が重要になります。

  • ぬるま湯のお風呂にゆっくり入る
  • ホットミルクやココアなどを飲む
  • クラシック音楽を聞く
  • 寝る1時間前に部屋を薄暗くしておく

などをすると、脳内からリラックスを示すα波が多くでるようになります。

3.脳を刺激しない

脳をリラックスする為には相当な時間を要しますが、ちょっとした刺激で一気に脳内は覚醒してしまいます。

  • 仕事や勉強をしない
  • コーヒー・紅茶・お茶を飲まない
  • パソコンやスマホをいじらない
  • 寝酒はしない

4.自分にあった寝具を用意する

意外と自分にあっていると思っている枕の高さがストレスになっている事もありますので、低めの枕の下にバスタオルなどを重ねて一番楽な高さに調節する事も大事です。

人生の1/3は枕と共に過ごしますからね。

5.生活リズムを一定に保つ

起床時間を毎日同じ時間にする・朝食を同じ時間にとるなど、毎日の朝の行動を一定にする事で、脳はその行動を正しいと認識して、朝に向けての準備活動にはいりやすくなります。

寝不足は寿命を縮める!?

寝不足によって起こる症状や改善方法を紹介してきました。

寝不足によってさまざまな体へのトラブルが起きる事がわかってもらえたと思います。寝不足は人間の寿命にも影響をおよぼす事がわかっています。

忙しいから、やることがあるからと言って睡眠時間を削るのではなく、昼間にある無駄な時間を削除する事で、睡眠時間を確保することができるようにもなります。

昼間の自分の行動を見返してみるのも重要なのです。

スポンサーリンク

寝不足が引き起こす健康的被害の症状とは?改善方法を知って快適な暮らしを送ろう!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事