桃が変色する理由は?長時間キレイに保つための方法とは!

甘くてみずみずしい果物、桃。でもちょっと触るだけで、へこんだり変色してしまいますね。

特に、カットしておいて少し時間がたつとあっというまに変色してしまうので、なんとなくおいしくなさそうに見えてしまいます。

そんなデリケートな桃を変色させないためにはどうしたらいいのでしょうか?

桃を変色させない方法や美味しく食べるための保存方法についてお伝えします。

スポンサーリンク



桃が変色する理由は?

桃にはポリフェノールという成分が含まれています。アンチエイジングや美容にとっても効果的なポリフェノールですが、実は酸素にふれると「酸化」という反応をおこして色が変わるのです。

ポリフェノールの成分が少なければ、色が変色するのに時間がかかるのですが、桃にはポリフェノールがたっぷりふくまれているのであっという間に変色してしまうのです。

なぜ酸化するのかというと、酸化することで果実が病気やカビなどから身を守るためではないかと言われていますが、ポリフェノールの働きについてはまだよくわかっていません。変色は桃が身を守るための精一杯の抵抗なのかもしれませんね。

桃の栄養成分

桃の成分はほとんど水分です。だからあんなに甘くてみずみずしいのですね。

しかし、少ないながらも体に良い栄養成分はしっかり含まれています。

ナイアシン

桃には水溶性ビタミンであるナイアシンが含まれています。

ビタミンB群の仲間であるナイアシンは、皮膚や粘膜の健康を維持するために必要な成分です。

カリウム

カリウムはホウレンソウやさつまいもなどに含まれているミネラルの一種です。

血圧や細胞を正常に維持する作用があります。

カテキン

桃にはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれています。

カテキンと言えばお茶に含まれている成分ですが、それと同じものが桃にも含まれています。癌や動脈硬化を予防したり、アンチエイジングにも効果が期待できるなど健康にすぐれた効果を発揮します。

食物繊維

桃の水分には水に溶けやすい水溶性食物繊維がたっぷり入っています。

この水溶性食物繊維はりんごと同じペクチンという成分で、整腸作用があります。ペクチンは便秘を解消してお肌をきれいにしてくれるなどうれしい効果が期待できます。

桃の上手なむき方は?

桃を変色させずきれいにむくにはどうしたらいいのでしょうか?

それにはちょっとしたコツがあります。

スポンサーリンク

まず種に沿って包丁を入れ、包丁を一周させます。
桃の左右を手でくるっとひねってふたつに分け、スプーンで種を取り出します。
熟している桃なら皮の上をつまんで引っ張れば簡単に向けます。
むきにくい桃なら湯むきをしてからむきます。
沸騰したお湯に10秒ほど浸したあと、冷水につけてからむくとむきやすくなります。

桃を変色させないための方法

カットした桃を変色させないためには砂糖水やレモン水に浸しておくと変色防止になります。

変色防止をしたあとは、ジップロックなどの密閉袋に入れて冷蔵庫に保存しましょう。少なくともカットして2時間ぐらいは変色防止効果が期待できます。

砂糖水の場合

砂糖と水を同量に溶かします。カットした桃を砂糖水にさっと浸します。砂糖の糖分が桃の表面を保護してくれるため色が変わりにくくなります。

レモン水の場合

カットした桃に大さじ1~2のレモン汁をかけます。レモンに含まれているビタミンCが酸化防止になり、変色を防いでくれます。

桃は直射日光の当たる場所や冷えすぎる場所は避けて、常温で保存するのが基本です。硬い桃は、常温で1日~2日おけば柔らかくなって食べやすくなります。

皮が少し透き通ってきたら柔らかくなっています。硬い桃が好きな人は、あまり日数をおかないで食べたほうがいいですね。

すでに柔らかくなっている桃はとってもデリケート。そっと新聞紙に包んであげて下さい。そしてなるべく涼しいところで保存してあげて下さいね。冷蔵庫に入れると甘さが減ってしまうので、食べる直前まで入れない方がいいです。

食べる2時間ぐらい前に冷蔵庫に入れて冷やすとより一層おいしくなって食べやすくなります。ただし冷やし過ぎには気を付けて下さいね。

おいしい桃の見分け方

おいしい桃を見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?桃は傷が付きやすく、触ったり押したりして確かめることができないので、見た目で判断することになります。そのポイントをご紹介します。

  • 桃の形がきれいな左右対称になっているもの
  • まるみをおびた形のもの
  • きれいなピンク色あるいは黄色い色をしているもの
  • 香りがよいもの
  • 皮の表面に柔らかな薄い毛がびっしり生えていて、ツルツルしていないもの
  • 皮の表面に傷や変色、へこみなどがないもの

まとめ

とってもかわいい桃はそのまま食べても美味しいけど、ほかにも色々な食べ方ができます。例えばサラダにしたり、ケーキに入れてスイーツの材料にしたり、レモン汁や砂糖と一緒に煮れば手造りジャムのできあがりです。

もちろん、使う前にはきちんと変色防止効果をしてから使って下さいね。

美味しい桃をたくさん食べて、健康づくりや美肌効果に役立てましょう!

スポンサーリンク

桃が変色する理由は?長時間キレイに保つための方法とは!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事