寝起きに咳が出る!長く続くけど大丈夫なの?

朝寝起きに上半身だけを起こした時に、のどから気管支にかけてムズムズして咳き込むこむ方もいるのではないでしょうか。

その症状が、1~2日程度ですむのなら風邪かな?と思いますよね。でもこれが1~2日で治まらず、長期化しているとなると、さすがに何らかの病気が原因なのか?とも考えてしまいます。

では寝起き時になぜ咳が出るのでしょう。咳の原因や対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク



寝起きの時にでる咳の原因は何?

寝起きの直後から咳をする事を経験した方も多いのではないでしょうか?胸のあたりがムズムズして我慢しきれないと咳がでます。

これが1日2日なら何とも思う事もないのでしょうが、それが毎日続くとなると、もしかしてといろいろな病気を考えてしまったりもしまます。

考えられる咳の原因を紹介していきましょう。

1.乾燥による咳

部屋中の湿度がない状態の場合によって咳がでます。

加湿器などで加湿をして急激に湿度をあげても症状となる咳の原因にもなります。

2.喘息の初期症状

風邪でもないのに、毎朝起きる時に咳が続くようであれば、喘息の可能性が高くなります。

また痰やつばが出ない場合には喘息の咳と考えて早めの治療の必要性があります。

3.ハウスダスト

掃除は小まめにしている部屋でもハウスダストはゼロではありません。

掃除以外に対策としては空気清浄機を使用してホコリや花粉などを極力除去する必要があります。

4.アレルギー

アレルギー症状だとくしゃみではと思う方もいると思いますが、アレルギーでも咳をする事もあります。

体にアレルギーの抗体が出来てしまうと、必要以上に体が反応してしまうので、アレルギー?と感じた場合にはアレルギー検査で何アレルギーが知っておきましょう。

5.肺がん

タバコを吸う方ももちろんですが、タバコを吸わない方でも肺がんになるリスクはかなりあります。

朝寝起き時に咳が出る原因は肺に溜まったタールを体から外のだそうとする為でも有ります。

寝起き時の咳が続くなら病気かも?

毎日寝起き時に咳が止まらない場合に、考え付くのはもしかして病気?ではないでしょうか?先ほど肺がんを原因に含めましたが、肺がん以外にも起こりうる病気をいくつかあげておきます。

1.肺結核

結核菌によって感染する病気です。

風邪と似たような症状を引き起こしますが、風邪薬を飲んでも全く治らないと思う場合には肺結核の可能性も否定はできません。

スポンサーリンク

2.慢性閉塞性肺疾患

タバコ等の有害物質を長い期間吸いこんで起きる症状です。

気管支に炎症が起きる事で、息切れや咳などを引き起こします。

3.後鼻漏

鼻水が鼻から通常は排出されますが、100%鼻から排出される訳ではありません。

約30%の鼻水は喉の奥の方に流れ込んでいきます。これを後鼻漏と言います。これが喉の奥に溜まる事で、寝起き時に咳をする事で、外に排出しようとします。

寝起き時の咳を押える方法あるのか?

原因がある限りは対策を講じなければなりません。万が一病気の場合もありますので、気になる方は病院へまず行くことをしましょう。

1.部屋を加湿する

部屋の中の乾燥状態が酷いと呼吸をするだけでも口の中は乾燥してきます。

加湿器などをしようして加湿をする事で乾燥を防ぎます。加湿器がない場合はバスタオルを濡らして干すだけでも、かなり加湿されます。

2.鼻呼吸に変える

寝起き時に咳をする多くの方は、寝ている時に口呼吸をしている確率が非常に高いと言われています。

いきなり鼻呼吸にしろと言われても何をしていいかわかりませんよね。枕の高さを変える。

又は鼻呼吸をしやすくするアイテムが販売されているのでそちらを利用してみるのも対策になります。

3.ガムを食べる

寝ている時にガムを食べるのは危険なので、日中にガムを噛むと言う事です。

日中にガムをかむ事で喉の保湿効果を高めますので、寝起き時に喉の乾燥を防ぐ目的になります。

4.マシュマロを食べる

マシュマロはゼラチン質の塊りですから、食べる事で体内でゼラチンに戻ります。

このゼラチンが喉の保湿効果を高めるので、喉の乾燥や痛みを緩和する事が出来るようになります。

5.市販薬を飲む

長期対策ではお薦めしませんが、市販薬の咳止めを寝る前に飲む事で、寝起き時の咳を止める対策をします。

この薬を飲んでも咳が出るようなら確実に、病院に行くようにしましょう。

5つほど寝起き時の咳対策を紹介しましたが、基本的には喉の保湿が主な目的になります。マスクなどをして寝れるかたならそれでも、構いません。自分にあった物を探して見てもよいでしょう。

長期的に咳が出ている場合は病気を疑う余地が高いので、病院に確実に行くことが必要になります。

寝起き時の咳が止まらない

寝起き時に咳が必ず出る場合の原因と対処法を紹介しました。

基本的には喉の乾燥が一番の原因と言ってもいいのですが、喉の乾燥を防ぐ対策をしているにも関わらず咳が止まらない場合には病院に通院することをお薦め致します。

咳をする事は呼吸器系に何らかのトラブルを抱えている可能性を否定する事が出来ない為です。病院に行く事は誰も好きではありませんが、自分の体に異常がない事を確かめる場所でもありますので、何事もなければ、喉の保湿が足らないと言う事も言えるようになります。

安心をする為に病院行く事も大事です。

スポンサーリンク

寝起きに咳が出る!長く続くけど大丈夫なの?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事