クレジットカード決済システム導入が簡単!AirPAYで効率化・コストカットが実現可能に!

Airpayと聞いてピンとくる方は、個人商店や商業施設で働いている方が多いのではないでしょうか。

まだ、日本の店舗では見かける事が少ないこのAirpayのシステムですが、他のカード払いや交通系の電子マネーにでも対応ができるのでしょうか?カードのなりすましやスキミング対策はどうなっているのでしょう。などなど、不安感が多少ありますよね。

スポンサーリンク

Airpayのシステム

基本的には店舗側の処理システムです。カードで支払う場合には店舗側はカード読み取り機の運用コストや手数料が曖昧な物が多くあったために、カード決済端末にかかるコストが高く感じるケースが多く存在しています。

カード会社によって指定口座を作らなければならないし振込手数料も店舗側持ちとなると固定費がかさんでしまいます。

Airpayのシステムはipadまたはiphoneを用意して、Airpayから支給される決済端末機を設置するだけで、カード決済システムが出来てしまうと言う物です。

手数料は業界最安値となっており、月額の固定費用が無料で利用できます。

さらに、Airpayの為に新たな銀行口座を開設する必要もなく、振り込み手数料は銀行が持ってくれると言うシステムになっています。

持ち運び出来るシステムで、外での販売や野外イベントでも使う事が出来るようになっています。

Airpayの導入方法を紹介

言葉で説明してもなかなかわかる物ではありませんので、簡単なAirpayの説明を動画で紹介します。


カードも電子マネーも使えるおトクな決済サービス「Airペイ」

この動画はAirpayの導入を考えている方には、かなりわかりやすく説明されている動画になっています。

このAirpayを導入することで、カード決済や交通系電子マネーの決済までが1台の端末で出来てしまうのがかなり、店舗側としては使いやすいシステムなのではないでしょうか。

実際に導入した店舗の動画も見てみましょう。


AirPAY(エアペイ)導入事例-BOOK LAB TOKYO

こちらは実際に店舗導入した事例ですが、かなりの業務の効率化が図られている様に感じられます。

但し、どの店舗でも言える共通点は、Airpayの導入と同時にairレジも導入している所です。この両方を活かすとかなり業務管理が出来てかつ簡単な決済方法につながっている様です。

Airレジを導入するかは店舗の運営方法によっては使うか使わないかの選択が出来るようになっているようです。

カード決済が多い店舗ではAirpay+airレジを採用して、カード決済が少ない店舗ではAirpyaのみの導入でも大丈夫そうです。

Airレジってなに?

Airpayに付随する連動サービスになっていて、

注文を入力→カード決済→会計完了

を一連の動作でipadとairpay端末機のみで会計完了までその場で出来てしまうシステムです。

スポンサーリンク

Airレジで出来る機能

  1. 注文入力と会計
  2. レシート出力 (プリンターを別途導入)
  3. キャッシュドロアと連携(普通のレジとの連携)
  4. 領収書の発行
  5. バーコード読み取り ipadでバーコードを読み取り出来ます。
  6. オフライン機能 インターネットに接続が無くても一部会計に使用する事が出来ます
  7. 売上分析 注文入力からのデータを取りまとめて売上げの分析が出来る表を作成出来ます。
  8. 顧客管理 顧客のデータと注文データをリンクさせてどの様な品を購入しているかがわかる。
  9. 商品管理 商品をカテゴリーごとに分類して登録する事も可能です。
  10. 在庫管理 商品管理とリンクする事で即座に在庫確認が取れます。
  11. クレジット決済 airpay端末とのリンクで決済が可能になります。
  12. 会計ソフト連携 会計ソフトと連携する事でより細かい売上管理等が出来るようになります。

Airレジとリンクするだけでこれだけの事が業務上出来る事になれば、店舗での店員の役割も変わって来そうです。また、店長やオーナーなどは売上管理等も簡単に出来るようになるので、店舗の状況把握も簡単になります。

AirpayとAirレジを連携した導入事例

先ほどはairpayの導入事例のみでしたが、Airレジを導入した店舗の動画も御覧ください。


Airレジ(エアレジ)‐導入事例 CAROLINA DISCO(東京•ヘアサロン)

この事例は、美容室で導入した事例ですが、顧客リストとレジにカット内容などを反映しており、レジに立つ時間を減らす事で、お客に対するサービスの向上が出来るようになったと言っています。

レジ打ちはかなり、そこに人が必ずいなければならない要素があった為時間のロスと考えたと言ってもいいのではないでしょうか。


Airレジ 「商うを、自由に。」

先ほどの美容室以外でも導入した店舗での使用方法や業務改善等にかなり手助けになっている様です。大規模店舗でも使うよりか、人材確保が難しい小売店舗での導入の方が有効活用する事が出来そうです。

どの店舗でも従業員の業務が少なくなり、他の業務をこなせるようになるなど業務改善にかなり活躍している感じがあります。

Airpayを導入した時にはかなりの業務が楽になる

Airpayについて紹介してきました。この手のサービス導入に踏み切るにはかなりの勇気も経営者にはあると思います。

実際導入する事で、固定費の削減や、従業員の業務改善にもつながっているので、かなり有益なシステムである事になります。初期費用は0円で月額もかかりません。決済時のみの手数料だけですので導入もコスト的に見ても楽に導入できるので検討してみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク
クレジットカード決済システム導入が簡単!AirPAYで効率化・コストカットが実現可能に!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事